私邸周辺


カテゴリ:見たもの周辺( 247 )



相国寺承天閣美術館・伊藤若冲展[後期]と春の特別公開

相国寺承天閣美術館の伊藤若冲展は去年の12/4で終わったと思っていたら、伊藤若冲展[後期]として5/21まで前期(あれ?前の展覧会は特に前期と看板などには書いてなかったような…)とは違った内容で開催されていたので行ってきました。
さらに、前回は特別拝観の期間ではなかったので見られなかった法堂や方丈も今回は見られました。
先に特別公開の方に、法堂に行くと天井画の龍がどこから見ても目が合う事や鳴き龍の説明などを受け、法堂内を一周。
確かに法堂のどこから見ても龍の黒目部分がこちらを向いているように感じます、そして天井の高さがかなりあるので絵としてもかなり大きいはず。
ご本尊の釈迦如来像のサイドには菩薩像ではなく仏弟子の阿難尊者と迦葉尊者の像があり、仏弟子と釈迦の関係性にリアル感がありました。
そして鳴き龍の体験、法堂の特定の場所で手を叩くと反響で天井の龍が鳴いているように感じるという事で指定の場所で手を叩くとパンという音が反響で謎の音になって返って来ます。
しかし、法堂から出ようとすると外が暴風雨っぽいにわか雨になっていたので、方丈はゆっくりは見られず。
それでも維明という若冲に絵を習った事もある住職の梅の絵(若冲といえば鶏、みたいな感じで維明といえば梅なんだそうで)は部屋全体を覆いつくす梅が素晴らしく、他にも風とマッチしすぎだった竹の絵、そして観音図はよく見ると線ではなく経典の文字で描かれているという細かさでした。

雨と雨の隙間を縫うように承天閣美術館に移動、前期の動植綵絵レプリカとはまた違って彩色は看板の羽の細やかさが印象的な鸚鵡牡丹図を含め数点ですが、水墨画も鶏が野菜と遊ぶ群鶏蔬菜図押絵貼屏風や仙厓が賛を描いた蕪図や尊敬していた売茶翁を描いたもの、勢いのある鯉や墨なのにカラフルさを感じる菊など印象深いものがありました。
彩色のものは百合と虻や牡丹と小鳥、菊の中に蟷螂と蟻など美しいけど綺麗なだけでない花の絵が良かったです。
若冲以外にも同じ時代で関わりもあった円山応挙や、相国寺の僧で関わりの深かった大典和尚の書や維明の絵(梅の限られた開花時期の中で見せる色々な姿を描いた屏風がよかったです)もあり、京都市立美術館の京都の街の中にいた若冲とはまた違った形の相国寺と関わっていた若冲の周辺も見えるような展示でした。
常設の月に芭蕉図と葡萄小禽図(鹿苑寺障壁画)はいつ見てもいいですね。
境内も広く、天気のいい時にまた来たいと思いました。

[PR]
by iwanagahime | 2017-04-29 23:30 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


藤田美術館 ザ・コレクション展

曜変天目茶碗の実物を見た事がないなーと思って検索していたら、よく和楽に写真が出ていたり曜変天目ディスコの元であろう稲葉天目は東京で展示でしたが藤田美術館所蔵のものが展示中という事で行って来ました。
今回の6/11までの展覧会が終われば改装のため長期休業に入るそうで、蔵を改装して空調も入れていない(そのため春季と秋季しか展覧会をしていなかったとか)美術館は雰囲気は良かったですが新しく改装は必要かなという雰囲気でした。
展示は個人のコレクションがもとになっているだけあって、仏教美術を中心に茶道具や刀まで幅広いジャンルながら不思議とまとまった感じがありました。
国行の小太刀はつるっとしたイメージの刀で、柄の中に隠れる部分にまで刃だったような跡があるので作られた時の長さより短くなっているのかなと思いました。
廃仏毀釈による散逸を防ぐためにコレクションしたという経緯から仏像や仏画も多く、密教の法具や玄奘三蔵絵(三蔵法師の絵巻)、快慶の地蔵菩薩立像など見応えがありました。
この日は学芸員さんの解説があり、入場者が多い日だったので解説は1階の展示のみ(2階に全員が上がると危険な人数という事で、やはり改装は必要)でしたが言われて初めて気が付く事も多く面白かったです。
地蔵菩薩立像は着色がよく残っていて玉眼というぱっと見ただけでもわかる豪華さなのですが、金の部分は金泥や金粉ではなく截金といって金箔を貼りあわせて細く切ったものを貼っているそうで。
衣が木彫なのに布のように綺麗なドレープでそれに合わせて貼るだけでも大変だと思うのに、普通に展示されたりお堂にいると見えない後ろの部分まで貼られているそうです。
地獄に落ちた人を救済するために来た姿なので、やや前傾しているというのも興味深かったです。
両部大経感得図は密教の大事な経典を手に入れた時の様子を絵にしたもので、インドの僧侶の話なので舞台は当然インドで「塔に入った」という時の塔はストゥーパ的な塔のはずなのに、日本で想像した絵なので五重塔のような絵が描いてあるという。
空中に金で文字が現れたという奇跡を、空中の文字を書かないで瑞雲で表現しているという事で、仏教絵画でこういう瑞雲があると奇跡が起こっている絵だという事でした。
そして、この絵は密教の儀式を行う部屋のついたてのようなものに描かれていたのですが、儀式をする場所の外側がこの絵で、内側は両界曼荼羅だったとか。
曼荼羅は儀式で使うので古びてくると新調し、作られた当初のものではないという話もありました。
玄奘三蔵絵も文章の上では険しい山脈を越えていて、お供の人も滑落して犠牲になっているという描写があるのですが、何となく緑豊かな自然みたいな絵になってしまっていると(でも犠牲者は出ている)
そして、外国の風景であるという事は日本にいない黒豹や不思議な鳥で表現しているという事で確かにそういう動物や鳥も見えます。
後で解説本などを見て知るのも面白いですが、やはり目の前で解説してもらうと見逃してしまいそうなものをその場で見られるので面白いです。
そして
曜変天目は宇宙が飛び出す寸前で固まったような茶碗でした、天目台も螺鈿できらびやか(画像は美術館のパンフレットから)学芸員さんによるとこの藤田美術館所蔵のものは外側にも斑点が浮かび上がっていて、光で照らすと見えるという事で実際に光を当てて見せてくれました。
ケースの中で見ても光が当たると歓声が起こる程なので、これでもてなされて実際に手に持って光を見た昔の人が宝物として扱うのも当然だと思いましたね。
横の油滴小天目は天目台に乗せた状態で展示してあり、こちらも豪華でした。

コンパクトながら所蔵品も多く、後期展示では曜変転目や密教法具などの一部を除いてほぼ展示を入れ替えるそうです。
入り口の横に桃山時代の多宝塔があったり、館内以外の敷地も良かったので改装後もそういう雰囲気は残して欲しいですね。

藤田美術館

[PR]
by iwanagahime | 2017-04-22 23:18 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


4月文楽公演(第1部 幕見)

ちょっと時間が出来たので、国立文楽劇場に行きました。
第1部の最初には間に合わない時間でしたが、菅原伝授手習鑑の寺入りの段と寺子屋の段を観ました。
そして、文楽の襲名披露公演は過去に観た事があるのですが、その時は口上のない部だったので口上も初めて観ました。
呂太夫襲名という事でもちろん本人も舞台の上にはいたのですが、歌舞伎だと本人の挨拶もありますが、文楽だと周りが紹介する感じなんですね。
大夫からは咲太夫さん、人形遣いからは勘十郎さん、三味線からは清治さんが出て色々な話を笑いあり真面目な話ありでしていました。
勘十郎さんのブラジル公演の裏話で、勘十郎さんは日焼けが苦手なので苦労したけれど呂太夫さんはイパネマビーチで楽しまれたようで満遍なく焼けていた話とか面白かったです。

寺子屋はものすごい気迫で、呂太夫さんは前半の緊迫感のあるやり取りを。
全て終わった後に「あー、これ全部のやり取り一人で語ってるんだ」という当たり前の事がズシッと来る感じでした。
歌舞伎で観た事のある演目だと、あれは文楽でも同じなのかな?というような目で見る事もあるのですが、菅秀才がいないか呼び出された子どもの顔を一人一人確認する場面でよだれくりがなぜか扇子で叩かれる場面は同じなんですね。
あの何か笑える場面で後の悲劇が引き立ってくるので、印象に残っている場面です。

最後に親でありながら子を犠牲にしないとならない悲劇と、子どもながら身代わりの覚悟を決めていた事が明らかになった後で松王丸夫婦が「菅秀才の野辺の送り」であるとするのは、子どもの覚悟を無駄にしない最後の親心に思えました。

[PR]
by iwanagahime | 2017-04-15 22:16 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTT Birthday Live 2017「卌 Osaka」

CUTT氏の誕生日前日に行われたCUTT Birthday Live 2017「卌 Osaka」に行きました、十が二つとか三つとか繋がった廿や卅などは何らかのタイトルというか外題で見た事がありましたが、卌は初めて見ました。
この日のためにCUTT氏は同タイトルの曲をリリースしているのですが、曲のタイトルはプリンスの記号みたいな感じと思って「よんじゅう」とか「しじゅう」ではないというような話をしていました。
さて、タイトルどおりCUTT氏は40歳になるのですがこの日はバースデーイブなので「30代最後のライブ」という事です。
相変わらずファンがデコレーションした会場やマイクに対する反応が遅く、毎回のようにマイクスタンドを見て「スティーブン・タイラーみたいになってる!」とお馴染みのリアクションをするCUTT氏ですが、新しいバンドSPEED OF LIGHTSを始めて大きなフェスに出演したり、X JAPANのToshlさんのサポート等で色々な場を経験したりとこの一年の充実があって去年のバースデーライブからまた新しくなった感がありました。

Toshlさんのスタッフとして行ったロンドンや、その後に旅したスコットランドでの思い出話もあり、スコットランドのカラオケバーでアヴリル・ラヴィーンのI'm with youを歌ったら店の人がサービスなのか照明の色を変えてくれたり、スモークをたくさん炊いてくれたりという話があってからのI'm with youだったり、MCから曲の流れも臨場感がありました。
また、この日は数年前にライブで披露されたもののリリースがなかった愛情の正体が久しぶりに歌われたり、去年の誕生日に「バースデイという曲はあるけど、新しい事に気が付いた日が新しい誕生日という曲なので誕生日当日の曲がない」と作ったというGate keeperも(バースデイライブでよく歌っていてこの日も歌ってた産声も新しく生まれ変わる曲なので、やっぱり誕生日ではない気がします)デモの状態ですが卌と一緒にCDに入っていたりとファンの前には出て来た事があるけどそれからどうなった?な曲がさらに良くなって出て来た嬉しいライブでもありました。

40歳の僕も応援してくれる?というCUTT氏の質問に、何の躊躇もなく「はい」と答えられる良いライブでした。

[PR]
by iwanagahime | 2017-03-26 00:28 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


京キャラ博 京都ほんまもん祭

京都国立博物館120周年、京キャラ博 京都ほんまもん祭に行きました。

京キャラ博といいつつ京都市内・府内だけでなく東京国立博物館のトーハクくんとユリノキちゃん熊本のくまモンもいますが、京都国立博物館のトラりんとは縁あるキャラなので一緒にいて違和感はなし。
ほんまもん祭らしく各地の物産やPRがあり、名物アピールはもちろん昼ごはんによさそうな食事も多く、迷いながら京丹後のちらし寿司(鯖そぼろが入っているのが特徴)にしました。
生魚の入っていないベーシックで素朴なちらし寿司に、甘辛い味の鯖そぼろがあっていて美味しかったです。
ご当地キャラも有名なのから初めて見るキャラもかわいいのがいたりシュールなのがいたり、それぞれご当地アピールをしっかりしていて、特に金閣寺や龍安寺といった名刹を含むきぬかけの道の「きぬか怪さん」は「みんな、きぬかけの道に来てや~!世界遺産以外なんもないけど」という京都の妖怪らしいひねりの入ったアピールをしていました。
キャラクター対決もお絵かきでお題が4月からの海北友松展にちなんで龍だったり、また所蔵品にちなんで仏像だったり、京都という事で京都タワーだったりと京都国立博物館らしさを出していました。
この日は博物館の名品ギャラリーも無料入場になっていて、特集展示の雛人形や羅漢図、初期狩野派や中国の墨竹画、そしてトラりんの元になった尾形光琳の竹虎図の公開もあり!と盛りだくさんでした。
雛人形は明治時代の洋装が入ってきた皇室を表現した人形など変わったものもあり、竹虎図はよく見るとトラりんが頭の模様まで細かく再現している事に気が付いたり博物館ならではの楽しみがありました。

京都国立博物館はキャラクターのトラりんが親しみやすさを出しながらも文化財の大切さをわかりやすく紹介するブログを書いていたり、敷居の低さと博物館らしさを両立している感じで最近は行きやすい雰囲気が出ていると思います。
このイベントも屋台やキャラクター対決でお祭り要素がほとんどですが、トラりんの元ネタの尾形光琳の絵を見に名品ギャラリーに行く過程で他の人形や絵画を目にしますし、東京国立博物館や京都の様々な地域への興味も生まれ、単に楽しいだけのイベントではない意義を感じました。

キャラクターとの画像をInstagramにいくつかアップしています。

[PR]
by iwanagahime | 2017-03-18 21:55 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


京の冬の旅 非公開文化財特別公開

文化財特別公開が3/18までだったので行きました、今回のテーマは大政奉還150周年という事で二条城以外にお寺でもそれに沿ったテーマでの文化財を公開しています。
私は聖護院と金戒光明寺に行きました。

聖護院問跡[画像]
聖護院は修験道の総本山であり、また皇室との関係の深い寺院で御所が大火で炎上した際は仮皇居としても使われたとか。
それだけあって、狩野派の障壁画や御所から移設された書院があったり豪華な雰囲気。
皇子が入寺している時は、万が一の事があって皇子が僧侶から天皇に即位しないとならない事態になった時に備えて御所と同じ儀式を聖護院もしていたとか。
また廃仏毀釈の後は皇族が入寺する事はなくなり、修験道廃止でなくなったお寺から仏像を預かったという事でその預かった多くの仏像の一部など時代の流れを感じる展示も。
今回が初めての公開となる着物を着せられた雛人形のような弁財天像も、着替えの世話がなくなってから修復されるまでの姿は見仏コンビの「廃仏毀釈は悪いブームだった」という言葉を思い出しましたが、修復された姿は美しかったです。

金戒光明寺[画像]
金戒光明寺に、何度か行ったお寺で渡海文殊菩薩像や吉備観音など良い仏像の多いお寺ですが、今回の公開では近藤勇が松平容保公に拝謁した謁見の間や虎の間など歴史的な場所が見られました。
伊藤若冲の宝珠に槌図もあったり、珍しい茶室があったりと仏像だけでない見る場所が多かったですね。
聖護院では皇族、金戒光明寺は武士の謁見の間を見た感じですが、それぞのスタイルの違いも見られた組み合わせだったと思いました。

若冲の宝珠に槌図は晩年の水墨画で細密な絹本着色と違ってダイナミックですが、何だか大らかな気分になれる絵でした。

[PR]
by iwanagahime | 2017-03-04 22:37 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


豊国神社

京都国立博物館に行った時、窓からいわくありげな建物が見えました。
どうやら豊国神社の宝物館らしいという事で、行って見ました。
神社本体もかなり立派。
豊国神社[画像]

おみくじやお守りを授与している場所で入場券を買い、ちょっと奥まった場所にある宝物館へ。
小さいながら秀吉ゆかりの甲冑や刀など実際に所持していたといわれるものや、祭礼の様子を描いた屏風や秀吉を描いた絵もあれば燈籠など神社らしいものとバリエーション豊富な展示でした。
悪夢を食べてくれる獏をかたどった枕は、天下を取ると夢見が悪い事もあるのかなと考える事もあり。
床がギシギシいうのがちょっと怖かったですが、なかなか良い宝物館でした。
人気の刀の実物はお隣の京都国立博物館で保管されているので、色んな意味でパネルですが人気者らしくグッズも豊富でした。

[PR]
by iwanagahime | 2017-02-18 22:14 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


京都国立博物館で三佛寺の蔵王権現

京博の庭[画像]
京都国立博物館で2/19まで鳥取の三佛寺の蔵王権現(以下ZOGG)が展示されているという事で、見に行きました。
このZOGGは京都国立博物館の文化財修理所にて修理されていたもので、その完成記念という事で公開されている脇本尊の一つです。
この脇本尊は正本尊より昔のものらしく、右足を大きく上げて口も目も大きく開いたいわゆるZOGGという姿ではないので、ZOGGの姿が定型化する前のものではないかと言われているそうで。
確かに顔立ちもポーズも控えめというか、逆立った髪もなく少し右足を上げる程度なのですが、一木造らしい力強さを感じる姿で木の肌のあたたかさなのかどこか厳しい中にも暖かく修行を見守るようなイメージもありました。
Twitterで同じポーズをトラりんがしていましたよ。
前に行った時とはZOGG以外にも展示が入れ替わっていて、仏涅槃図や遊行上人縁起絵など仏教っぽい絵が多かったです。
また、聞き香など香りを扱う細かい細工の豪華な道具達や富士山の絵画、唐三彩など中国の陶器、縄文土器や銅鐸や鏡など出土品など多彩な展示があり、特別展ではなくても見る場所が豊富で、興味があるジャンルが一つはあるような感じでした。
特別展もいいですが、こういう普段の展示もこまめに行くと面白そうです。
庭も綺麗ですし。
[PR]
by iwanagahime | 2017-02-11 23:03 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


細見美術館 鈴木其一展

鈴木さん[画像]
2/19まで細見美術館で開催されている鈴木其一展に行きました。
わざわざ入る前に「朝顔図屏風は出品しておりません」と書いてあるように有名な朝顔図屏風はなかったですが、琳派っぽい図案化された紅葉や桜とリアルな背景のコントラストが見られる風景や、ひな祭りなどの節句を描いたもの、そして仏画もありました。
桜や紅葉でも図案というよりリアルな植物として描いたもの、グラデーションと細かい描写の藤の花など植物を描いたものでも様々な描き方があり、古典的な題材でありながら描き表装で他の絵とは違う雰囲気のあるものなど。
また図録で見ると普通サイズと思ってしまいそうなミニサイズの絵巻や掛軸など展示のバリエーションも豊富で面白かったです。
そして、其一本人だけでなく兄弟子の作品や子息など其一派の絵師の作品などもあり、全体の流れのようなものもありました。
図録もボリュームがありました。

[PR]
by iwanagahime | 2017-02-04 23:08 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


茂山狂言 新春川西公演

川西市のみつなかホールでは毎年恒例の茂山狂言です、もう来年の予定もあるとか。
今年は三本柱と木六駄と鶏聟、そしてその前に逸平さんの新春トークがありました。
トークはいつものごとく演目の紹介を交えてなのですが、去年は猿聟で今年は鶏聟という事で今後は?と思いますが、狂言では十二支は揃わないとか。
そしてお詫びと言われたので何かと思ったら、宗彦さんと茂さんが綾野剛を意識しだして髪に影響が出ているというお詫びでした。

正邦さんが千五郎、千五郎さんが千作を襲名してから初の川西公演という事で配役にも「千作(千五郎改)」「千五郎(正邦改メ)」との記載あり。
果報者が家を新築するための三本の柱を冠者達に取りに行かせるという話しですが、いつもは失敗してやるまいぞやるまいぞとなるパターンですがこの演目では三本の柱を二本ずつ三人で見事に持ち帰ります。
襲名披露のめでたい感満載で、縁起がよかったです。

木六駄は前に千之丞さんで見た事がありますが、やはり演じる人によってイメージというか印象に残る部分が違って、七五三さんの木六駄は雪の中で牛十二頭を追うダイナミックさと豪快な良い訳より、変な所に行こうとする牛に困ったり、酒を巡るやりとりの細かい部分が面白い感じでした。

鶏聟は中世の聟入りという結婚後に妻の実家に挨拶に行く行事を題材にした聟入り狂言の一種(若い人が主役の行事なので、何か起きやすいのでしょう)という去年からの流れで理解もしやすく、素直に騙されて鶏のモノマネをする聟と対抗する父のやり取りなど大らかで楽しい狂言らしい笑いでした。

[PR]
by iwanagahime | 2017-01-21 22:33 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧