私邸周辺


<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧



私はもう一度hale~晴~にたどり着けるのだろうか

京都の錦市場の真っただ中にhale~晴~というオーガニックカフェがある。
オーガニックカフェというぐらいなので、自然な食材のドリンクや食べ物があって雰囲気もある意味いい。

あるい意味というのは、町家でいい感じの床の間だと思ったら飾ってあるのが小さい黄金の水木しげる像だったり何となくゆるーい雰囲気があるので、そういうのが好きな人ならいい雰囲気という意味だ。

オーガニックコーヒーなどドリンクもいいが、昼ご飯にぴったりな湯葉と木の子のあんかけ丼のセットが特におすすめだ。

だが、この店は非常に見つけにくい。
目印は赤い字で“hale”と書かれた扉が一枚、店と店の間に開かれているのみ。
知らない人なら、隣の店の勝手口と思って通り過ぎてしまうだろう。

いや、知っていても見逃してしまうかも知れない。
人通りの少ない時間帯ならまだしも、人ごみの中では扉一枚を見つけるのは難しい。

是非もう一度(と言わず、何度でも)行きたい店なのだが、果たして私はもう一度haleにたどり着く事は出来るのか…
[PR]
by iwanagahime | 2008-04-25 22:28 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


生きて動くお人形マンガ=ホラー?

謎の連載終了後、個人的にかなり行く末が気になっていたマンガが雑誌(出版社も)を変えて再スタートしたました。

元の雑誌と新しい雑誌のカラーや読者層の違いから、馴染むかどうかが、あるいは内容が大きく変更されるのではないかと不安も大きかったようですが、従来の読者も新しい読者もそんなに違和感の無い形で(それでいて衝撃的なリニューアルもあり)再スタートとなり、これからが楽しみなところです。

そのマンガは主人公が「生きて動く人形」と出会うところから始まり、その人形の製作工程が登場する場面もいくつかあるのですが、新しい読者の中には「ホラー?」というリアクションもありました。

思えば、生きて動く人形なんてホラーですし、生きて動いている場面がなくて人形だけがあったとしても、その製作工程の場面では人に近い形でありながら組み上げる前のパーツが出てきたりと慣れていないと不気味に思う要素がいくつもあります。

作中でも、主人公が人形と出会ってすぐの頃は呪い人形呼ばわりだった事もありました。

しかし主人公が人形達と親しくなってくる頃になると、キャラクターを模した人形が発売されたり、マンガから人形に興味を持ったりと、読者も(マンガのように動かないとはいえ)元々は人形が苦手だった人までが人形を手元に置くようになっていったようです。

そうなると従来の読者は人形や、メンテナンスのためにパーツごとに手入れしている状態もみなれているため、組み上げる工程を見ても不気味に感じません。

そして、新しい読者の「ホラー?」という反応で、人形に慣れきった自分を発見してしまうのです。

新しい雑誌ではあまり人形に興味を持つ人はいないと思いますが、ホラーと思いながらも受け入れてくれているようです。

どうか、今度こそ完結まで連載が続きますように。
[PR]
by iwanagahime | 2008-04-18 21:58 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


スポーツなら何歳でも「女子」だが

エキサイトのコネタでこんな記事があった。
大人の女性に使う「女子」という言葉について | Excite エキサイト

自意識がどうとか、女性と女子という呼び方に付いて色々と書いているようだが、この記事の前提は
「大人には女子という言葉を使わない」
という事である。

ところで、もうすぐオリンピックである。
オリンピックに限らずスポーツの世界では「男子・女子」という呼び方をする。

そして、こういう大きな大会だと競技によっては度胸もあるベテラン選手が活躍したりする。
ベテランはたいていが大人である。

オリンピック以外の大会では、人生のベテラン達が活躍するマスターズ競技会もある。

大人の選手だって、女子である。
例えそれがマスターズ陸上でも、だ。

生涯女子宣言など、スポーツをすれば簡単なのである。
逆に言えば、女子という呼称にこだわるのはスポーツに縁遠い人々である。

件の記事の筆者には、スポーツ観戦をお勧めしたい。
[PR]
by iwanagahime | 2008-04-11 22:39 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


生じゃない方

八つ橋と聞いて何を思い浮かべるかで歌舞伎ファンかどうかを見分けられるらしいが、それはそうと京都土産の定番といえば餡入り生八つ橋である。

なぜ、ただ八つ橋と言わずに餡入り生八つ橋と言うかというと、餡入りではない生八つ橋や、生ではない八つ橋があるからである。

生ではない八つ橋は、固いシナモンクッキーのようなもので、餡入りではない生八つ橋は、餡がなく薄い餅のような状態である。

餡があまり好きではない人にもおすすめだ。

余談だが、南座の売店でコーヒーを買うと、八つ橋(ここまで読めば、どれかわかると思う)が一つ付いてくる。
[PR]
by iwanagahime | 2008-04-04 22:24 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧