私邸周辺


カテゴリ:未分類( 4 )



CUTT Live in Potato Kid「Bon Voyage!」

8/13はCUTT氏のポテキライブでした、ライブタイトルは色々な意味とお盆の駄洒落が含まれております。

CUTT氏は大阪出身なのでライブ前に実家で色々と発掘していたらしく、X関連の古い雑誌や本なども持ってきていたり。
その頃の雑誌に掲載されている方々との共演も多いCUTT氏なので、雑誌を見ながら「○○さんの若い頃!」みたいな発見もしていました。

帰省がてら車で帰って来たので、いつものギターだけでなく鍵盤もあり、中島らもさんの舞台に提供した曲Baby sunとMarigoldは鍵盤の弾き語りでの演奏でした。

この2曲とも感動的な曲なのですが、鍵盤でのアレンジだとさらに心に訴えかけるものがありました。
久々に実家で過去の自分と対面した流れでゲームの話しになり、そのゲームの話から「バンドを組むとメンバーでパーティー組む(いい人で癒してくれる感じだから僧侶、強い感じだから格闘家とか)」みたいな話に。
ドラクエでは戦士は装備にお金を使うので、武闘家を選ぶというゲーム上のこだわりなんかの話も。
さらに実家で発掘されたCUTT9歳の録音(父上の合いの手入り)でチェッカーズの星屑ステージを聞かせてくれるというレアな場面もあり、栴檀は双葉より芳しというか声変わりもまだなのにやはり上手でしたね。そこからの同じ曲のカバーはやはり時空を超えた謎の感動がありました。
CUTTさんは最近のToshlさんのコンサートでは準レギュラー的な扱いになっていますが、8月の初旬にあったToshlさんのコンサートにもちなんでX JAPANのあのレアな曲、最近はあまりやっていないあの曲、お盆にちなんだ曲にそしてもちろんSPEED OF LIGHTSと盛り沢山でした。


スタッフとしてCUTT氏のライブに参加しているギタリストのShin-Gさんとアンコールで演奏した時も軽快なトークを挟みつつノリノリで演奏していたり、最初から最後までレアで楽しいライブでした。
[PR]
by iwanagahime | 2016-08-20 21:29 | Trackback | Comments(0)


鑑真和上

[画像]
鑑真和上像の特別開扉だったので、奈良の唐招提寺 に行きました。
唐から日本に渡って来た強い意志と、その志を今も伝えるお寺は緑に包まれていました。
鑑真和上像も静かさと強さを感じる像でしたし、奈良の大仏以外の数少ない毘盧遮那仏もこちらで拝観する事が出来ます。
例年は御影堂での公開ですが、今年は修理のため新宝蔵での公開でした。
新宝蔵の他の仏像も独特の動きを感じる菩薩像などがあり見ごたえがありましたが、鑑真和上は不思議な存在感というか人物のほぼ等身大の像の持つ存在感とそれ以上の意思の力がありました。
[PR]
by iwanagahime | 2016-06-11 22:06 | Trackback | Comments(0)


第31回 文楽鑑賞教室 社会人のための文楽入門

文楽鑑賞教室公演の一部が社会人にも行ける時間帯だったので、仕事帰りに行きました。
鑑賞教室なので解説もあるのですが、大阪風味なのか笑いも交えて面白かったです。
大夫さんが寺子屋のやんちゃな子どもと高貴な子どもの違いを実演したり、人形遣いさんが人形の構造を細かく見せてくれたり。
三味線の方が特に面白く、ただ伴奏している訳ではなく弾き分けで状況説明をしているという話で
・向こうから男性がやって来る時の曲がある
・同じ旋律だが、どんな男性かを弾き分ける
・木村拓哉のようなシュッとした男前が来る時
♫テケテンテレレレレン \ちょ、待てよ!/
・アントニオ猪木さんのように強そうな人が来る時
♫ベケベンベケベケベン\元気ですかー!/
という忘れられない説明をしていました、今後はその辺りも注意して鑑賞したいと思います。
人形は体験コーナーもあり、一般の人が苦労して遣う姿に人形遣いさんの凄さを実感しましたね。

上演される卅三間堂棟木由来の解説も人形の写真を使って説明していて(前半と後半で違う首を使う人形は両方の紹介もある親切設計)、前世の因縁や仇討の設定もわかりやすかったです。

今回の公演では、平太郎とお柳の出会う「鷹狩りの段」と柳が切られてしまい、柳の精であるお柳が消えてしまう「平太郎住家より木遣りの段」が上演です。
お柳は出会っていきなり平太郎が独身か聞き、いきなり妻にしてくれと頼みますが、前世での別れから待っていたのでお柳的には普通。
その後、偶然に近くを立ち寄った白川法皇を助けるのですが、この白川法皇が後に柳を切る命令を出すという。

お柳は平太郎が前世の夫とはわかったのに、白川法皇が前世での別れの原因とはわからなかったのね。
という事も、その場では気付かないぐらい素晴らしい舞台でしたね。
5年後に白川法皇が柳を切ると聞いて、自分の消滅を悟ったお柳が柳の葉の散る中で家族に別れを告げる場面は仕掛けを使ったファンタジー演出が、どの時代でも悲しい家族の別離を強調していました。

大勢の大人の力で動かない柳の大木が、子どもの力で動くのも人の姿でなくても絆が消えない切なさが木遣り唄とともに拡がって行きました。

子別れの演目ですが、ファンタジーでもあり文楽で使われる仕掛けも多く見られました。
[PR]
by iwanagahime | 2014-06-14 22:49 | Trackback | Comments(0)


関西・歌舞伎を愛する会30周年 七月大歌舞伎(夜の部)

もはや毎年おなじみな感じですが、今年も大阪の夏は松竹座で歌舞伎です。
そんな年中行事の雰囲気がある七月大歌舞伎も関西で歌舞伎が衰退したり、関西で歌舞伎を育てる会が発足したり色々あって今があるそうな。
私が歌舞伎を見始めたのは2001年からなので、松竹座の七月大歌舞伎も定着して関西で育てる会→関西・歌舞伎を愛する会に改称した後という事もあり苦労していた時代をあまり知らないですが、そういう歴史も踏まえつつ、また単純に「引窓」が観たいとか「竜馬がゆく」ってどんな芝居なのかという好奇心もありつつ夜の部に行ったわけです。

あらすじとか配役はこの辺

ふぐの旬は冬ですが、せっかく道頓堀まで来たのでづぼらやでふぐ寿司を買って松竹座へ。
そして感想本編へ。

→More七月大歌舞伎・夜の部
[PR]
by iwanagahime | 2010-07-23 23:16 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧