私邸周辺


<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧



プリマ

クロックスのサンダルの中に「プリマ」というタイプがあり、これは一見したところサンダルというより女性用シューズだ。

しかし、この柔らかめの合成樹脂素材で一見したところ靴というと、リカちゃん人形などの靴を思い出してしまう。
あれを人間が履ける仕様にすると、クロックスのプリマになる気がする。
クロックス・ジャパン公式
[PR]
by iwanagahime | 2009-08-28 20:30 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)


選挙ポスター

どうしても、核ミサイル阻止という公約に笑ってしまう。
笑っている場合ではないのだが。

うっかりどこかの地区で当選者が出ないか心配だ。
それが自分の住んでる地区だったら、かなり嫌だ。
そのためにも、今年の選挙は是非とも行きたいと思う。
[PR]
by iwanagahime | 2009-08-21 23:43 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(2)


マエダコーヒー

京都といえば…なコーヒー店はいくつかあるが、私の場合はマエダコーヒーに行く事が多い。

ガイドブックには学校を改装した明倫店が掲載されているが、本店か錦店に行く。

コーヒーとお菓子が美味しく、食事メニューが充実していて落ち着ける。
微妙に観光客向けなメニューもありながら、しっかりベーシック・オリジナル揃えた喫茶メニュー。
値段も普通の感じなので、親しみやすいです。

マエダコーヒー公式サイト
http://maedacoffee.com
[PR]
by iwanagahime | 2009-08-14 22:28 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(2)


シネマ歌舞伎『怪談 牡丹燈籠』

シネマ歌舞伎はいつも平日だと余裕があるので……と思ったら、到着時点で残席わずか!!
やはり仁左玉パワーはシネマ歌舞伎でも強いようです、しかもあんまり綺麗な役じゃないのに(暴言)
怪談なので幽霊になってしまうお露の悲しさや怖ろしさもあるのですが、お家乗っ取りを図る武家と、幽霊に憑り付かれる新三郎、そしてその両者に巻き込まれて得たものより大きなものを失ってしまう伴蔵・お峰夫婦の悲劇という順にウエイトが大きくなっていく感じですね。
幽霊より人間の方が怖いという話です。
シネマ歌舞伎『怪談 牡丹燈籠』あらすじ等はこちら >>

この話は圓朝の落語という事なので、要所要所で三津五郎さん演じる圓朝が出て話をサクサク進めていきます。
三津五郎さんは役の幅が広いので、色んな役の台詞を落語家風に演じる姿がいい感じです。

お露は七之助さん、新三郎に会いたいという気持ちだけで命を落とし、新三郎に会いたいという気持ちだけで幽霊となる一途だけどどこか病的な雰囲気が出てました。
そんなお露に想われて、最後はあの世に連れて行かれてしまう新三郎は愛之助さん。
お嬢様に想われるイケメンさと、お札を伴蔵にはがさせて屋敷に入ったお露を「物の怪は入れないという事は、やはり生きた人であったか!」と思ってしまう人の良さと、憑り付かれても苦しまずにあの世に一緒に行ってしまうあたり、やはりお露が好きだったんだなと思いました。

お露が幽霊になってしまい、跡取りのいなくなった飯島家を乗っ取ろうとする源次郎とお国……と言っても、源次郎はかなりのだめんずで、お国にそそのかされたり振り回されている感じです。源次郎のだめそうな雰囲気を錦之助さんが、お国の悪そうな雰囲気を吉弥さんが怪演。
お家乗っ取りを図るも失敗し、飯島家の主人だけでなく目撃者の女中お竹の命も奪いながら落ちぶれて行く源次郎とお国ですが、お国が源次郎を落ちぶれたままでも良いと言った事で、このお国もまた源次郎と一緒にいたかっただけの人だとわかります。
お家乗っ取りも、出世ではなく源次郎と一緒にいられる状態にするのが目的だったのでしょう。結果はどうであれ、源次郎とともにあの世に旅立てたのは幸せだったのでしょう。源次郎の気持ちは知りませんが。
酌婦に身を落としたお国が、お竹の妹お梅が同じ店で酌婦をしていた事で因果を知るのですが、このお竹とお梅の壱太郎さんが可愛いのに物悲しい雰囲気が効いてました。

さて、メインの伴蔵・お峰夫婦。
貧乏でボロ家でどうしようもありませんが、二人で仲良く暮らしています。
そして、この話で一番の普通の人たちです。
そうはいうものの、貧乏でも輝いて見えるのは仁左玉効果なのか夫婦の仲のよさなのか。
そんな二人の日常に、突如として怪異が降りかかります。もちろん、お露の幽霊です。
この場面では、お露よりも女中お米の吉之丞さんが怖いのなんの。
伴蔵は仁左さんなのでそこそこ強そうに見えますが、怖がっても仕方ないレベルです。
そんな怖い話を怯えながら聞いているのに「それで?」と続きを聞こうとするお峰がリアルでした、こういう人いるなあ。

幽霊に言われた通りにお札をはがせば新三郎はあの世に連れて行かれて、生活も成り立たなくなってしまう。断ったら相手は幽霊、何をされるか……という中で、お峰が「はがすから百両くれ」というように提案します。
強欲に思いますが、ここで伴蔵が「何言ってんでい、幽霊はおあしがねぇに決まってるだろ!」とツッコミを入れるように、無理難題を吹っかけて遠まわしに断るのが本来の目的だった気がします。
結局は本当に百両が手に入り、本当にお札をはがしてしまうのですが。

お峰は百両を、二人が不自由せずに暮らしていけるだけのお金を目にした時は喜びますが、裕福になって伴蔵の心が変わって行くので寂しくなります。
もし最初から、幽霊に難題を吹っかけて断るつもりだったのなら後悔の念もより深いでしょう。

伴蔵だって悪い人じゃないんです、百両に後ろ暗い要素がある事、その事を知る人物が怖ろしくなってしまった事、そして過去を知る人物が本当に現れた事により、その恐怖に憑り付かれてしまった事。
それが、あんなに愛していたはずの妻を手にかけた最後の一押しだったんじゃないでしょうか。

幽霊もお家騒動も、結局は立場の弱い一般人が悲惨な事になるという悲しいお話でした。
[PR]
by iwanagahime | 2009-08-07 22:12 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(4)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧