私邸周辺


<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧



幕見:二月花形歌舞伎(松竹座)義経千本桜『すし屋』

甘かった!色々と甘かった!
昼の部に間に合うように行ったら当日券が売り切れていた!
もともと昼と夜どちらを見ようか迷っていて、夜の部は『すし屋』だけ見たかったので昼の部は諦めて幕見席購入。
開演間際に松竹座前に戻ったら、案の定すでに幕見も通常も売り切れだったので昼の部の時間に行ったのは無駄ではなかった模様。

しかし、当日券が余ってるよりは売り切れてるぐらいが客としてもやはり嬉しい。
これからもたくさんお客さんが入って、歌舞伎がもっと上演されるようになってほしいです。

そんなこんなで感想本編に、公演詳細はこの辺

義経千本桜『すし屋』
昼夜通して一番ずしっとした演目なんですかね、でも若手の集まる花形歌舞伎らしくとっつきやすい雰囲気でした。
何と言っても壱太郎くんのお里が可愛い!!!!!!
若手の女形さんは結構「写真は良いんだけどな~」みたいな事があるんですが、壱太郎くんは動いてる方が可愛い!
娘っぽい可憐な動きで柔らかい雰囲気です、生で見るのをお勧めします。

そんな可愛いお里ちゃんに想われている弥助さん(実は平維盛、しかも妻子持ち)は染五郎さん、イケメンな働き者の庶民でも貴公子でもどっちでもいい雰囲気が出るのでピッタリでした。
いがみの権太は愛之助さん、出だしの柄の悪い台詞がスムーズです。実はワルだったんですか?
それはさておき、いがみと言われつつも心のどこかに優しい部分があるから憎めないです。
そりゃ、母のお米もつい嘘を信じてお金を出してしまうという。吉弥さん良かったです。
弥左衛門は歌六さん、舞台を引き締めてました。
何となく、今後の弥左衛門が何か短気な事をするたびに権太を刺してしまった事をお米に言われそうだというような想像をしてしまうリアルっぽさのある一家。
梶原は獅童さん、最近は顔の描き方が元の顔を生かした感じになってるようで迫力ありました。

若葉の内侍が米吉くんでびっくりした、上品でよかったです。

色々ありますが、皆さん今後に期待してます。
[PR]
by iwanagahime | 2012-02-25 22:28 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


インフルエンザ…

気をつけてはいたのですが、結局インフルエンザに感染してブログ更新が2回ほど出来なくなってしまっていました。
今はもう快復したので、予定されていた更新は日付を変えて書いています。
前々回
前回

今年は2種類のインフルエンザが同時に来ているようなので、別のに感染しないように引き続き注意したいと思います。
[PR]
by iwanagahime | 2012-02-18 21:32 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)


お好み焼きにカレー粉

とあるアーティストの実家が昔お好み焼き屋さんをしていて、今はそのお店はもう閉店しているのですがファンとしては行ってみたかったなあという思いがありました。
そんなある日、昔そのお店に行ったことのある古株ファンの方がソースの上からカレー粉をかけたのが名物メニューだったと教えてくれたのでやってみました。

普通にソースだけで食べるより、スパイシーさだけでなくコクが出て美味しかったです。
ちょっとの工夫で感じが変わるんですね、またやってみたいです。
[PR]
by iwanagahime | 2012-02-11 21:24 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


シネマ歌舞伎「天守物語」

シネマ歌舞伎で泉鏡花作品3ヶ月連続公開という事で、まずは第1弾の「天守物語」を観に行きました。
天守物語は昔のテレビ放送と玉三郎さんの朗読公演でしか観ていないので、楽しみでした。

エキサイトシネマ「天守物語」作品情報

今回は歌舞伎座さよなら公演での撮影という事で、観たかったけど見られなかった人にはチャンスですね。
舞台そのものはよかったです、玉さまの富姫の人間離れ感覚に勘太郎さんの亀姫の無邪気な残酷さに海老蔵さんの図書之助の社会とズレた真っ直ぐさ。
獅童さんはカッコいい役よりこういう役が好きかも。
そういえば、獅子の目が傷付けられて富姫達の目が見えなくなった時に図書之助も目が見えなくなりますが、もうあの時点で図書之助もすでに天守の住人だったんでしょうね。
もともと何となく、人間の世界では生きづらそうな人っぽいし。

しかし舞台演出で天守から見える風景をスクリーンを使っているのでシネマ歌舞伎にするとスクリーンにスクリーンを映す形になるのを気にしてか、舞台全体の図が少なくアップが多かったのが気になりました。
天守という空間は富姫の世界、全体をもっと見たかったです。

単に舞台を写すのではなく、映画としても楽しめるようにするバランスはまだこれからの課題かも知れません。
[PR]
by iwanagahime | 2012-02-04 20:31 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧