私邸周辺


<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧



第一回 坂東薪車の会

2009年の霊験亀山鉾と2011年の彦山権現誓助剱のせいか個人的に「イケメンなのに中盤で敢え無い最期を遂げてしまう役」のイメージがある薪車さんなので、仮名手本忠臣蔵の勘平は観たかった役でした。
当然、前売りでチケットを購入して当日に備えていたのですが、ひどい勘違いをしていたために危うく観られなくなるところを助けていただき六段目と連獅子は観る事が出来ました。
本当にありがとうございました。

そういう事なのでレポも六段目からです。

◆仮名手本忠臣蔵 六段目
勘平が仇討ちに参加する資金のために女房おかるはこっそり身を売るのですが、もう前金は父の与市兵衛が受け取っていて後はもう半分を渡しておかるを一文字屋に連れて行くという段階。
父も勘平も猟から帰って来ないので様子を見ていると、一文字屋の女将お才が女衒の源六を連れてやってきます。
この時の千壽郎さんのお才が物腰が柔らかいのに何か引っかかる感じで、かなり女将で良かったです。
おかるが壱太郎さんで母おかやが吉弥さん、おかるは本当に勘平が大好きで可愛い女房で、おかやは庶民の母親らしい悲しさがありました。

おかるを早く連れて行きたいお才達と、与市兵衛の帰りを待ちたいおかるですがさっさと駕籠に押し込められて連れて行かれ…と思ったら勘平が猟から帰って来ます。
自分の妻が知らない人に連れて行かれる現場なので、慌てて戻そうとする勘平。
色々と話を聞く内に、昨日の晩にイノシシと間違えて撃ったのは与市兵衛なんじゃないかと疑惑から確信に変わって行き、どんどん顔色が悪くなって来ます。
白塗りですが、顔色を感じる迫真の演技の薪車さんでした。

何も言えないまま祇園に行くおかるを見送り、ついに変わり果てた与市兵衛が運び込まれます。
わざと撃ったのではないですが、自分のせいでと思っているので責め立てるおかやに何も言えない勘平。
そんな時に由良之助配下の郷右衛門と弥五郎がやってきます、武士として会いたいので着替えようとしますが、おかやに「逃げるのか」と言われてやむなく猟師の格好のまま会う勘平。
郷右衛門は竹三郎さん、弥五郎は松次郎さん。この二人に非道と言われたら立ち直れそうにないです。
最後の申し訳にと腹を切り、わざと撃ったという誤解だけは解いてもらいたくて昨夜の出来事を話していると郷右衛門と弥五郎が与市兵衛の傷が鉄砲でなく刀によるもので、鉄砲に撃たれていた定九郎が犯人で勘平は知らずに舅の敵を討っていたと判明。

誤解が解け、仇討ち参加者の血判状に名を連ねる事を許される勘平。
おかやも武士の時の着物(さっき出して着ようとしていたもの)をかけてあげます。
色々ありましたが最後は武士として世を去った勘平でした。

勘平は悪い人じゃないけど誘惑に弱い普通の人で、ちょっとしてしまった事が大変な事になってしまったんだという印象でした。
天然っぽいので、本気で生きて仇討ちに参加していたら別の問題を起していた気がしないでもない。

◆連獅子
薪車さんが親獅子で猿弥さんが仔獅子というヴィジュアル的には「うーん?」という配役でしたが、踊っているうちにきちんと親子に見えるのが流石でした。
獅子はもちろん大迫力!

カーテンコールが獅子の姿のままで、挨拶などはなかったのですが暖かいカーテンコールでした。
猿弥さんに促がされて後ろの席やお囃子の人に礼する薪車さんや、向かい合って礼する薪車さんと猿弥さんが微笑ましかったです。

第一回という事で、第二回にも期待しています。
今度は最初から観られるよう、きちんと確認して行きます。

坂東薪車ホームページ
[PR]
by iwanagahime | 2012-08-25 22:28 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTTワンマンライブPOTATO KID「Club Potato Kid!」

以前、このブログで『盗聴少年』という舞台を観に行った感想を書きましたが、その主演だったミュージシャンのCUTT氏のワンマンライブに行ってきました。

会場はPOTATO KIDというポテト料理のお店で、アットホームな雰囲気でした。
このライブの翌日にCUTT氏はClub PHYENCE(X JAPANのhideさんオフィシャルのDJイベント)に参加という事で、色々と考えていたようです(だからライブタイトルもClub Potato Kid!)

普段のようにトークから始めずおもむろに歌いだそうかとか、しかし開場から開演までの客席の和気藹々とした雰囲気にそんな気分じゃなくなったとか。
それと、鞄の中でお茶のペットボトルの蓋が外れてしまい荷物がお茶浸しになるハプニングに見舞われてネタにしないといられなくなったとか。
この時CUTT氏は「お茶っていいな」と思ったそうです、これがコーラやコーヒーだったらもっと凹んでいてライブのテンションも変わっていた事でしょう。

そんなユルいトークから「3RD eye BLINKS」、第三の眼が瞬くというタイトルのようにミステリアスな曲。
CUTT氏の曲はいなくなった友人との約束など(「トイピアノ」とか)物悲しい歌詞だったり切ない曲が多いのですが、CUTT氏の爽やかな声の効果で優しく受け止められるのが良いです。

舞台『盗聴少年』で使われた曲の「Tocyo Shonen」と「声」もあり、生の熱唱はやはり感動しました。
hideさんやXのカバーもあり、hideさんの「Tell me」とXの「Sadistic desire」のアコースティックバージョンもありました。
Sadistic desireは翌日のClub PHYENCE用に作ってみたものの、雰囲気が他の曲と合わなかったので当日は使わずここでの披露だとか。
Xバージョンだと激しさ先行のイメージですが、アコースティックバージョンだと悲しみが際立っていました。

ライブ前にリクエスト曲と一言を書く簡単なアンケートがあり、途中で内容をCUTT氏が紹介していたのですが、ラジオ番組のような雰囲気で楽しかったです。

アンコールは最新アルバムにも収録されている「バースデイ」と「Time Machine」で、楽しく締めくくりました。

Not So Far From Anywhere

CUTT / SOUNDSCAPE / benchmark



CUTT氏はニコ生など配信もされているので、オフィシャルをチェックして見てください。
で、気に入ったら是非CD入手したりライブ行ったりとかもしましょう。
CUTT BLOG
[PR]
by iwanagahime | 2012-08-18 19:54 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


夏休み文楽特別公演・第二部【名作劇場】

歌舞伎と文楽の関わりの深さは、ちょっと歌舞伎ファンやっただけの私でも知るところです。
権力もなにも無い上に、大阪市どころか大阪府の外の住人である私に出来る事と言ったら少しでも多く観に行く事だけです。
という事で、夏休み文楽特別公演に行きました。
公演詳細はこの辺


一、摂州合邦辻 合邦庵室の段
 歌舞伎では観た事がありますが、文楽では初めて。
 人形だから玉手が浅香姫を攻撃する場面がマジでキャットファイトというか、ぶっ飛ばすし往復ビンタするし。そりゃ、合邦もあんな止め方してしまうだろうなという。
 咲大夫さんの語りだと合邦も優しさゆえに娘に厳しく接していた感じなので、あれだけの事をしないとあの展開にはならないという説得力が。

二、伊勢音頭恋寝刃 古市油屋の段・奥庭十人斬りの段
 これも歌舞伎では観た事があります、お紺が文雀さんで人形のお紺はとても表情豊かで本当は貢が好きなのに目的のために嘘の縁切りを言うあたりが悲しくて悲しくて。
 万野とお鹿も人形だからどんな人なのか逆によくわかるし、万野の企みの酷さと利用された上に貢に顔の事を言われてしまうお鹿の可哀想さもストレート。
 奥庭で十人斬りの場面は人形だからまだ見られますが、手足やら首やら飛んでしまってて幼い命まで犠牲になるので最後に名刀と折紙が揃ってめでたしめでたしになる場面の「えええ?」感もまた一興。

三、契情倭荘子 蝶の道行
 お家騒動に巻き込まれ、この世では結ばれなかった恋人たちが蝶になって舞うファンタジックな舞台。
 二人の出会いから地獄の責めに遭う運命までを物語、蝶の浮遊感と儚さは人形ならではでした。

 文楽は歌舞伎に比べればそんなにチケット代も高くないですし、字幕やイヤホンガイドなどもあって初心者向け解説も充実しているので観に行ける人はガシガシ観に行きましょう!!
[PR]
by iwanagahime | 2012-08-11 21:24 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


MOS Excel 2010 Expert

先日、タイトル通りExcelの試験を受けてきました。
スクールに通ったとはいえ、試験の時は頼れるのは自分のみという事でどうなる事かと思いましたが無事に925点で合格しました。

何がどうって家にOffice2010が入ったPCがない状態だったので、スクールで教えてもらっても家で復習が出来ないのが少し大変でした。
書店にあるMOS試験対策テキストはインストールされてるのが前提のCD-ROM教材ばかりですし(特にExpertは)

↓そんな中で役に立った本。

500円でわかる エクセル関数2010 (コンピュータムック)

学研パブリッシング



大き目のキャプチャ画像を使い、要素を一つ一つ丁寧に解説してあったので実物がない環境でも何をする関数なのかがイメージしやすく覚えやすかったです。

PCのスキルは口では説明しにくい部分があるので、こういう資格があると説明しやすいです。
[PR]
by iwanagahime | 2012-08-04 19:59 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧