私邸周辺


<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧



4月文楽公演 通し狂言 菅原伝授手習鑑

菅原伝授手習鑑の通しの上に、住大夫さんの引退公演となったため激戦でしたがキャンセルが出た席に運良く座る事が出来ました。
(どこぞの誰かが言うように文楽が「衰退した芸能」だったら、たとえ人間国宝の引退公演といえどもここまでチケット取るの大変じゃなかったでしょうよと悪態もつきたくなります。あ、あの人が嫌いというと変な期待をかけられそうなので念のために書いておきますが、仏像好きでもあるので仏像泥棒も私の敵です)
そういうのはさておき国立文楽劇場が出来て30周年だそうですが、この公演を観る事が出来た恩は30年かけて文楽に返したいと思う公演でした。

私は舞台の上の人形に目が行くタイプですし、音楽もエエ声のボーカルさんが好きだったりして太夫さんも美声の人がどちらかというと好きなのです。
しかし、住大夫さんは渋い系の声ですが登場人物の心情や場の空気みたいなものが語りからダイレクトに伝わってくる感覚だったので、すごい人はやはりすごいんだなというのが文楽を見始めた頃の最初の印象でした。
行き過ぎた科学は魔法と区別がつかないと言われますが、熟練された芸というのは超能力みたいなものなのでしょう。声を使ってはいても、実際の声以上のものが伝わってくるので。
この引退狂言となった桜丸切腹の段も白太夫以外は若者の桜丸とその妻の八重なので住大夫さんの実際の声とは違う声なのでしょうが、それ以上にその三人の物語がそこにありました。
自分の行動から恩のある菅丞相の左遷の原因を作ってしまい、切腹しようという桜丸。
これから子に先立たれると知りつつ止める理由も無く、ただただ最後は念仏を唱える白太夫。
夫の覚悟を知らず、ただ受け止めるしかない八重の嘆き。
最後の舞台を見守る緊張感の中、その物語がありました。

引退狂言とポスターにもありますし、会場にも引退会見の様子の写真や住大夫さんのコメントなどが掲示してありましたが、舞台ではいつもの黒衣の紹介が住大夫さんの名前が読み上げられた後の収まらない拍手に配慮してか間を長く取った以外はいつものように始まり、いつものように終って行きました。

全体としては、菅原伝授手習鑑は名場面が多く、通常の公演ではその一部だけを上演される事が歌舞伎でも文楽でもよくあります(特に寺子屋、歌舞伎だと車引も)
もちろんその一部だけでも面白いのですが、通しだと菅丞相が高潔すぎて自分が悪い事をするという事を思いつかないのはもちろん、他人に関してもそうだったのか白太夫がとっくに気付いていた時平の「帝になりかわって国を乗っ取る野心」を大宰府で知って激怒し鬼神になるという人物設定や、松王丸・梅王丸・桜丸の三つ子とその父とそれぞれの妻の悲劇などがよりわかりやすく、話としても面白い事がよくわかります。
車引で示される桜丸の切腹の静かな覚悟から実際に切腹するまでの流れも、白太夫の賀の祝を絡めて悲劇的に展開されていきます。

他にも鶏を鳴かせる方法や道真の伯母・賀寿の名推理とか(やっぱり頭のいい一族なんですね)、天拝山の段で前半とは打って変わって火を噴いて頭を振り回す鬼神道真なども見られるので、やはり通しは良いものですね。

住大夫さんは引退ですが、文楽はこれからも続きますので観に行きたいと思いました。

演劇
[PR]
by iwanagahime | 2014-04-26 23:52 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


都をどりに

今年も春の風物詩、都をどりに行ってきました。
用事で日が選べなかったので、見たかった舞妓さんは舞台に出ない日でしたが、三保の松原の天女の伝説や屏風祭や建仁寺の紅葉など京都の季節を織り込んだ踊りは見応えがありました。
また、能に題材を取った班女の場面も親しみやすく、下鴨神社の風景もあり華やかな舞台でした。
当日券が二等席だけだったのですが、芸妓さん舞妓さんのお囃子が見やすい席で可愛いらしい姿をたくさん見られました。
お囃子には杏佳さんもいて、鼓や鉦を叩く姿も美しかったです。

また来年も行きたいと思いました。
[PR]
by iwanagahime | 2014-04-19 21:01 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


きんたくんバル 魚魚

川西能勢口周辺の食べ歩きイベント『きんたくんバル』に行きました、今回で第7回だとか。
高級店のかぐらざかにはすでに行列が出来ていて、何が食べられるのかを行く気はないのに調べると小鉢とおうどんとお寿司だとか。
何となくお寿司が食べたくなって、他のバル参加店でお寿司がないか調べたところアステ川西3Fの魚魚というお店がありました。

飲む人向けはドリンク+5貫のセット、飲まない・食べたい人向けに8貫のセットと2種類。
迷わず8貫のセットを注文。

たこにはタレが塗ってあり、イカも透明感があって魚も新鮮な感じでした。
わさびも程よく効いていて、店内も「お寿司屋さん」という雰囲気がたっぷりで良かったです。

きんたくんバルのチケット価格ではかなりお得でしたが、店内のお品書きを見ると普段も味の割りにリーズナブルな模様。

バル以外でも是非また行きたいと思いました。
あ、ちなみに店名はギョギョではなくさかなさかなだそうです。

にぎり鮨 魚魚
[寿司屋]
能勢電鉄妙見線川西能勢口駅西口 徒歩2分
〒666-0033 兵庫県川西市栄町25-1 アステ川西TEMPO175-318(地図
ぐるなびで にぎり鮨 魚魚 の詳細情報を見る
※2014年4月12日現在の情報です
ぐるなびぐるなび川西のお店情報もチェック!

[PR]
by iwanagahime | 2014-04-12 23:38 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


ダンスマガジン2014年5月号

タイトルどおりダンスマガジンを買いました、玉三郎さんと鼓童の記事があったので。
玉三郎さんの鼓童に対する思いや、逆に鼓童メンバーから見た視点でもインタビューがあり読み応えがありました。
他にも三津五郎さんの舞踊公演の記事もあり、さりげなく歌舞伎ファンにはかなり買いな号でした。


[PR]
by iwanagahime | 2014-04-05 23:23 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧