私邸周辺


海北友松展

5/21まで京都国立博物館で開催されている海北友松展に行きました。
武士の家に生まれながら戦乱の世の中で絵師として行き、武家として海北家の再興を願っていたそうで、前半の展示であった資料に同じ船に乗っていた人が船にいたメンバーを書いたものがあったのですが、気を遣ったのか友松を画家ではなく「絵が上手な人」みたいに説明していたりと複雑な事情があるっぽい人ですが、ダイナミックなものから煌びやかなもの、そして静かなものと80年以上の生涯で絵師としてフル回転している感がありました。
水墨の建仁寺大方丈の巨大な龍の障壁画は大迫力で、静止しているのが不思議なほどの存在感でした。
そして金碧障壁画は打って変わって華やかで、金の下地に牡丹の花という煌びやかさですが嫌な派手さではないのが素晴らしかったです。
人物を描いた絵には背景に屏風や掛軸があったりするのですが、その屏風や掛軸にも絵が描いてあり、それも細かくて面白かったです。
かと思えば何だか丸っこい馬の絵があったり、どれだけのジャンルをカバーしてるのかとなかなか油断できない展示でした。
暗い中に龍の絵がいくつも展示してある部屋など展示の仕方も面白く、最後に物静かな月下渓流図屏風(ネルソン・アトキンズ美術館所蔵)で締めくくる感じが良かったです。


[PR]
by iwanagahime | 2017-05-13 22:39 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alaw.exblog.jp/tb/27812175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 松竹座 五月花形歌舞伎(昼の部)      ひょうごの美ほとけ >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧