私邸周辺


<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧



わかりやすい!文楽の入門教室

池田市立くれは音楽堂で行われた文楽入門教室に行きました、鑑賞教室的な公演では解説と体験→実演という流れが多いのですが、今回はいきなり実演があって驚いたのですがこれが面白い構成でした。

文楽入門教室[画像]
伊達娘恋緋鹿子の火の見櫓の段を実演した後、蓑二郎さんによる人形の解説。
主遣い・左遣い・足遣いの分業や、人形の構造。
肩の部分は乾燥したへちまを薄く切ったものを重ねており、その量で体格の差を出すとか。
客席から手を挙げてもらって人形遣いの体験者を募集、小学校の一部である音楽堂だからかやはり小学生ぐらいの子どもが多かったですね。

続いて浄瑠璃の解説と体験、まずは三輪大夫さんによる太夫の解説。
文楽の太夫は演じるのではなく語る、台詞の部分も演じるのではなく登場人物の心や状況を語るのだという言葉が印象的でした。
ここでも体験者を募集、後で火の見櫓の段を他の体験者とともに際に「嵐に凍て、雪は凍りて踏み滑る」の「踏み滑る」の部分だけを体験者が語るそうで。
選ばれた小学生の子に、「おっちゃんが合図するから」と話しかける三輪大夫さんが微笑ましかったです。

そして三味線、文楽の三味線の構造や持ち方などの説明とお七が櫓を上っている時の曲に演奏されていたメリヤスについて。
舞台進行に合わせて布のメリヤスのように伸び縮み出来るので、この名で呼ばれるようになったとか。
櫓上りだけでなく木登りや戦いの場面など、色々な場面のメリヤスを実演していました。

他にも舞台の様々な役割の体験者が揃い、最後は人形遣いだけは本職の人形遣いが行って後は体験者を交えての火の見櫓の段。
ここでは最初と違って櫓を90度回転させ、さらに観客に見える側を開けて櫓の中が見える状態での実演です。
舞台には様々な役割があり、櫓の中ではかなり窮屈な体勢で人形を遣っているという事がわかりました。

初の企画だそうで、ちょっと舞台進行がもたつく部分もありましたが全体としては良い企画でした。
またやってほしいです。
[PR]
by iwanagahime | 2014-11-29 23:03 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


11月文楽公演

国立文楽劇場、11月文楽公演の双蝶々曲輪日記を観ました。

11月文楽公演[画像]

引窓で有名なお芝居ですが、全体を観ると濡髪長五郎が罪を犯してしまうまでの義理やしがらみのどうしようもなさや、そんな長五郎が罪を犯してまで遊女吾妻の身受けの手伝いをした与五郎には妻がいてこっちもごちゃごちゃしているという中に長吉のお姉さんと地域の人達の長吉を思う厳しくも優しい人情なんかが心に訴えかけるものがありますね。
与五郎を若手の咲寿大夫さんという若手の太夫さんがしていて、この人はpixivのアカウントを持っているちょっと変わった方でついそっちに注目してしまいがちなんですが本業の姿はやはりカッコよかったですね。

引窓は咲大夫さんや人形遣いでは蓑助さんが出ていて、言う事のなしの見ごたえがありました。
しかし吾妻のごちゃごちゃっぷりを見た後だと、今は女房お早になっている遊女都のラッキーっぷりが際立ちますね。

逃げて生き延びる事が孝行なのか、手柄を立ててあげるために捕まるのが恩返しになるのか、色々と考えてしまいました。
[PR]
by iwanagahime | 2014-11-22 23:49 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


富姫様

長壁神社[画像]

先週に続き姫路のお話。
姫路城の天守閣といえば(一部の人には)富姫様がいらっしゃる場所なのですが、こちらの長壁神社にも富姫様は祀られています。
普通の商店などが並ぶ一角ですが、姫路のゆかた祭はこちらのお祭だそうです。
姫路城だけでなく、こうした場所にも歴史があるので姫路に行かれた際には是非。
[PR]
by iwanagahime | 2014-11-15 22:42 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


姫路・回転展望台

看板には「くるくる回るレストラン 手柄ポート」と書いてあったので、食べ物カテゴリで。
姫路といえば姫路城という超メジャーな名所がありますが、その姫路駅の南側(お城と反対方向)のバスに乗って文化センター前で降りると手柄山という場所に着きます。
文化センターや水族館、植物園などがあり、アットホームな遊園地もある場所で大阪万博より少し前に姫路大博覧会が行われたとか。
その時代の回転展望台がまだ回っていて、中に入れるというか喫茶店として営業しているとの事で行ってきました。

遠くに姫路城の見えるような景色のいい山を散策していると、突如このレトロフューチャー感が溢れる回転展望台が出現。
回転展望台[画像]
ロサンゼルス国際空港の管制塔とモチーフにしたとか、この展望台のモデルとなった管制塔は役割を終えてレストランに改装するとかなんとか。

エレベーターが入り口になっていて、店の中に直通です。
食事メニューはピラフ・カレー・ミートソース・ナポリタン、デザートはパフェにホットケーキとメニューもレトロ感が。
決してカフェではなく喫茶店という雰囲気で、食品サンプルの前にしろまるひめ(姫路のゆるキャラ)がいないと今の写真ってわかりません。テーブルのメニューにはかんべえくんもいます。
店内に入る前はコーヒーでも飲みながら景色を、と思っていましたがここはクリームソーダですね。
10数分かけて一周すると姫路の風景が一望できます。
現代の風景とレトロさが融合した空気で味わうクリームソーダは(おそらく他所のクリームソーダとものは同じなんでしょうけど)一味違いましたよ。

やはり建物の古さはどこかで感じますが、是非とも保存してこの空気は残しておいて欲しいところ。

手柄ポート
ジャンル:喫茶店
アクセス:山陽電鉄本線手柄駅 徒歩9分
住所:〒670-0971 兵庫県姫路市西延末440(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 姫路×喫茶店・軽食
情報掲載日:2014年11月8日

[PR]
by iwanagahime | 2014-11-08 22:28 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


iTunes

iTunesアイコンが以前のバージョンまでは青い丸に2連8分音符のアイコンだったのですが、新バージョンでは赤い丸に2連8分音符になりました。
青から赤に急に変化したため、危険なサインと捉えて「容量不足?インストールが不完全?」など心配した人が多かったそうです。
そういう話を何度も見聞きしてからのダウンロードだったため、赤いアイコンに変化しても「あー、言われた通り赤くなってる」と思っただけだったので、あらかじめ知っておくというのは大事だと思いました。
しかし、アップルさんもなぜ何も言わずに赤を採用したのやら。
[PR]
by iwanagahime | 2014-11-01 23:01 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧