私邸周辺


スキージャンプ・ペア Road to TORINO 2006

私は映画を見に行く基準が
「こんなの、後でテレビ放送されないだろうなー」
なので、どうしてもマニアックになってしまうのですが、これなんて『原作』らしきものがCG作品で、しかも内容と来たらCGで作られた架空の競技『スキージャンプ・ペア』が生まれ、2006年に開催されるトリノオリンピッグ(オリンピッ「ク」ではなく)の正式種目になるまでを追ったドキュメンタリーなのだから、もう訳わかりません。

スキージャンプ・ペア実行委員会公式サイトhttp://www.jump-pair.com/によると、映画は出来るだけ前情報のない状態で見た方がいいとの事なので、以降の感想は見に行ってからという事で…






とにかく、ドキュメンタリー番組とスポーツ番組を見慣れた人にとっては「あるある、こんなのよく見る!」が満載なので確実に笑えます。

いかにもドキュメンタリー番組という筆書き文字の「ドキュメントジャパン」というタイトルで始まって、番組のナビゲーター(谷原章介)が、いかにもなナビゲーターっぷり。

しかし、競技の考案者である原田博士は何となくマッドサイエンティスト風味だしジャンプ・ペアの元となったランデブー理論はトンデモ。
しかも理論の立証に協力した教授がいる海外の有名大学もマサチューセッツ大学(工科大学ではなく)だし、真剣にドキュメンタリー番組をやればやるほどおかしい。

また、荻原次晴や船木和喜など実際のスキー選手やV字ジャンプの生みの親である大学教授など本物のスキーやジャンプ競技に関わった人物が大真面目に出演しているのもポイント。

父である博士の理論を証明し、スキージャンプ・ペアの競技化に尽力した原田兄弟を演じる益子兄弟のスポーツ選手のインタビュー風な演技がまた笑える。
もう一つ、ドイツの有名選手のニックネームが『皇帝』で、ワイド&ロングなもみあげが特徴なのもありそうな感じでいい。

そんな笑い満載の中にオリンピッグ正式競技化を待たずして原田博士が世を去り、競技中の選手行方不明事件によるジャンプ・ペアの無期限停止処分で競技が出来なくなり、さらには原田兄弟の兄が妊娠中の妻を残して交通事故で命を落とすという悲劇が発生。

正式競技化に尽力した父、一心同体のように育ち、競技のペアでもあった兄、そして自分達の夢だった競技を失った弟はぬけがらのような日々を送る…

この深刻な状況が甥の誕生で明るくなっていくのはいいとして、父の手紙は何なんだ!という脱力感もなんちゃってドキュメンタリーのいい所。

あのわかりやすいCGもよし、真剣さと間抜けさのコラボレーションはスキージャンプ・ペアならでは。
これからは普通のジャンプ競技は「ソロジャンプ」と呼びましょう!後、パピコと猪木。
[PR]
by iwanagahime | 2006-02-09 19:00 | 見たもの周辺 | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://alaw.exblog.jp/tb/706264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from DVDジャンル別リアルタ.. at 2006-04-05 15:01
タイトル : スキージャンプ・ペア〜Road to TORINO 20..
スキーの2枚の板に2人が乗ってジャンプをおこなう架空のスキー競技を描いた、CGアニメーション「スキージャンプ・ペア」を実写映像化した作品。ナビゲーターに谷原章介、そのほかスキージャンプ関係者が多数出演。... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2006-04-08 11:28
タイトル : 【劇場鑑賞32】スキージャンプ・ペア 〜Road to ..
元気ですか〜。 元気があれば二人で飛べる! ダーーーーーッ!! 2006年2月開催予定のトリノオリンピックから正式種目となる”スキージャンプ・ペア” その誕生と歴史、人生を捧げた男たちの挑戦を描く、感動のヒューマンドキュメンタリー。 競技誕生か...... more
Tracked from 映画や本を淡々と語る at 2007-06-13 11:15
タイトル : スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 20..
大の大人が、しょうもないギャグを物理学的用語を使いながらを使いながらドキュメント風に大まじめにやっているのがなんとも笑えました・・。 ... more
Commented by 逢坂総司@自由人 at 2006-02-16 08:05 x
 「スキージャンプ・ペア」懐かしいっす。
 第9回だったかなぁ……アニメーション神戸という神戸市主催というありえない主催者が催していたアニメーションの祭典で受賞していた気がしますね。
 この年は、「イノセンス」と「攻殻機動隊」の1stシリーズが受賞という「プロダクションI.G.」万歳イヤーで。
 そんな中、「スキージャンプ・ペア」が専門学校の卒業課題から誕生したことが発表されました。そのようなことを思い出しますね。あれからも制作は続きに続き、年越しお茶の間ギャグムービーとして年々グレードを増してきたわけですか。

 てことで、その頃のムービー以来見てません。
 めちゃくちゃ面白そう。
Commented by 亜朗(iwanagahime) at 2006-02-16 18:32 x
スキージャンプ・ペア映画のパンフには関連作品の数々の素晴らしい受賞暦が記載されております(笑)

公式DVDは1,2から飛んでいきなり8なので、DVD-BOXは3~7が空の録画用DVD-Rだとか。

映画版は初期のムービーを見た人にはより深く笑えると思いますね。
ただ、私が思いっきりネタバレしてるのがあれですが…

<< 本当にどうでもいい事なのだが      たこ焼きグラタン >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧