私邸周辺


茂山狂言新春公演

地元のホールで茂山家の狂言があったので、観に行きました。

最初に千之丞さんの本日の公演についての解説がありました。
解説と言っても狂言の親しみやすさを倍増させるというか、狂言の内容は誰しも身に覚えのあるような話であるというような事を笑いを交えて紹介していたのでつかみはOKという感じでした。

“子年を飾る初和らい”という事で、最初が『福の神』で千作師の福の神でした。
狂言に登場する神様は威厳より親しみやすさが多めなのですが、千作さんの福の神はめでたい感じで新年らしかったです。
お神酒の催促に現れて、現実的な処世訓とあまりありがたくなさそうな感じでありながら、それが逆に日本の神様らしい大らかさとめでたさになっていて、いい一年になりそうでした。

『無布施経』は大筋の「素でお布施を忘れている檀家さんに、遠まわしにお布施を思い出させようとするお坊さん」という時点ですでに面白いのに、お経がおかしかったりこまごまと可笑しいところがあって笑いっぱなしでした。
千之丞さんのお坊さんという立場上お金の催促をしたくないけど、ないと暮らせないから一生懸命な感じと、あきらさんの素で忘れている感じが自然に笑えてきました。

『棒縛り』は太郎冠者・次郎冠者が童司&逸平という若手二人なので、瞬発力のある笑いというか、縛られたままの酒盛りの悪ふざけ感が良かったです。
縛られると思わずに自慢げに棒術を披露する次郎冠者と、縛られた次郎冠者を笑っている間に主人に縛られてしまい落ち込む太郎冠者のしょんぼり感が何とも言えません。
縛られているのに酒を飲もうと涙ぐましい努力をする二人、酒が飲めて段々と上機嫌になっていく二人が悪ふざけ感があって一緒に酒を盗んでいるような妙な一体感が客席に。
丸山やすしさんの主人は、こっそり戻ってそんな二人を発見した後の顔が面白かったです。

お正月らしいめでたさもあり、笑えて楽しい舞台でした。
[PR]
by iwanagahime | 2008-01-18 21:54 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alaw.exblog.jp/tb/7296440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 松竹座:初春大歌舞伎(昼の部)      そんなの関係ねぇ! >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧