私邸周辺


<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧



初春文楽公演・第2部

国立文楽劇場の初春文楽公演に行きました、やはり阿古屋が見たかったので第2部で。
あちこちに初春らしい飾りもあり、また技芸員さんと人形達のお出迎えもあって賑やかでした。

国立文楽劇場[画像]



『面売り』
面売りの娘におしゃべり案山子(占いでも何でも口先一つで商売をしている人らしい)がコンビで面を売ろうと持ちかけ、おしゃべり案山子の売り口上で面売りの娘が様々な面を付けて踊ります。
お人形さんがお面を付けてるのが何となく不思議で可愛い。
福助やおかめ・ひょっとこなどめでたい雰囲気なので、お正月らしく華やかでした。

『近頃河原の達引』
おしゅん・伝兵衛の心中物ではありますが、伝兵衛のやむにやまれぬ事情やおしゅんとその家族の心情などが心打たれる物語。
意外と笑いどころもあって、おしゅんの兄(猿曳き)が面白い人で、お母さんが伝兵衛の事を諦めるようおしゅんを説得している脇でご飯を食べ始めたり(しかもおかわり)しているのが逆にリアル。
ちょっとうっかりものっぽい空気を出してるのが、後のおしゅんと伝兵衛の取り違えに繋がってる感じがして面白い。
これからの行く末をわかりながらも夫婦として二人を送り出すために猿を舞わせるお兄さんと、帰って来れない旅とわかっていても一日でも長く逃げて生きていて欲しいというお母さんの気持ちが胸を打ちました。

『壇浦兜軍記』
阿古屋琴責、文楽では2度目で歌舞伎も入れると3度目の観賞です。
歌舞伎では傾城の姿で演じながら楽器を弾くのが眼目ですが、文楽では実際の演奏に合わせていかに人形が演奏しているように観えるかがポイントと思われます。
なぜ楽器を演奏するよう言われたのかわからないながらも切々と景清への想い、馴れ初め、行方を知りたいが知りえない切なさを演奏し歌う阿古屋は人形と楽器のシンクロの上に存在していました。
勘十郎さんの阿古屋は水責めなどのストレートな拷問では、逆に何も聞き出せないだろうという雰囲気が出ていました。

文楽はやはり人間ではないからこそ出来る表現が逆にリアルに訴えかけてくるので、歌舞伎を見慣れていても新鮮に感じる演目が多いです。
初春公演は終ってしまいましたが、2/28の近鉄アート館の「あべの文楽」や3月の地方公演、そして4月の菅原伝授手習鑑の通しなどまだまだ続くので是非とも実際の舞台を観に行ってください。

演劇
[PR]
by iwanagahime | 2014-01-25 23:16 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


坂東玉三郎 初春特別舞踊公演 中村七之助 出演

坂東玉三郎さんが初春に松竹座にいらっしゃるという事で、考えるより先に行くのを決定してました。
一等席は久しぶりです。

初春という事で、劇場の内外がお正月仕様に。

松竹座[画像]


凧の「午」の字は玉三郎さんの書を拡大したもので、実物の色紙もロビーに飾ってありました。

そういう事で感想本編、演目と配役などはこの辺

一、村松風二人汐汲
汐汲を玉三郎さんと七之助さんの二人で、元々が姉妹の話なので二人だと姉妹感がより一層出ます。
姉の松風が玉三郎さんで妹の村雨が七之助さんですが、美しい姉と綺麗な妹で何で行平はこの二人を置いて都に帰ったんだと小一時間問い詰めたいレベル。
悲しみの表現は玉三郎さんの方が深く見えますが、それが逆にまだ行平が帰ってくると思ってる妹ともう帰ってこないと思っている姉というコントラストに見えました。

行平の置いていった烏帽子と狩衣を身にまとう場面ではちょっとドキドキする場面もあり、また能っぽくなる場面では玉三郎さんが静寂を生み出していました。
後ろの大道具の月が本物に見えるくらい。

二、操り三番叟
前半は月乃助さんの翁と笑三郎さんの千歳で格調高く、笑三郎さんの古風な雰囲気が似合っています。
後半は後ろの大きな箱から薪車さんの後見が猿弥さんの操り三番叟を取り出して、操り人形の準備を始めます。
操り人形ですが、三番叟だから縦横無尽に跳ね回ります。
後見の役は操っているように見せないといけないので、地味に大変そうです。
猿弥さんは丸っこいのでおもちゃっぽい愛嬌があり、また見た目の割りに(失礼)身軽なのでとても楽しかったです。

三、二人藤娘
観る前は藤娘を二人で踊る意味って?と思いましたが、衣装が2パターン見られてお酒を注ぎあう場面も愛らしく「あり!」と思いました。
踊り手は二倍ですが、藤娘の愛らしさは五倍ぐらいの感じですね。

四、於染久松色読販
お染の七役と言われる演目ですが一部なので、七之助さんはお染・久松・お光の一人三角関係で土手のお六は玉三郎さん。
お染と久松に関しては早変わりの面白さメインですが、お光は久松を思うあまりに狂ってしまう様が哀れで愛しかったです。
久松は最初からお光を選んでおけば誰も不幸にならなかったのに、女猿廻しの台詞によると美人らしいし。
船頭と猿廻しに適当に介抱される様も何とも、そんな扱いするなら構うなよみたいな(月乃助さんと笑三郎さんは好きです、念のため)
そんな頼りない久松も立ち回りは結構バッサバッサやってますが、早変わりでないので普通に出て来れる土手のお六が早変わり仕様のイリュージョン登場で拍手を持って行ってしまいます。
さすがお六姐さん、そこにしびれる憧れるぅ!

最後の口上では玉三郎さんが七之助さんやおもだかの後輩陣を誉めつつ「歌舞伎をよろしくお願いします」という言葉が印象的でした、それでいて「七之助くんからお役を一つ取ってしまったおかげで、こうして皆様の前でご挨拶が出来るのでございます。持つべきものは後輩です」と笑いを取る姿がお茶目でした。
今年も出来る限り、歌舞伎を観に行きたいと思います。

演劇
[PR]
by iwanagahime | 2014-01-18 22:21 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


茂山狂言新春公演2014

地元ホールでの茂山狂言の新春公演に行ってきました、毎年おなじみなので早くも来年の公演が決まっているのも定番ネタ。
解説にあきらさん、今まで若手のつもりだったのに最近は最年長扱いである事に気が付くとか何とか。
千五郎さんがお怪我で(両脚を骨折とか、どうかお大事に)配役変更になっていました。

末広かり
 千五郎さんが果報者の予定だったのですが、正邦さんに。末広かり(=扇子)を買って来るよう頼んだのに、間違ったものを買った太郎冠者を怒っていたはずが囃子物で機嫌を直す様子が大らかで良かったです。
 宗彦さんの太郎冠者は、見た目がそんなにうっかりものに見えないだけに騙され感が面白かったです。
 茂さんが「これが末広かりです」と騙す役なのですが、胡散臭さがいい感じでした。

止動方角
 末広かりのうっかり太郎冠者に対して、こっちは大名が無茶振りして太郎冠者が仕返しするパターン、童司さんの太郎冠者は終盤の仕返しはもちろん、最初の大名の無茶振りに愚痴ってる様子も愛嬌があって良かったです。
 七五三さんの大名はかなり無茶を言ってくるのですが、何か憎めない感じで狂言らしい雰囲気でした。
 丸石さんの伯父は大名の無茶に参ってる太郎冠者にも優しいですし、物や馬も貸してくれるし、家の者たちにも休暇を出すという超いい人の雰囲気が出てました。
 井口さんの馬も面白かったです。

延命袋
 わわしい女もの、あきらさんの大名は気弱なので別れたいけど気弱なので別れると言えない空気が納得、逸平さんの太郎冠者は間でうろうろしてる悲哀が笑えました。
 正邦さんの女房は夫が好きなのはわかるけど、好きという表現が怖すぎるのが面白かったです。恐怖のツンデレ。

 毎年ある公演ながら、演目がほとんどかぶってないのがすごいですね。
 来年も楽しみにしています、鬼が笑うというか節分前なので大爆笑ですが。
[PR]
by iwanagahime | 2014-01-11 23:52 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


今年もよろしくお願いします

2014になりました、今年もよろしくお願いします。
さて、私の住んでいる関西ではサンテレビまたは京都テレビで新春狂言として茂山千五郎家の狂言を放送しています。
NHKなどでも伝統芸能を多く放送しますが、この新春狂言はローカルの民放なのでCMが入るのが違います。
バラエティ的なCMをまたいだ引っ張りも見られます。

狂言は笑いの芸能なのでこういうのもたまには珍しくてアリだと思いますが、逆に他の芸能だと難しいでしょう。

歌舞伎や能などの伝統芸能だけでなく、歌劇やバレエなどの舞台中継、各種コンサートがNHKなどの公共放送やBS・CSの有料放送でしかないのもCMを挟まなくても大丈夫かどうかが影響しているように思いました。
[PR]
by iwanagahime | 2014-01-04 22:06 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧