私邸周辺


<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧



缶入りしるこ

そろそろドリンクの自動販売機にホットが出てくる頃です、というか自宅から一番近い自動販売機にはすでにホットのドリンクが入っています。

まあ普通はコーヒーなり各種お茶なり、夏は冷やして売られていたものを温めて売っているかと思いますが(もちろん、容器や配合はホット対応なんでしょうけど)、季節限定商品でもコーヒーやお茶であるという点に付いては違いはないと思います。

そんな中、冬にしか出てこない異質な存在が缶入りのスープやしるこです。
スープはまだまだ見かける事も多いのですが、私の近所の自動販売機と来たら、缶入りしるこを売っている自動販売機はほとんどありません。

しるこはいくら缶入りにするためにあっさりさせようとしても、しることして最低限のこってりさが必要なため、ドリンクとして一人立ちするには難しいのかも知れません。
やはり塩昆布とお茶がないストリートでは、しるこのソロデビューは難しいのでしょうか。

そんな缶入りしるこではありますが、近所のスーパーでは温まっていない状態とはいえ季節商品として大量に販売されています。
しかも、結構売れているようです。

やはりお茶や塩昆布が存在する家という場所では、普通のしるこより気軽なので愛されているようです。
よかったね、缶入りしるこ。
[PR]
by iwanagahime | 2006-10-29 18:22 | 食べ物関連 | Trackback(1) | Comments(0)


松竹座『染模様恩愛御書‐細川の男敵討‐』

松竹座の『染模様恩愛御書(そめもようちゅうぎのごしゅいん)』を観に行きました、とてもじゃないけど手に取ることも出来ないレーベルからノベライズ版が出たりして心配になりましたが、まあまあだったと思います。

メルマガにもあったように、“敵討ちと衆道が主題の幻の傑作”を復活させて上演したらしい。
昔だと受けなかったけど今だったらOKだったり、明治時代に色々あってそれっきり上演されない作品も今だったらいけるという作品も結構ありそうな感じなので、こういう企画は賛成。

男同士の恋愛にまつわる話はネタとしてなら自分からふるぐらいですが(しかも自分の好きな選手をネタに…)、本などは全く買わないという宙ぶらりんな立場なので、とても手に出来ない出版レーベルと手を組んでのPRには少々抵抗がありました。

しかし、歌舞伎として観るならもともと中の人は男同士な訳なので本来は抵抗がないはず。
それなのに、歌舞伎では『毛抜』などでギャグとして衆道の場面があるのに配慮してか、全く意味のない寒いギャグが肝心のところで挟まっていて居心地が悪かったです。

あたかも、“家族で『シックス・フィート・アンダー』を見ていたら、男同士のキスシーンが始まってしまい、息子も娘もいい年なのに一人で慌ててしまって寒いギャグを連発し、空気を悪化させる父親”のようなギャグでした。

それはともかく、愛之助さんの印南数馬は女形経験のある立役だけあって、いい感じに小姓の雰囲気を出していました。
染五郎さんの友右衛門も、すごくキリッとした若武者なのに数馬に手紙を渡す時などでデレデレしてしまうギャップが良かったです。
見染めから最後まで、数馬と友右衛門がお互いを好きだというのが一貫していてよかったです。

→More
[PR]
by iwanagahime | 2006-10-23 18:34 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(2)


映画『アタゴオルは猫の森』

まあ、私は歯も生え変わらない間からアタゴオルシリーズを読んでいたという、ファンの中でも特殊な部類に入る人間なので、あんまり私の感想はあてにしないでほしい。
その上でまず一言。

ほほほほほ!私は心が広いから、オープニングとツキミ姫に超能力がない件は許してあげてもよくてよ!
許すと言っておきながら文句のある理由は書いておきますが、まず『ヒデヨシは打楽器は天才だけど、歌は壊滅的』という鉄則を無視したオープニングなんです。
アタゴオルの住人ならば、ヒデヨシが舞台に立った瞬間逃げ出すものです。

今回はアタゴオルシリーズの中でもギルドマジャングルを舞台にしていて外伝扱いの『ギルドマ』を原作にしているっぽいので(植物女王ピレアはその話にしか出てこない)、本来はアタゴオルで起きた話ではなく、主役もいつものアタゴオルメンバーであるテンプラやツキミ姫ではなくて、途中からアタゴオルから引っ越したタクマがメインの話。
それを映画版では無理にアタゴオルでの話にしてテンプラたちを出演させているので、どうしても本来は主要メンバーである彼らが本筋に絡みづらいらしく、本当はいいキャラしてる唐揚げ丸さんやテマリが顔を出しただけだったり、本当は森の王の娘でかなりの特殊能力を持っているはずのツキミ姫が気が強いけど超能力はない普通の女の子だったりして、長年のファンには物足りません。

散々イマイチだった部分を上げましたが、ポイントは抑えていたので一度ぐらいなら見る価値はあるでしょう。
特に最後の結論である「あの場面」をちゃんと映像として作ってあるのはよかったです、あの場面だけでも見る価値アリ。
それから、何と言ってもギルバルスがカッコ良かったのはファンとしては嬉しい部分。
なぜか月をバックに高い所にいるというギルバルスの特徴(?)も随所随所で発揮していたし、声の田辺誠一さんもいい雰囲気出してました。

しかし、あの筋でテンプラたちを出演させたいなら、何もギルドマでやらなくても『一人で別の歌を』あたりを原作にしても良かったんじゃなかろうか…何なら半々で混ぜても…
アタゴオルは猫の森 | Excite エキサイトシネマ
[PR]
by iwanagahime | 2006-10-17 18:23 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(4)


私はジェインウエイ艦長が好き

クリスティーズはスタートレックファンのパワーを甘く見ていたというか、映画ならともかくテレビ放送のSFだからそんなにすごいファンはいないとでも思っていたんでしょうかね。
スタートレック記念品オークション、予想以上の高額落札 | Excite エキサイト

ピカード艦長の座っていた椅子なんて、ファンは見るだけでもスゴイと思いますよ。
手に入れられるなら、それはそれだけのお金は払うでしょうね……みたいな。

ファンにはたまらないという言葉の裏には、それ以外にはどうでもいいという言葉が含まれてるんだなあ、と記事を見ながら思ったり。

本国では評判がよくなかったみたいだけど、スタートレック・ヴォイジャーは好きだった。
ジェインウエイ艦長の「タイムパラドックスを解決する方法は一つ、考えない事」というような強引さも理論的な解決とは違うスッキリさという点では一番だったかも知れない。

しかし、みんなお金持ちですねぇ。
[PR]
by iwanagahime | 2006-10-11 18:22 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


すでに追加公演って

松竹座で11/23にある『坂東玉三郎と一門による朗読の会 天守物語』は10/10にチケット購入の電話受付が開始されるというのに、すでに追加公演が決まっている。

当初は11/23の午後2時からの一回のみだったのだが、同じ日の午後6時からもするという事だ。

天守物語の朗読公演は今年の前半にも各地であったが、玉さま一人で扮装もなしだった。
今回は一門の出演と扮装ありの上に、松竹座の他は八千代座だけなので八千代座に行けない人や前回の朗読公演を諸事情で見送った人がたくさん来るとは予想していたが、電話受付が開始する前に追加公演が決定とは……

メンバーズとか会員とかの先行予約で売り切れ寸前まで行ったとかでしょうか?
私は色々な会には入っていないので、事情はわかりませんが。

ま、行ったらまたここでレポートします。
[PR]
by iwanagahime | 2006-10-05 17:56 | 歌舞伎周辺 | Trackback(1) | Comments(2)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧