私邸周辺


<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧



都をどり

先週は歌舞伎鑑賞教室に行った話をしましたが、その中で午前のチケットが売り切れだったので午後のチケットを買ったと書きました。
その午後の開演時間まで何をしていたかというと、何となく祇園を歩いていた私は「都をどり 当日券あります」という貼り紙を目にしました。

[画像][モバイル用]

都をどりと歌舞伎鑑賞教室の時期がかぶっているのは覚えていましたが、当日券があるとは思っていなかったので上演時間を確認し、どうやら間に合いそうという事で一番安い席ですが確保。
都をどりは祇園甲部の「をどり」なので、恋舞妓に出ていた杏佳さんと紗月さんが出ているはず!
パンフレットを確認したところ、この日は杏佳さんが総をどりの中にいて紗月さんが井手玉川蟹満寺の舞妓さんで出る模様。
杏佳さんは芸妓になって初めての都をどりなので、カラーの写真も出ていました。
パンフレットを買ってよかったです!

そんなこんなで、都をどりが始まりました。
今年は『春宴四季巡昔話』と題して、小野小町と深草の少将の物語あり、蟹満寺の由来あり、道成寺あり鶴の恩返しありとストーリー性のある舞踊劇に、春は小野小町ゆかりの随心院の梅と秋は東福寺の紅葉を表した総をどりが華を添える構成で京都の四季と昔話を一度に楽しめました。

芸妓さんと舞妓さんの舞台なので、深草の少将や道成寺の安珍、鶴の恩返しの夫を演じるのも女性なのですが、白塗りの馴染んだお顔だからか無理なく見られました(普段は男しか出ていない舞台を見ている歌舞伎ファンが言うのも何ですが)
お囃子も舞妓さん達なので、鼓の「いよー!」の掛け声も可愛かったり。
それと、安珍を追って蛇体になった清姫が可愛いまま角が生えていて芸妓さん・舞妓さんは可愛くなくてはいけないんだなと妙に感慨深かったり。

蟹満寺では蟹を助けた娘がピンチになった時に蟹が助けてくれたという物語なので、舞台に動く蟹がたくさんあったり面白く、芸妓さん舞妓さんの蟹ポーズの可愛い振り付けがあったり楽しかったです。

そして、鶴の恩返しの切ないラストから華やかな総をどりの流れは見事でした。

杏佳さんは相変わらず舞の時はシリアスな芸妓さんらしいしっとりとした美しさで、紗月さんはテレビで見るように可愛らしかったです。

京都の昼しかいない近隣観光客の私には芸妓さんは舞妓さんより見かける機会が少ないのですが、こうしてをどりを見られるのはいいですね。
[PR]
by iwanagahime | 2013-04-27 20:44 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


第二十一回 南座歌舞伎鑑賞教室

いつも歌舞伎レポは練って書くのですが、今日は勢いで。
ほんの数時間前に春恒例の南座歌舞伎鑑賞教室、しかも初日に行きました。

午前の部に間に合うように行ったのですが、売り切れで午後の部に。
まあ春の京都なので空いた時間の過ごし方には事欠かないですし。
という事で、公演詳細はこの辺

今年も桂九雀さんの解説に上村吉弥さんの出演ですが、何とこの春から中学生の吉太朗さんが主役の「供奴」が!(吉弥さんは「藤娘」)
色々と期待。

さて、オープニングは九雀さんが趣味に走るコーナーなので、吉田屋のセットもありますし九雀さんが笠をかぶって……と思ったら、普通に伊左衛門が(ちなみに純弥さん)
そして、伊左衛門が吉田屋の主人を呼ぶと九雀さんでした!

伊左衛門の衣装や廓文章のあらすじなどを純弥さんとツッコミを交えて紹介、紙に見えないし実際に紙ではない紙衣など歌舞伎好きでもツッコミ所なので、ズバッとツッコミが入って笑えるという妙なスッキリ感。
敵を追ってるのに花道の七三で止まって「待~ぁて~ぇぇぇ」とか。

いつものお客さんに衣装を着てもらうコーナーも、今年は5人で女形の色々な衣装とキャラクターを紹介していました。

『藤娘』
舞台もわかりやすく華やかで、吉弥さんもわかりやすく綺麗なので盛り上がってました。
藤娘は酒に酔う場面があるのですが、お酒に慣れていない若い娘さんが酔っ払ってしまった感じが出ていて可愛かったです。

『供奴』
GOEMONで7歳ぐらいの子という11歳の少年には難しそうな役の上に、あの演目で数少ない泣かせパートを立派に務め上げた吉太朗さんなので期待していましたが凄かったです。
やや勢いで押してる部分はありましたが、ちゃんと廓で浮かれる奴さんでした。

今後に期待できる舞台で、南座の歌舞伎鑑賞教室も幅が広がりそうでした。
[PR]
by iwanagahime | 2013-04-20 21:26 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


銀行

私は自由に使える銀行の口座を2つ持っています、ネットバンクと実店舗のある普通の銀行です。

それぞれカードがあり、財布と定期入れに分けています。
どちらも(手数料は少々かかりますが)万が一どちらかを忘れても、コンビニ等で現金が引き出せます。
忘れないのが一番ですが、念のため。
[PR]
by iwanagahime | 2013-04-13 22:46 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)


柿の葉寿司とにゅうめん

奈良のにゅうめんについては以前も書きましたが、奈良の名物である柿の葉寿司とにゅうめんが東大寺や若草山を眺めながら食べられるお店があるという事で、行きました。

東大寺門前の夢風ひろばというエリアにある「ゐざさ」というお店で、以前にここの柿の葉寿司をお土産で食べて美味しかったので味については安心して行きました。

ふれこみでは「奈良の絶景が眺められる展望レストラン!」とあったのですが、店に行くと二階建て。
「二階建てで展望レストランって…」と少し戸惑いましたが、席に付いて見れば「正直すまんかった」と言いたくなる絶景でした!
前のブログに載せたこの画像の一番下が、ゐざさから撮影した画像です。

そして柿の葉寿司(ゐざさ寿司セット1280円を注文)は、お土産で食べた時より柔らかめでしたが酢と加減など味はよく、にゅうめんも三輪そうめんと出汁がよく合っていて、小鉢のごま豆腐も滑らかで美味しかったです!
ちなみにこのセットは内容が内容だからか注文してから出てくるまでの時間も短かったので、午後からもあれこれ見て回りたい奈良観光にも最適でした。

夢風ひろば
ゐざさ
[PR]
by iwanagahime | 2013-04-06 19:58 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧