私邸周辺


<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧



御加持

先週、玉三郎さんの奉納舞を観た話を書きました。
それだけではなく、もちろん御本尊のお参りもして来ました。

御本尊は秘仏なので普段は一回り小ぶりな十一面観音の御前立ちが厨子の前に立っているのですが、この日は扉が開かれています。
参拝者はお坊さんに仏具を渡され、御加持を受けます。
この仏具は御本尊の手に繋がっています。
とても厳粛な雰囲気です。

御本尊は御前立ちと同じ十一面観音ですが、やはり手の長さやゆったりした雰囲気が神秘を感じさせる御姿でした。

ありがたい気持ちになりました、良い事がありそうです。
[PR]
by iwanagahime | 2013-11-30 23:15 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


六波羅蜜寺の奉納舞

先週11/16に六波羅蜜寺で坂東玉三郎さんと鼓童の皆さんによる奉納舞があったので、行って来ました。
御本尊の特別開帳に合わせた行事だったので、まずは御本尊の十一面観世音様にお参り、と思ったら長蛇の列。
奉納舞に間に合うのかと心配していると、前の一団が終わり私の順番は奉納舞が終わった後になるので、本堂の目の前で待機という事に。舞台の超近くじゃないですか!
近いのはいいですが、立ったまま1時間待ち。

本堂の関係者席っぽい所に人も揃い、メガネのお坊さんの司会で奉納舞に先立ち住職のご挨拶、何でも今日の奉納舞は朝の5時から並んでいる人がいたとか!
ありがたいお経もあり、厳かに鼓童の藤本さんと石塚さんの奉納演奏が始まりました。
太鼓を叩きながら歌う曲もあり、シンプルで力強い演奏でした。

そしていよいよ奉納舞です、お寺という事でどのような舞になるのかわからなかったのですが、アマテラスの衣装でした!
まずは観音様にお参りし、アマテラス後半の岩戸が開いてからの晴れやかな曲で、鈴や太鼓の撥、そして扇の順番で持ち替えて舞っていました。

松竹座[画像]



近さゆえに柱などで姿が見えにくい時もありましたが、間近で観る玉三郎さんは美そのもので神々しささえ感じました(お寺ですが)
盛大な拍手にも厳かな表情で応えていて、観音様にお参りする姿も真摯でした。

華やかで、かつ奉納らしい厳かさを感じる舞でした。
[PR]
by iwanagahime | 2013-11-23 23:00 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


11月文楽公演 伊賀越道中双六

歌舞伎では沼津の段でおなじみの伊賀越道中双六ですが、なかなか通しでは上演されないので文楽で観てきました。
吉田蓑助さんや桐竹勘十郎さん、そして咲大夫さんや住大夫さんといった皆さんの芸はやはり素晴らしく見ごたえがありました。

大筋は和田家の仇討ちの物語で、こういう話にありがちな巻き込まれる庶民パートが沼津です。
なので、初めて和田さん家の物語を見た感じです。
しかし仇討ちに参加するために犠牲にするものが多すぎなのと、我が子を犠牲にするパターンは歌舞伎や文楽でよくあるのですが、たとえば松王丸の息子や政岡の息子は子どもなりに覚悟があり、それがまた涙を誘う感じなのですが、政右衛門の子供は完全な赤子なのでちょっと気分的に落ち込みました。
そして、仇を討つべく全国を旅する和田家の息子の志津馬は敵を欺くために病気と偽って油断させたりちょっと卑怯なので何となく引っかかりました。
しかも、沼津でおなじみの十兵衛は二つの家の間で板ばさみになった挙句に志津馬に斬られるし。

仇討ちのために犠牲にするものの多さで武士の複雑さを感じるのも良いのですが、中盤が鬱展開すぎるので最後であまりスッキリせず上演も頻繁でないのかなと思いました。
[PR]
by iwanagahime | 2013-11-16 21:27 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


スーパーで

ちょっと11月になっただけなのに、お化けやカボチャの絵の付いたチョコレートが安くなっていました。
パッケージ以外は普通の商品と同じなので、得した感じです。
確かにあのイベントがなければ、お化けや骨の絵が書いてあるチョコレートはあまりいいものではないかも。
[PR]
by iwanagahime | 2013-11-09 22:14 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


松竹座:十月花形歌舞伎(夜の部)夏祭浪花鑑

先月、松竹座であった十月花形歌舞伎に行ってきました。
いわゆるラブリン(愛之助さん)主演という事もあって、連日大賑わいの模様。
向かいのたこ焼き屋さん、くくるの倍返したこ焼きにも行列が。

本編にもあのドラマのネタがありました、配役などはこの辺

今回は歌舞伎でよく上演される幕の他に、序幕のお鯛茶屋の場と二幕目の内本町道具屋の場と横堀番小屋の場があり、より登場人物全体がわかりやすくなっています。

お鯛茶屋の場では磯之丞と琴浦がちゃらちゃら遊んでいる場面から始まり、家に帰るよう説得するためにお梶が人を雇って「遊びが過ぎて落ちぶれた男の話」を見せて成功します。
この時に雇われて落ちぶれた男の役を引き受けたのが一寸徳兵衛で、住吉鳥居前の場より以前のどこでどうやってお梶と徳兵衛が出会ったのかがわかったり、磯之丞はアホだけど素直という事もわかります。

壱太郎さんのお梶はしっかりものの奥さんという感じでハキハキしていい雰囲気で、亀鶴さんの徳兵衛はパッと見は悪そうだけど義理堅い感じでした。
あ、薪車さん磯之丞だから白塗りイケメンの役なのに最後まで生きてた。
イケメンだけどアホの役だからか?

お梶のアイディアと徳兵衛の演技が功を奏して磯之丞が帰宅したものの、琴浦に横恋慕する佐賀右衛門が主君にある事無い事を吹き込んで磯之丞は勘当されてしまいます(遊んでたのは事実だもんなー)
なのに駕籠に乗ったりボンボンの時の癖が抜けてない磯之丞、これで偶然釣船三婦に会ってなかったら駕篭かきにボコボコにされてたのでは。
釣船三婦が翫雀さんなのは意外でしたが、普通のおっさんだと思ったら強い!みたいな意外性があってこれはこれで良いかも?と思いました。

その後も雇われて琴浦を佐賀右衛門に渡そうとしていた徳兵衛と団七が喧嘩したら、お梶が出て来て同じ人に恩があるとわかって磯之丞を守るために協力する事になったり色々と運が良すぎるのですが、この運の良さのぶり返しが後半に来るのかなあ……
愛之助さんの団七は男前な中に大阪っぽさもあって、むっちりした感じが魚屋さんの団七っぽかったです。

身を隠すために道具屋で偽名を使って働いている磯之丞、店の娘とイイ感じに……っておい!
とは誰でも思うところで、本業の魚屋として出入りしている団七も一言注意しています(そういえば、この場面がないと団七が魚屋さんしてる姿って見られない)
娘の件はともかく真面目に働いてお金を稼ごうと頑張る磯之丞ですが、店の娘と結婚して跡取りになろうとしている番頭や磯之丞が邪魔な人には目障りなので、掘り出し物の香炉を巡るやり取りの中で五十両の損失を背負わされてしまいます。
しかも、それに団七の義父である義平次も絡んでいるという。

五十両の件で騙された事に落ち込む磯之丞を団七が自分も徳兵衛も付いているから安心するよう励ましますが、頑張ったのに結局は団七達にかけた迷惑が増えただけになってしまって落ち込む磯之丞。
自分が付いてるから安心するよう言われると、余計にその親切が痛いというか助けてくれる人達の負担を減らそうとして斜めに滑っていった後悔が顔ににじむ磯之丞。
決して悪い人じゃないし彼は彼なりに頑張ったとわかります、アホだけど。

しかし、横堀番小屋で自分を騙した犯人を手にかけてしまう磯之丞。大阪にはいられない事に。

道具屋の娘の件や、なぜ磯之丞が大阪にいられないのかがわかりやすいので釣船三婦内の場の理解が深まりました。
そりゃあ、美人の若い人妻には磯之丞を預けられないですよね。
しかし、お辰は顔に火傷してまで磯之丞を預かります。
吉弥さんのお辰はキッパリしていて「まさにお辰!」という感じでものすごいスッキリしました、この話で一番カッコいいのはお辰かも。

無事に磯之丞を逃がしたと思ったら、また邪魔が入ってこれまで経を読んで大人しくしていた三婦が「倍返しだ!」と怒りモードに(出た!ドラマの台詞!)
そして竜の模様の入った着物に着替えて喧嘩に出ている間に、義平次が琴浦を連れ去ってしまいます。
戻ってきて様子を知る三婦・徳兵衛・団七、喧嘩が上手く行ってご機嫌なところから義平次が琴浦を駕籠に乗せて行ったと知った時の団七は迫力がありました。
そしてあの長屋裏の場へ……

前半では偶然に助けられましたが、後半では偶然に刀が義平次の首に当たってしまって惨劇に繋がります。
それまでは強欲な義平次と何とかしたい団七のやり取りはユーモラスでもあっただけに、悲劇がより強く感じられます。

昔は自動車もなかったので悲鳴などがあればすぐにわかりそうですが、祭の日で賑やかなのが良かったのか悪かったのか。
血と泥を洗い流し、祭に紛れて逃げていく団七。

助けられてるだけでは申し訳なくて、何とかしようとしていたのに逆に状況が悪くなってしまった磯之丞。
磯之丞と琴浦を助けるために義平次に嘘をつき、偶然から凶行に及んでしまった団七。

そして、団七が手にかけたのが舅ではなくするためにお梶に不義を仕掛け縁切りに向かわせる徳兵衛。
その思いを受け止め縄に掛かろうとしますが、徳兵衛に縄と見せかけて路銀を渡され、逃げる決心をする団七。
最後の大屋根の場まで、迫力と人の情というものがたっぷりと詰まった舞台でした。

演劇
[PR]
by iwanagahime | 2013-11-02 23:13 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧