私邸周辺


<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧



松竹座GOEMON(今井翼さん出演)

初演はシスティーナ歌舞伎として、そして松竹座で再演されたGOEMONが再び大阪に。
しかも、今回はジャニーズアイドルの今井翼さんが出演してよりパワーアップしての上演という事で行ってきました。

セットは前回と同じくメタルフレームですが、天井にもイルミネーション的なのが加わったりより派手な感じに。
ごえもん[画像]

大まかなあらすじ(イスパニアの神父であるカルデロンと明智家の家臣の娘である石田局の間に友市という息子が生まれ、後に五右衛門になる)は同じなのですが、細かい修正点や配役の違いなどがありました。
前回のレポはこちらなので、これをベースにして変更点を中心に書いてみたいと思います。

まず大きな点は五右衛門の父のカルデロン神父が今井翼さんである事ですね、スペシャルゲスト的な立ち位置だからかカルデロン神父の出演する場面が増量していました。
また、松也さんのカルデロン神父はパーマでロングの鬘に髭という出で立ちで西洋絵画の聖人風だったのですが、赤毛でストレートヘア(ややショート)で髭はなくアイドルらしいスッキリとした立ち姿を生かした風貌でした。
今回の出演は前回も出演されていたフラメンコの佐藤浩希さんの縁だそうで(翼さんがフラメンコを習った先生が佐藤さん)、そのためか増量した場面もフラメンコの場面でした。
前回は故郷に帰ったカルデロンが友市の幻(別れた時の幼い友市のまま)とフラメンコを踊る場面でカルデロンの出番は終りだったのですが、今回は五右衛門が阿国にフラメンコを伝授するために踊る時に父上の幻(これがまた別れた時のカルデロンの姿なのが泣けるのですが、年齢が逆転しているので笑ってしまう客席)が現れます。

翼さんはジャニーズアイドルとして若い頃から芸能界で修行している身だからか台詞もわかりやすく、フラメンコという特技を生かした役なので見ごたえがありました。
また、アイドルらしい立ち居振る舞いやスタイルも異国の人という役なので良い方向に作用していました。
前回は何でも神の思し召しと言いすぎて後半だんだんツッコミ所になっていましたが、最初の部分でいくつか削除されていたので改善していました。

五右衛門の母である石田局は上村吉弥さん、前回より重厚な配役なのでこの話で最も歌舞伎的な最期を遂げる石田局の歌舞伎らしさが強調されていました。
吉弥さんはこの後も名古屋山三の役で出演なので、この舞台の歌舞伎らしいパートを担う形でした。

前回は幼い友市で涙を掻っ攫っていた吉太朗くんも成長して加藤虎之助の役に。
まだ変声期の影響か声がしんどそうでしたが、立派なお侍でした。

吉太朗くんがかつて頑張っていた友市はやはり有名な子役だったようで(この日は若山耀人くん)、親子の別れもフラメンコも頑張ってました。

秀吉も恐れる北政所は萬次郎さん、恐ろしさを強調しつつも秀吉が平伏している間にさりげなく翫雀さんの鴈治郎襲名披露興行の宣伝をする良妻でした(笑)

他には石田局の最期で人魂が現れる場面で、霊となった石田局が消えるだけでなく鷹が飛び立つ演出が加えられており、逆に山門の場面で鷹の精となった母上ではなく名古屋山三が登場して(あ、中の人が同じ)堺の港から落ち延びよと言います。
ちなみに愛之助さんは堺市出身です。
母上の鷹は父上からの手紙を運んでくる時(小道具)とラスト(宙乗り、これは前回と同じ)に登場。

五右衛門の愛之助さんと阿国の壱太郎さん、秀吉の翫雀さんは前回に引き続き同じ役ながらより練られていました。
フラメンコの佐藤浩希さんも久しぶりでしたがカッコよかったです、またパンフレットで歌舞伎とフラメンコの共通点について語っていて新たな視点を得た感じでした。

翫雀さんの諸悪の根源っぽさと、奥方に言い訳をしながら尾張の言葉が出るあたりの人間味が一筋縄で行かない人物でよかったです。
壱太郎さんは秀吉の要求を突っぱねたり、鞘当の留め女をしたり立ち回りをしたりする強い女性ですが、舞の美しさや芸事に悩む姿などの柔らかさの二面性が良かったです。
また追っ手を撹乱するために五右衛門のふりをする場面で声を低くして五右衛門ここにありと言うのですが、男のような声を出す女の声に近く、派手な立ち回りの中でそれが女らしさを強調していました。

愛之助さんはまさに主役という貫禄でつづらや山門の五右衛門らしい場面も豪快で、フラメンコを伝授しながら父上の幻を見る時も笑いが起きつつも段々と父上への思いと悲しみが伝わってきます(踊れないと言いながらフラメンコシューズを装着済みなのは相変わらずでしたが)

フラメンコのカント(歌)と大薩摩(三味線)のセッションも進化していました。

最後は前回と同じく母上が変化した鷹に乗ってイスパニアの父上の元へ、前より余裕があるのか限界まで三階席に顔を向ける愛之助さんがサービスたっぷりでした。
カーテンコールもあり、愛之助さんと翼さんに盛大な拍手が起きていました。

歌舞伎としてどうかという意見はあると思いますが、五右衛門テンプレという強みと絶妙な配役もあり受け止めやすいと思うので東京でも上演があるといいですね。
和物とフラメンコなどの哀愁のあるギター音楽の相性の良さは鬼平犯科帳のエンディングで証明済みと思っていましたが、今回はパンフレットで歌舞伎とフラメンコの共通点なども見た後だったのでより深くこのコラボが楽しめました。

演劇
[PR]
by iwanagahime | 2014-10-25 23:31 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTTワンマンライブ in Potato Kid「JWND osaka」

今月もポテキでのCUTTライブに行ってきました、タイトルのJWNDはJourney With No Destination(目的地のない旅)の略だそうで。
目的地のない斬新なライブという事なのか、まずビートルズのHELPをおもむろに歌い上げたかと思うとその流れでFour Letter Wordsに(HELPが4文字だから?)
そして今回はリクエストにガンガン答えていくという事で、最近はバージョン違いが多かった曲のリクエストされたバージョンや数年単位でリクエストされ続けて(そして、スルーして)いた曲をやったりとレア曲満載でした。
また11日の下北沢で行ったCu++ electricライブで演奏された新曲を、そのライブ音源のボーカル抜きにあわせての演奏など新たな試みもありました。
CUTT氏ソロながらelectric的にドラムのJUNさんベースのRUIさんに呼びかけたり、ちょっとドラムやベースを弾くマネをしたりするCUTT氏も面白し。

昔の曲や新曲の制作秘話っぽいトークもありますが、ドラマーのお兄さんのスプラッシュシンバルが気に入らなかった話や新曲の歌詞を作る過程でどうしても出来なくなり(穴埋めでも出来るとはいえ、それはやりたくなかった)もういいや!と(5分アニメのキャラクターの)ぐでたまの如くぐで~っとなっていたら急にもう一人の自分に「こういうのええんちゃう?」とささやきかけられた話など、深刻になってもおかしくない話を軽快にしていました。

カバー曲のリクエストもあり、先日ニューヨークのマジソンスクエアガーデンでのライブを行ったX JAPANの曲も。
XファンのCUTT氏らしく過去に行ったライブの思い出や横浜アリーナの話などを交え、Scarsを妖しい雰囲気はそのままにアコースティックギター弾き語りで。
ここでチューニングを変えたからか、しばらく苦戦しているようでしたがすぐに復帰するCUTT氏。

新曲スランプ気味だそうですが、演奏された曲はそれぞれが色合いが違って良い曲ぞろいでした。

そんな楽しいライブも終りに近づき、曲をその場で決める時に「これか、それか、よし……あ、やっぱり自分の曲にしよ」そこでなぜか「えー」というリアクションを観客がしてしまったので「じゃあ、どっちも」と本人曰く恐れを知らぬマッシュアップでhideさんのHurry go roundとCUTT曲のP.F.Pを。
これが何というか、往復書簡のようでとても泣かせる仕上がりでした。

そんな楽しいCUTTライブ、もっとみんな行きましょう。
情報とチケット予約はこちら↓
Cu++|Tiget
[PR]
by iwanagahime | 2014-10-18 23:57 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


カメラマン目線

最近はインタビュー記事などが出た後、インタビュアーさんがブログなどネットで裏話をしている場面などをよく見ます。
もちろん裏話も記事で書ききれなかった部分などの紹介で、出して良い話だけを節度を持って披露しているので安心して読めるわけですが。

そんな裏話の中で、ある二人にインタビューした人が裏話として取材に立ち会ったカメラマンさんが「あの二人、本当に仲が良いんですね」と言っていたという話がありました。

その二人のファンの人は(過去の経緯などもあり)今はもう誤解なども解けて二人が本当に仲が良いという事を喜んでいましたが、私はカメラマンさんというのは職業柄『仲が良いふりをしている人々』を何人も見ていそうだなと思いました。
他の取材でカメラを向けられた時だけ仲が良いふりをして、後はそっぽを向いているような人々を何人も見てきたからこその「本当に仲が良いんですね」という一言だったのでしょう。

仲が良いという事は素晴らしい事です。
だから装う人も多いですが、本当に仲が良い人の方が強い事でしょう。
[PR]
by iwanagahime | 2014-10-11 22:35 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


ちょっとだけ横浜観光

横浜[画像]
用があって横浜に行ったので、ついでに観光してきました。
短い時間でしたが、シーバスというバス的に気軽に乗れる船があって横浜駅からすぐ乗れるので、それを使えば氷川丸や赤レンガ倉庫といった場所を効率よく回れました。
シーバスそのものも普段の生活であまり船に乗る機会がないので楽しかったですし、一日乗船券を使えば1000円で何度も乗れるのでおすすめです。
氷川丸は全体の勇壮さや歴史、そして豪邸のような内装が見ごたえがあり、赤レンガ倉庫はレトロな建物とショッピングが楽しめて、内部にあるフードコートも横浜らしく崎陽軒など名物が食べられる場所もあり行ってよかったです。
サンマーメンは野菜のうまみが美味しく、シウマイも安定の美味しさでした。
[PR]
by iwanagahime | 2014-10-04 22:30 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧