私邸周辺


カテゴリ:見たもの周辺( 237 )



射楯兵主神社

[画像]
姫路といえば姫路城ですが、他にも色々なところがありまして。
この前は射楯兵主神社に行きました、播磨の国の様々な神様が祀ってあり、「播磨国総社」地元の人は「そうしゃさん」と親しまれているそうです。
様々な神様が祀られているので、御利益も色々あります。
みみずくが神様の使いなのであちこちにみみずくのモチーフがあり、他の神社にはない雰囲気もありますね。
姫路城の天守閣に行かなくても富姫様にお参りも出来ますので、姫路に用があって来たけどもゴールデンウィークなどで1時間待ちなんかになってしまっていた時けど刑部姫・富姫にご挨拶したい時などにも良いです。

射楯兵主神社
[PR]
by iwanagahime | 2016-05-28 23:39 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTT Live「Give Me Five!! OSK」

5/7はCUTT氏のポテキライブに行きました、4月は木村世冶さんとのイベントだったのでポテキでのワンマンは3月のバースデーライブ以来となります。
4月末のToshlさん(X JAPAN)のライブ出演後という事もあり、その時にToshlさんと演奏したX JAPANの曲のカバーやhideさんイベントに出演するという話の流れからのhideさんカバーもありました。
また、前日に仲のいいTAKA氏(defspiral)のソロプロジェクトMontage.のポテキライブがあり、CUTT氏の到着前にTAKA氏は帰京したので対面する事はなかったものの置手紙があり、その紹介の流れでTAKA氏の曲のカバーもありました。
それぞれのカバーの前にToshlさんとのやり取りやhideさんのイベントの話、そしてTAKA氏とのやり取りなどそれぞれ面白く、そのあまりの面白さにToshlさんが「諦めて芸人になれば?」と言ってくるのに対して「(芸人は)諦めてなるものじゃないからね!」とCUTT氏らしい抵抗をしていました。
あくまでミュージシャンとしてやっていきたいCUTT氏なので、カバーはもちろんCUTT氏自身の曲も素晴らしく、劇団への楽曲提供や今後に明らかになる新プロジェクトの話などまだまだ楽しみもありそうでした。
ちなみに、hideさんイベントでV系メイクをしていたため「新プロジェクトはV系バンド?」との憶測が生まれたそうですが、それについては否定していました(笑)

6月は新プロジェクトの準備で忙しいという事でライブは予定していなかったようですが、やはりやりたいという事で6月もあるそうで楽しみです。

チケット取り置き・予約管理サービス「TIGET(チゲット)」:CUTT
[PR]
by iwanagahime | 2016-05-14 22:45 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


史跡 頭塔

頭塔[画像]
奈良の住宅街に突如として現れるジャパニーズピラミッド、頭塔に行って来ました。
こんな風に整備されたのは意外と最近だとか、その最近の調査で東大寺の仏塔だとわかったというようなスポットとしては新しいのに歴史は古いという不思議な場所でもあります。
東大寺なので、(普通には見えませんが)頂上には毘盧遮那仏を表している石塔があるそうで。
それを囲むように石仏がピラミッドのような階段状に組まれているので、古さで仏の姿はわかりにくくなっているものの全体の雰囲気が壮大さを感じさせます。

周りが住宅街だったりすぐ近くにホテルがあったりするのが逆に謎さを強調しているような、そんなスポットでした。

頭塔facebook
[PR]
by iwanagahime | 2016-05-07 23:00 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展

モネ展[画像]
5/8まで京都市立美術館でモネ展があるという事で、行って来ました。
今回はマルモッタン・モネ美術館の所蔵作品という事で、モネの作品だけでなく友人だったルノワールが描いたモネとモネの妻の姿やモネが収集した絵画、そして風景画を描くようになる前に描いていたカリカチュアなど「モネという人物」も見られるような構成でした。
もちろんモネの作品は多くありますが、コレクションや親交のあった画家の作品を見るとモネの良いと思ったものに対する素直な姿勢のようなものも見えてきます。
そうすると、風景画もモネが見て素晴らしいと思った風景を(風景としてそのままではなく、風景を見て素晴らしいと思った気持ちという意味で)そのまま絵にしているからモネの風景画は心を打つのかなあという気持ちになりました。
朝焼けや夕焼けの一瞬、友人のアパルトマンから見えた公園の明るさ、そして自分の理想通りに作った睡蓮の庭。
中には寂しい作品もあり、最初の妻が若くして病で世を去った年の寒い冬や、長生きしたがゆえに友人や家族に先立たれてから一緒に過ごした庭を描いたものなど、それもまた気持ちと風景が一体になったようで迫ってくるものがありました。

睡蓮の絵などで水面への写り込みを描く事で画面の外の風景を感じさせたり、描き方は単純ではないのですが、素晴らしい風景に対する真っ直ぐさみたいなものを感じ、自分も素晴らしいものに対して素直でありたいと思いました。
[PR]
by iwanagahime | 2016-04-29 23:55 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


都をどり 23日

名所巡四季寿[画像]

今年は行けるかどうかわからなかったのですが、何とか行って来ました。
いつものように2階の自由席ですが、ここはここでポジションを間違わなければ芸妓さん舞妓さんのお囃子と舞台を一望する事が出来るのでお囃子も舞台も両方とも見たいという時は逆にいいかも知れません。

毎年テーマがあって、今年は名所巡りです。
京都の名所だけでなく、奈良の春日大社の場面があったり最後の春に戻ってくる場面では姫路城だったり。
いわゆる踊りだけでなく途中に舞踊劇があるのですが、今年は落窪姫の物語でした。

普通に一般人の私にはなかなか見られない舞妓さん芸妓さんですが、華やかさだけでなく舞踊にお囃子の楽器演奏など「伝統芸能」としての存在感もありながら親しみやすい舞台なので好奇心だけで行っても損はしないと思います。

今年の分は販売終了していますが、今年からオンライン予約も始まったようで伝統を守りながら新しいシステムを取り入れるあたりも良い感じですね。
都をどり公式サイト
[PR]
by iwanagahime | 2016-04-23 23:43 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


秘仏 十一面観音

奈良の法華寺と海龍王寺で秘仏の十一面観音が公開されているので、どちらにも行きました。
どちらも平城宮跡の近くにあるお寺です。

法華寺[画像]
法華寺は奈良時代に総国分尼寺とされていたお寺で、多くの女官達の信仰を集めていたそうです。
境内も庭園があったり華やかで、ご本尊である十一面観音像も光背が蓮の花と葉という珍しい姿で紅をさしたような女性的な表情が尼寺らしい華やかな優しい仏像でした。

海龍王寺[画像]
海龍王寺は平城宮の鬼門を守っていた寺で、また遣唐使の無事を祈願した寺という事もあり全体に力強さがあるお寺でした。
五重小塔という不思議なものもあり、小さな中にもスケールがあります。
ご本尊の十一面観音も全身が金色に輝く煌びやかな仏像ですが、穏やかな表情の中にも力を感じる仏像でした。
[PR]
by iwanagahime | 2016-04-04 22:35 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTT Birthday Live「CELEBRATION! 2016OSK」

バースデーライブ[画像]
3/17はCUTTさんのバースデー当日ライブでした。
この日はCUTTポテキライブ最大動員だったそうで、去年から今年の誕生日までの間にCUTT氏の誕生日を祝いたい人が増えた感がありましたね。
ファンのお祝いデコレーションでいっぱいのポテキですが、相変わらずCUTT氏は言われてからデコレーションに気付き、飾られたマイクスタンドを見て「スティーブン・タイラーみたいになってる!」と言っていました。

そんな相変わらずな部分もありながらも、CUTTワールドはさらなる広がりを感じました。

去年の誕生日と今年の誕生日までの間にCUTT氏の憧れであるX JAPANのボーカリストであるToshlさんと同じステージに立ち、またそこで同じくToshlさんのライブでサポートをしているピアニストの小瀧さんがCUTT氏の横浜でのライブにゲスト出演するなど新しい出会いとそこからのさらなる繋がりでパワーアップしていましたね。
Toshlさんのライブに参加しただけで終わらないのが今のCUTT氏の勢いを現しているというか。

さて、この日はバースデーライブらしく産声やバースデイという曲もありましたが、バースデイは「大切なものに気が付いた日が新しい自分の誕生日だ」という曲で誕生日当日の曲ではないので(産声も新しく生まれなおすような曲ですし)誕生日の曲を作ったそうで。
ただ、また名前もなく誕生日直前の名古屋ライブで披露したもののこの日は予定はなかったそうですが、アンコールとサプライズにこたえての披露になりました。

誕生日はゲームの1ステージをクリアしたような、そんな曲でした。

CUTT氏の曲は曲の中でかなり痛い所を突きつけて来たり、鋭い曲も多いのですが、その中から新しい力が生み出される感覚があるのですが、この日はより強くそれを感じました。
[PR]
by iwanagahime | 2016-03-26 22:09 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


歌川広重の旅

歌川広重の旅[画像]
歌川広重の旅 ~平木コレクション 保永堂版初摺でたどる東海道五十三次~と題し、歌川広重の東海道五十三次の初摺が3/27まで見られるという事で美術館「えき」Kyotoに行きました。
東海道五十三次といえば、今でも浮世絵に特に詳しくはなくても何かの柄だったりで見た事がある人が多いと思います。
当時は最初の版木が磨耗し、新たに版木を作り直したものもあるぐらいの人気シリーズだったとか。
初摺と後摺の違いや、江戸時代の人々が感じられる細かい描写の解説が丁寧で、見た事のある絵もまた違った味わいがありました。
たとえば、日本橋では魚売りがまな板をかごの中に入れていてその場で捌いていた事をうかがわせたり、罪人が晒されている場所は描けないので犬が吠えている視線の先の影にある事を暗示させていたり。
宿屋に化粧品の広告があったり、名物やそれを楽しむ人々の様子などリアルな江戸時代を感じました。
また、宿場の絵と解説に地図も付いているのでより一層「ここかー」みたいな実感があって旅の感覚もあってよい展示でした。
東海道五十三次のゴール地点である京都での展覧会というのも、またリアルさを増していたかも知れません。
物販も充実(画像下部は販売されていたグッズ)
[PR]
by iwanagahime | 2016-03-12 23:16 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


新幹線エヴァンゲリオン

初号機[画像]
少し遠方に用事があって新幹線に乗った時の事ですが、自由席の切符を買って普通に新幹線を待っていたらエヴァンゲリオンでした。
やはりテンションがあがりますね、特別展示とその待合室で自由席は普通の新幹線より少ないのですが普通に乗れます。
もちろん予約して展示を見た方が楽しいとは思うのですが、自由席でも工夫があって偶然に乗るのも楽しかったです。
[PR]
by iwanagahime | 2016-02-13 23:08 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTTワンマン 大阪POTATO KID 2015ラストワンマン「Thank you 2015!」

Thank you 2015![画像]
去年のライブ納めの話になりますが、12/27のCUTT氏のポテキライブに行きました。
2015はCUTT氏にとって、3ヶ月連続リリースに始まり憧れのボーカリストToshlさんとの夢の共演に兄の落語家転身と激動の一年だったそうです。
私もファンの端くれとしてそんなCUTT氏を見ていた2015でしたが、その色々な事のあった一年の締めくくりにふさわしいライブでした。
今年リリースしたアルバムの曲だけでなく、Toshlさんのライブでリハーサルで聞いていて感動したToshlさんのソロ曲「雨音」のカバー、そしてCUTT氏の新曲である「SQUARE ONE」とこれまでとこれからを感じさせる、2016が楽しみになるライブでした。

CUTT氏の兄上は各方面の記事ではあの伝説の落語家のご長男としての取り上げられ方をする事が多いのですが、私たちにとっては「CUTTさんのお兄さん」であり、バンド時代からのファンにとっては「ドラムのアニキさん」なので、一ファンとして兄弟に良い未来が訪れる事を願っています。
[PR]
by iwanagahime | 2016-01-30 23:24 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧