私邸周辺


<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



11月文楽公演 仮名手本忠臣蔵

仮名手本忠臣蔵は歌舞伎では何度か見ていますが、通しでは観た事がなかったので観に行きました。
序段や城明渡しの段など通しでないと見られない場面もあり、また通しだからこそ今までより深く登場人物の気持ちなどがよくわかりました。

判官切腹から城明渡しの無念さと由良之助の決意を感じる緊張感は、静かな場面だからこそ伝わるものがありました。

全体的に思ったのは、「自分のせいで……」と思っている人が多い事です。
顔世御前は自分が師直の誘いを断ったせいで塩冶判官があんな事になったと思っていますし、おかるは自分のせいで勘平が判官の危機に居合わせる事が出来なくなったと思って仇討ち参加の資金調達のため身を売る決心をしますし、加古川本蔵は判官の無念と娘の嫁入りの差し障りの原因は自分だと思って力弥に討たれようとします。
勘平も舅・与市兵衛を撃ったと勘違いして、申し開きより先に切腹してああなってしまう訳ですし。

文楽では人形遣い・義太夫の役の解釈は影響しますが、やはり演じているのが人形というワンクッションがあるので“中の人”ではなく登場人物を見る純度が高い感じがします。
そういう目で見ると、勘平は生きて仇討ちに参加していたら何らかのポカをしていたのではないかと(白髪の老人を故郷の父に重ねて逃したら師直!とか)思われますが、自分が舅を撃ったと思っても逃げも隠れもしなかったあたりやはり武士だなと思いました。
私だったら与市兵衛を村人が運んできた時に「下手人の手がかりを探しに行く」とか言って、とりあえず家から出てます。

夫と婿に先立たれたおかやの心細さと悲しみも、人形だから出来るダイレクトな表現が胸に迫りました。

そういう悲劇的な場面を見ていると、七段目の浮かれポンチな(振りをする)由良之助と何も知らないおかるがより一層くっきりと浮かび上がります。
そんな中すっかり騙されている九太夫たちの謎かけで、日本維新の会がネタにされてました。

通しの後半に差し掛かっていてちょっとしんどくなりかけていましたが、蓑助さんのおかるは目が覚める可憐さでした。蓑助さんはたぶんローザミスティカか何か持ってます(真顔)

道行旅路の嫁入りから山科閑居の戸無瀬と小浪にまつわるあれこれは、何もなければ身分の高い武家同士の幸せな若い二人の結婚だったのが仇討ちに巻き込まれる悲劇ですが、小浪を巻き込ませまいと冷たい事を言うお石と娘の思いを叶えたい戸無瀬の「小浪の幸せを願う」気持ちの現れの違いが物悲しいです。
本蔵と由良之助も違う覚悟を持って同じ場所に集まり、それぞれ武士としてお互いの覚悟をわかりあっているのだと思いました。

今回は休演の人形遣い・大夫が多くて残念でしたが、山科閑居での呂勢大夫さんの力演が見られてよかったです。

花水橋引揚の場も通しでなければあまり見られない場で、久々登場の桃井若狭之助がずっと塩冶判官と由良之助の事を気にかけていた事がわかります。
追っ手を払うという若狭之助と、礼は冥途からという由良之助たちの覚悟が武士の潔さを感じさせる幕切れでした。
[PR]
by iwanagahime | 2012-11-24 21:49 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


銭湯

ちょっと訳があって自宅の風呂が使えないことがあり、銭湯に行きました。
近所のいかにも町の銭湯というような所だったのですが、超音波風呂やスチームサウナといった設備もあり普通のお風呂以上のものがありました。
自宅の風呂がわりというだけでなく、温泉より身近なリラクゼーション施設としてもいいかも知れません。
安いし。
[PR]
by iwanagahime | 2012-11-17 21:48 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)


七味

京都のみやげ物の甘味メジャーというと八橋だと思いますが、辛味メジャーだと七味なんじゃないかなと。
最近ではハバネロを使った辛味の強さを売りにしたものもあったり(京都のみやげ物は伝統のイメージもありながら、流行を取り入れるのも早い)

七味も八橋のごとく老舗で伝統があるものから目新しいものまで、色々あります。
そんなにたくさんは試せていませんが、パッと見たり使ったりしてすぐ「いつもの七味と違う!」感があるのは原了郭の黒七味とぢんとらの柚子七味だと思います。

柚子七味はまずその名の通り柚子がパッと香ります、冬にうどんなどにかけると湯気に柚子の香りが入って高級感が出ます。

黒七味はまずルックスが黒という時点で他とは違う感が出てます、辛さより香り重視の雰囲気。
他とは違う黒歴史は見られてはいけませんが、他とは違う黒七味は良い香りです。

原了郭きょうとウエルカム内のページ。
ぢんとらホームページ七味ちゃん(ななみちゃんと読む)がお出迎え、店舗では七味ソフトという勇気の要るソフトクリームも。
[PR]
by iwanagahime | 2012-11-10 19:15 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


見仏記6

ちょっと前に出ていたようなのですが、ようやく見仏記6を買いました。

見仏記6 ぶらり旅篇 (角川文庫)

いとう せいこう / 角川書店(角川グループパブリッシング)



相変わらず自分も行った事があるお寺も「こういう見方もあるのね」という再発見があり読み応えがありましたが、1から6までの間に見仏コンビの立場が変わっていて興福寺・宝物館の受付で“会長さん”として扱われるみうらさん(しかし入館料はきちんと払う、ジェントルマン)など感慨深かったです。
このコンビのノリは変わらず仏に対する気持ちが変わっていたり、変わり行くものと変わらないものというのも感じる一冊でした。
[PR]
by iwanagahime | 2012-11-03 20:41 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧