私邸周辺


<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧



南座・三月花形歌舞伎(昼の部)

とある週末に南座に行ってきました。
見慣れない演目もあり、よく知ってる演目ありで面白かったです。
幕間に売店などをうろうろすると松緑さんのスイーツ(パフェ的な)があったようですが、個数限定ですでに売り切れ。
その代わりと言っては何ですが、松緑さんの可愛いミニタオルなんぞを買ったりしました。
全体的にグッズも含めて松緑さんが頑張っている印象でした、今回。

松緑スイーツを諦めて、コーヒーなどを扱っている売店によると八つ橋サンドという南座限定らしい甘味を発見。
パンにクランチ状の八つ橋が入った生クリームと生八つ橋とあんこが挟まっていました。
南座あれこれ[画像]
あと、買わなかったのですが噂の歌舞伎フェイスパックも売ってましたよ。

そういう周辺も充実しつつ、感想本編。演目と配役なんかはこの辺

一、吹雪峠
亀三郎さんに松也さん、そして梅枝さんとフレッシュな配役でお送りするドロドロ。
松也さんと梅枝さんが助蔵とおえんという略奪駆け落ちカップルなのですが、おえんの元夫かつ助蔵の兄貴分の直吉に会いたくない(そりゃそうだ)
明るく人通りの多い場所に出ると、人の顔がみんな直吉に見えるばっかりに人のいないシーズンを狙ってお参りに行って夜中に移動したら吹雪に巻き込まれて小屋にようやくたどり着いた……と、ここまでの状況説明がうまく台詞で出ます。
おえんは病み上がり(といいつつ、吹雪でぶり返してるっぽい)の助蔵をかいがいしく世話していますが、直吉の事を忘れていないから自分を大事にしてくれるなら、直吉の事は一生ずっと忘れないでいてほしいとか、直吉を裏切ってる事で繋がってるような雰囲気もあり。
そんな中、小屋の扉が激しく叩かれ同じく吹雪に困った旅人が助けを求めてきた様子。
自分も迷ってきた身なので入ってくださいと中に入れ、囲炉裏に当たっていると顔がよく見えて旅人は会いたくなかった直吉その人と明らかになります。
小屋全体をフルに使って何とか逃げようとする助蔵とおえんですが、直吉は愛しい女だから好きな男のところにいさせてやるみたいなカッコイイ事を言って許します。
許されたとほっとしたのか助蔵が咳き込んで、おえんが口移しで薬を飲ませたりしていると直吉がイライラしてカッコ付けて自分をごまかしていたけど目の前で堂々とされると腹が立つから出て行け!とお怒りに。
しかし外は吹雪、とてもではないけど体調不調では出られません。
すると直吉が刀を抜きます、途端に助蔵が「兄貴にオレは斬れねえよ、そもそもあの女が誘ってきたのが悪い」とか「お前がしつこいからほだされたけど、私はあんたの女房だよ」と言い出すおえんとかさっきまでの中睦まじい様子が嘘のように罵り始めます。
まあしかし、駆け落ち前の仲をアピールしてもそれを裏切ったんだから“お前が言うな”だよなーと思っていると、笑い出す直吉。
二人を生かしておいて、「愛より命を大事にな」と言い残して笑い声とともに吹雪の中を去って行きました。
直吉はカッコつけて許す場面から脅し、そして最後の笑いまで亀三郎さんの良い声が南座に響いていて台詞には声も大事だなと思いました。
それにしても、残された助蔵とおえんはこの後どんな感じで生きていったんでしょうねえ。

二、素襖落
さっきとは打って変わって狂言から題材を取った喜劇です。
松緑さんの太郎冠者が動きのメリハリが良くて面白い場面はより面白く、那須与一の物語は迫力があって姫御寮から素襖をもらえるのも納得。
クレクレ様らしき大名に素襖を取られないようにと思っていたら、酔っていて本人の目の前で落として取り合いになる様も愛嬌がありました。

三、与情浮名横櫛
演目と出演者だけ聞いた時は菊之助さんがお富かと思いましたが、お富は梅枝さんで菊之助さんが与三郎でした。
今回は台詞がよく聞こえたのですが、お富のイイ女っぷりとか与三郎がイケメンな事など周りの台詞でさらっと説明していたり、後半で番頭さんに旦那が自分に手を出さないばかりか良い縁談がないか探してると話して普通の囲い者でない話をすでに出していたり丁寧な話だと実感しました。
前半の観客サービスというと木更津案内で客席を歩く場面ですが、三階席なのでここは「下は楽しそうだなあ」と暖かく見守る。
花道に戻ったところで酔っ払いに絡まれるのですが、ここまで案内してきた金五郎の松緑さんが酒を断る時に「前の幕で飲みすぎまして」と素襖落のネタが(笑)
さらに与三郎に酒を勧められて「いえいえこの男は昨日、祇園で飲みすぎまして」と何をバラしているんだ発言も(笑)
そして出会うお富と与三郎、「知ってるよ!」とごまかしきれないいかにもボンボン的なボンボンの与三郎と、「いい…景色だねえ」とはぐらかすおねえさまなお富の対比が出てました。

後半もグレてもグレきれない与三郎と汚い蝙蝠安(そういう役なので、團蔵さんは良かったのです)の対比とか、本当の事を言いたいけど自分も事態がわかっていないので説明が出来ないお富のまどろっこしさからの大団円の展開もスムーズでした。
しかし、最近のこの演目は「生涯おめえを離さねえよ」で終ると思ったら「ちょうどここに酒がある」と仲良く飲みながら終りってちょっと珍しいのでは?
妙にほのぼのしてました。

三階席なので舞台は遠かったですが、声の良さとか台詞とか舞踊のダイナミックさとかがわかってこれはこれで面白かったです。

演劇
[PR]
by iwanagahime | 2014-03-29 23:17 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTTワンマンライブ in Potato Kid「Birhday CountDown 1!」

3/16はCUTT氏の誕生日前日!という事で本人曰く「祝われたい感満載」のバースデーライブに行ってきました。
この日はファン側も気合いが入っていて、CUTT氏に見つからないように準備に行った隙を見てケーキを運んだり飾り付けをしたり、こちらも「祝いたい感満載」でした。

そんな中で「Happy Birthday to me~♪」と歌いながら顔を出したCUTT氏は、知らない間に出来ている飾り付けに驚きつつ、XファンらしくWorld AnthemのSEで登場し(しかもWorld AnthemからHappy Birthdayに流れるSE、自作なんでしょうねえ)おもむろにFour Letter wordsを歌い上げました。
カッコよく歌って盛り上げたかと思えば、またHappy Birthday to me~♪Happy Birthday Dear オレ~♪Happy Birthday to me~♪と自分で祝っていました(笑)

自分で自分を祝いながらも、もちろんファンを楽しませてくれたりファンの飾り付けにリアクションしてくれるのが嬉しかったです。
ギターから鍵盤に移る時に初めてマイクスタンドに飾りつけがある事に気が付いて「うおっ!こんな所も飾ってある!スティーブン・タイラーみたいや!」とエアロスミスの曲をワンフレーズかと思ったら、しっかりワンコーラス歌っていたりノリノリなCUTT氏。
(ちなみに、こういう手元の事に気が付かない「灯台下暗し」な現象が多い自身の事を「灯台下暗さー」と言っていました。ちょっと使いたくなってしまいます、灯台下暗さー)

もちろん鍵盤の曲もカバーありCUTT曲の拭けばきれいにありとウルッと来る雰囲気で、聞かせてくれました。

この日は新曲も、という事だったのですが、大阪の前の横浜で新曲を何も言わずに披露した時は自然な流れすぎてリアクションが芳しくなかったので、曲の題材やどんなイメージを軽く紹介してからでした(笑)
横浜でさらっと流されてしまったのは、よくなかったからじゃなくて他の曲からの流れが自然で馴染みすぎたからだと思いました。

新曲あり久しぶりな曲あり、もちろんCUTT氏のライブらしく“バースデイ”あり。

そんな熱唱するCUTT氏にみんなでサプライズでケーキを囲んでお祝いしたり。
祝われるCUTT氏[画像]

祝われながらもポーズを決めるサービス精神旺盛なCUTT氏。

CUTT氏の歌はもちろん、ファンのCUTT愛も感じてとてもHappyなBirthdayライブでした。
これからもCUTT氏を応援します、くれぐれも体には気を付けて。
[PR]
by iwanagahime | 2014-03-22 21:26 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


あれから3年

津波の被害は建物の破壊だけでなく、海水によるものなので畑に塩分が残って復帰が困難になったり、また建物の錆びなど特有のものがありまだまだ暮らしへの影響はあると聞きます。
それなのにそんな実際の被災者は置いといて、自分の主義主張を通すためのデモに被災地を利用している人々って何なのでしょうね。
阪神淡路の時の私は半分が壊れた学校に通いながら「首都圏に同規模の災害が起こったらのシミュレート」に夢中だったテレビがいつしか災害も忘れてサティアンばかりを写すようになっていくのをジト目で見ていましたが、自分の主義主張に被災地を利用している人達ってその時のテレビを思い出します。
たまたま主義主張に近い事案が災害に関連して起こっていたから「災害を忘れていない」ように見えるだけで、もし被災地から離れた場所で別の要因で事故が起きていたら被災地はすっかり忘れて主義主張に夢中だっただろうし、もし災害とそれに関連した事故が関東から離れた場所だったら「関東の近い場所で同じような事故が起きたらのシミュレート」に夢中だったんだろうな、と想像してしまいます。
私の考えすぎでしょうか。
[PR]
by iwanagahime | 2014-03-15 23:22 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)


近鉄アート館『あべの花形文楽』

関西では話題の新スポット、あべのハルカスで近鉄アート館が再始動という事で2/28に『あべの花形文楽』がありました。
以前のアート館を知らないので何とも言えないのですが、その辺は意外なところで明らかに。
個人的には以前に行ったHEP HALL(大阪・梅田のHEP FIVEに入っている劇場)をこじんまりとさせた感じで、演劇だけでなくピアノなどのコンサートにも良さそうなサイズ感でした(と思ったら、本当にそういう公演もあるらしい)

雰囲気は開演前なので暗くて画像が悪いですが、こんな感じでした。
近鉄アート館[画像]

真っ黒な幕が開くと、太夫の豊竹呂勢大夫さん、三味線の鶴澤藤蔵さん、人形遣いの吉田幸助と吉田一輔さんの花形文楽メンバーがずらっと並んでいました!
軽く挨拶があるのかなと思ったら、ガッツリしゃべっていました(笑)
主に呂勢大夫さんがマイクを握っていたのですが、かなりのぶっちゃけトークで
・もう花形どころかガタガタ、だけど他にいいタイトルが浮かばないので何かいいアイディアがあったら教えてほしい。
・近鉄アート館が新しくオープンという事でどんな風に変わったかと思ったら、全く変わっていなかった。
・演目は近鉄沿線ゆかりの演目を選んだりしている、壷坂寺も本当にあるけどイメージが壊れるので行かない方がいい。
・(呂勢さん以外の)他のメンバーは父や祖父が文楽関係で僕は馬の骨だけど、文楽は血筋が関係ないから僕もこうやってマイク握ってしゃべってる。
・一輔くんはおじいさんもお父さんも文楽関係者で、顔を知っているので30過ぎたら髪がなくなると思ったら意外と残っている。
などなど、呂勢さんってこんなキャラだったんだ!というくらいかなり面白かったので、こういう話が面白い人はもっと別の機会にも出るべきと思いました。

しかし、アート館が全く変わっていなかったとは新規の私は知らない情報だったのですが、同じという事は前に行った人は懐かしい空気そのままなのではないでしょうか?

さて、そんな面白い花形文楽の皆さんですが舞台が始まるとさすがで、二人三番叟は二人の人形の性格の違いが面白く、また三味線と太夫の音楽もバシバシ響いていて面白さと芸術性が同時に伝わりました。
そして「壺坂観音霊験記」は登場人物がお里と沢市の二人(一応は観音様も出てくるのですが、一人遣いの人形なのでメインは二人)というシンプルな構成ですが、沢市の疑い→驚き→反省→決意という心の動きや、お里の一途さ、そしてお互いを思いやりした事が悲しい事になってしまう理不尽さからの観音様の救済というメリハリが見事でした。
客席の雰囲気は文楽劇場と違って和風ではないので、開演前はここで文楽ってどうだろう?と思いましたが、いざ舞台が始まるとぐいぐい引き込まれたので全く気にならなくなりました。

後で調べたところによると壷坂寺は確かにこの深山幽谷のイメージで行くと、ちょっとギャップがあるかも知れません。
でも実際の壷坂寺を見ても、この日の「壺坂観音霊験記」のイメージは壊れないと思います。

演劇
[PR]
by iwanagahime | 2014-03-08 22:37 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTTワンマンライブ in Potato Kid「Triple Peace!」

2/22の猫の日、そしてトリプルピースの日にCUTT氏のライブに行きました。
CUTT氏は2月始めにMIDEMというフランスはカンヌで開かれた音楽の見本市的なイベントに参加し、また現地のアイリッシュパブでもライブを行ったという事で最初はそこでやった曲からThe Future is calling meとQuantum Loveを。
Quantum Loveは盗聴少年の歌詞とアレンジを変更したもので、もうすでに新曲感が出てます。
今回のライブではカンヌのライブでも使われた後ろに流す映像が入っていて、ライブの雰囲気をより盛り上げていました。
大画面[画像]
こんな感じで。

さて、前述したようにこの日は猫の日だったのでCUTT氏の曲の中で唯一タイトルに猫が入っている陽だまりの猫を……と言いかけたところで、後ろの席に座っている観客が猫耳のカチューシャをしている理由に気付き
「あー、それでみんな猫の耳なんか!大阪で今そういうの流行ってるんかと思ってた!」と遅れたのはジェットラグのせいにしていました。

そして話はソチオリンピックの事になり
「みんな、ソチオリンピック見てるの?見ておるのか?そちたちは」
とダジャレに走りながら、応援とプレッシャーの難しさかとか今日の誓いという曲に繋がる話をしていました。

今年もCUTT氏は宇宙と平和を応援するCUTTだそうですが、CUTT氏の参加しているバンドやユニットで一番ピースなKISS THE WoRLD007に今年の春のツアーも参加するという事で、CUTT氏はKISS THE WoRLDに提供したひとっ飛びを。
KISS THE WoRLD007も楽しみです!!
この辺りからギタートラブルが気になってきたのですが、休憩中に対処しようという事で第1部最後の曲のTURNは何とピアノでその場でアレンジして演奏していました!
いつものバージョンももちろん好きなのですが、とっさだったにも関わらず素晴らしいアレンジでした。

第2部では再びMIDEMの話に、場所はカンヌであの映画祭の会場と同じという事に後で気が付いたそうです。
映画祭の時には敷かれているレッドカーペットがなく、見てもピンと来なかったそうで。
それでもライブでは日本と同じようなノリで盛り上がり、お話もいくつかあったとか。
これからが楽しみです。

カンヌでは外国という事で既存曲の歌詞を英訳するのにもチャレンジしたという事ですが、光の世界を英訳して少し違う話になったWorld of light、語学的には訳せても伝えきれないので日本語のままで歌った星に願いを、日本語の響きを生かしたBeautiful dreamerと様々な工夫があり面白かったです。
前回のポテキライブでは部分的に英語だったTime Machineも全歌詞が英訳され……ましたが、今回のライブでは日本語バージョンとごっちゃになって「簡単には思い出せない~♪」と替え歌して歌っていました(それでも曲を止めずに歌いきるあたり、CUTT氏のとっさパワーを感じました)

アンコールではhideさんの曲を2曲、ピンクスパイダーのミュージカルは中止になってしまいましたが、中止になっていなければこの日のライブはなかったそうなので(上演されていれば東京公演の期間内でした)こういう事もあるのだなという感じですね。
ミュージカルのタイトルにもなったピンクスパイダーと、Hurry go roundで締めくくりました。

MIDEMで歌った曲たちはCUTT氏のSoundcloudからも聞けますので、是非。
CUTT's Soundcloud
[PR]
by iwanagahime | 2014-03-01 20:08 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧