私邸周辺


<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧



何にでも

世間には何にでもマヨネーズをかけるという、いわゆる“マヨラー”という人々がいるそうだ。
すでに“食べ物にマヨネーズをかけている”という感覚ではなく、“マヨネーズを美味しく食べるための土台として食べ物が存在している”という感覚でマヨネーズをかけている人もいるらしい。

料理をする人としては気に入らない存在らしく(まあそうだよな、どんな味にしてもマヨネーズ味にするんだから)、マヨラーの行為を“マヨネーズハラスメント”と呼ぶ人も一部には存在するとか。

そこで我が身を振り返って見ると、自分はどうやら青じそドレッシングとポン酢に頼りすぎている気がする。
冷奴すら青じそドレッシングである、しょうゆはちゃんとあるのに。
関西人なのにたこ焼きをポン酢で食べていたりする、ソースが嫌いなわけではないのに。

ポン酢のCMなどでは刺身やさんまの塩焼きなど、従来では他のものをかけていた食べ物にポン酢をかけている場面があるが、あれも見るとチャレンジしたくて仕方がない。

単にメディアに踊らされているだけなのか、たまたま自分に取ってほどよい酸味だったのか。

今のところ、誰にも止められていないので余計に始末が悪い。

もっともっとマヨラーのように増殖して料理をする人に嫌われ、健康にも問題があるとされれば止められるのだろうか?
しかし、これにはマヨネーズにはない壁がある。

マヨネーズのように、油っぽくないのだ。
今日もまた、おろしポン酢であえられる……
[PR]
by iwanagahime | 2006-09-29 18:05 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


バトン回って来たー。

ことだまのやどりぎの白玉さんから「質問の変わる?バトン」が回ってきました、ルールは「次へ回す人への質問を2問考えて回す」という事で……

(1)あなたの「空耳アワー」を聞かせてください♪♪
オペラ『トロヴァトーレ』で、ルイスが「ジプシー女が捕まりました!」と報告に来る時のイタリア語が「家にガチャピンが!」と聞こえます、まあガチャピンがいれば驚くでしょう。

(2)生まれ変わるなら男と女どっち?理由もお願いします♪♪
ドラフト4位ぐらいで入団して地味に活躍し、マニアに人気のあるプロ野球選手になれるんなら男で。それ以外だったら、気付かずに女性専用車両に乗っても大丈夫なように女。
まあ、私なんぞがそうそう都合よく次回も人間に生まれ変われるかどうかは知らんが。

(3)あなたを癒してくれる存在は何ですか?(人、物、場所何でも有です)
季節限定ですが、近所の川を堰き止めようとしている小学生(または、彼らが存在した形跡である川の石)を見ると和みます。
もうかなり代替わりしてると思いますが、必ず毎年います。

(4)あなたが即興で歌を歌うことになりました。どんな事を思いながら歌いますか?
その辺の可笑しそうな事柄を、ツッコミ入れつつ。

(5)自分の中での決まりごとやジンクス。
今年から願掛けで牛タン断ちをしている、今のところ願いは叶っていないのでまだ食べられない。

(6)眠くてたまらない時の克服方法。
水分をたくさん取る、うっかり寝ると大惨事が待っているという緊張感で目が覚める。

※ここから追加質問
(7)ついつい買ってしまうもの。
新作チロルチョコを見ると、つい買ってしまいます。気軽に買える値段なのも罠。

(8)最近、地味に驚いた事。
図書館の真面目な民俗学の棚に、みうらじゅんの『とんまつりJAPAN』が混ざっていた事。

質問に答えてきましたが、誰に回そうかなぁ…みゆみゆさん、ゆうこりんさん、見てたらでいいのでお願いします。
[PR]
by iwanagahime | 2006-09-23 17:44 | 自分周辺 | Trackback(1) | Comments(4)


小さく歌舞伎関係の話題

今日、玉さまのホームページを見たら今月のコメントが更新されてました、忙しかったり体調を崩したり休暇で海外に行ったらLAN回線が使えないホテルだったりして遅れたそうな。

和楽の企画も混ざってるっぽいから、休暇と言っても完全に休みではないかも。
ちょっと心配だったので、更新されて何より。

最近は『出口のない海』のPRもあるのか、市川海老蔵さんがクイズ番組やらトーク番組やら多数出演していて、あまり歌舞伎座に足を運べない関西人の私には楽しいようなヒヤヒヤするような感じです。

ヒヤヒヤすると言えば、市川染五郎さんと片岡愛之助さんが『染模様恩愛御書(そめもようちゅうぎのごしゅいん)』で何やらたくらんでいる模様…

しかし、女性向ノベライズて!
出版記念イベントて!

そういうのが好きな女子は、どちらかというと闇に隠れていたい傾向があるので、新聞に載るような事をされると血の気が引きますよ。
嫌いな人には抵抗があるだろうし、好きな人は慌てるという…

私は中立という事で、せっかくの復活狂言が黒歴史にならないよう、染さんと愛さんを応援するつもりです。
[PR]
by iwanagahime | 2006-09-17 17:43 | 歌舞伎周辺 | Trackback(1) | Comments(2)


なぜなのか考える

※注意※ ここに書いてある事は一部事実も含まれていますが、ほとんど現実逃避かネタ、または妄想です。絶対に、真面目に読まないでください。

読売巨人軍という、一般にはジャイアンツと呼ばれているプロ野球チームがある。
ファンも多いがアンチも多い、といった印象がある。
今年の4月はかなり調子が良く首位だったが、交流戦でイマイチだったのが響いたのか今は首位ではない。
それでも交流戦直後よりは勢いが戻っているのか、最下位からは脱出している模様。

そしてどうやら、『伝統の一戦』と『東京ダービー』では異様に強いらしい。

もちろんタイトルが付いているので張り切っているというのも一因ではあるだろうが、それは対戦相手も同じだろうと思うので、あえて(あくまでネタとして)違う原因を探ってみる事にした。

今年はジャイアンツの監督は原監督である、従って『原ジャイアンツ』などと呼ばれる事が多い。
省略すると『HG』である。

原監督としてはHGによって思い出されるものが「フー!」であるのは気に入らないはずだ、だから球界でHGを思い出させるものがあれば徹底的に叩きたくなるだろう。
直接的にHGでなくても、男同士でハードな何かがありそうならば結果は同じだと思われる。

では、そのHGを思い起こさせるものが上記の対戦相手のチームにあるのか?という事になるのだが、実はあるのだ。

2005年のセ・リーグ優勝時の祝勝会を思い出してほしい、名前が『い彗』と似ていて素早いため、一部ファンから『シャア』と呼ばれている選手がHGのコスチュームではじけていた事を。見事なHGっぷりだった、それゆえに睨まれたのだろう。
それだけではなく監督にも色々と噂があるのだが、噂なので割愛する。
さらにビジターユニフォームの帽子が黒であるため、HGを思い出しやすいのも一因と考えられる。

さて、それではもう一方のチームである。こちらはユニフォームにも黒は使われておらず、HGの真似をした選手などもいない。
しかし、キング・オブ・メガネスーツ男子(立ち読みした『スーツ男子』という本でそう表現されていた)である監督の周囲を見ると「あの3人はホモみたいな関係」と、恩師とも言える人物に2人の投手との仲を表現されてしまっている。
原監督の脳内では、すでにハードな関係と認定されてしまっているだろう。

さらにメガネスーツ監督には、お肌の手入れとダイエットに余念のない若いイケメン秘書が付いている。
しかもこの秘書と来たら、事あるごとに「監督がお菓子が好きだなんて知らなかったでしょう!」と記者に自慢したり、監督の名前が大きくバックプリントされたTシャツを着ている姿が目撃されていたりするのだ。
すでに原監督には監督と秘書の不倫まで見えているに違いない、神聖なスタジアムで不倫など許せないとまで思っている事だろう。

球界からHG的なものを追放するための、原監督の孤独な戦いは続く(かも)
[PR]
by iwanagahime | 2006-09-11 19:35 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


ミィとスナフキンの関係

ムーミンと言えばフィンランドの作家、トーベ・ヤンソンの作品で日本でもアニメ化されているのでメジャーな作品だと思う。

主役のムーミン一家だけでなく、今はミィは化粧水のCMに出ているしスナフキンも旅行窓口サイトの新聞広告に出ているし、頻繁に目にするキャラクターだろう。

しかし、そのミィとスナフキンが姉弟の関係だという事はあまり知られていないらしい。

普通に『ムーミンパパの思い出』 (Excite エキサイト ブックス>書籍情報)を読めば、わかる事なのに。

やはりアニメ化された作品では、アニメにない場面についての情報はマイナーになってしまうんでしょうか?
どうしても映像で見たい場合はパペットアニメーションDVD-BOXもありますが、BOXなので高いです。
他の作品も見る価値はありますが、ムーミンは知っているけど原作の小説はこれまで読んだ事がなく、ムーミンパパの過去や他のキャラの両親に付いてだけ知りたい場合は文庫版の『ムーミンパパの思い出』が一番お手軽です。
[PR]
by iwanagahime | 2006-09-05 17:53 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧