私邸周辺


<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧



幕見とシネマ歌舞伎

初春の松竹座は幕見で2演目、シネマ歌舞伎も2演目だったのでまとめてで更新します。

まずは鴈治郎襲名の松竹座から、夜の部の『封印切』と『棒しばり』を観ました。
松竹座1月・がんじろはん[画像]
口上姿の鴈治郎さんの大きなパネルなどもあり、襲名ムードを盛り上げています。

『封印切』
忠兵衛は意地と勢いで公金を横領してしまいますが、そこにいたるまでのプロセスが大事ですね。
廓の女将であるおえんは何としてでも梅川と忠兵衛を添わせてやりたいという気持ちがありますが、最初に忠兵衛と梅川をこっそり会わせた時に「若い人はどうしてこうじゃらじゃらじゃらじゃらと」と言いつつ夫と恋人だった頃の思い出を語っているあたり、好きな人と一緒になって幸せだから自分の店にいる遊女も好きな人がいるなら添わせてあげたいという気持ちなのかと思いました。
秀太郎さんは細かいリアクションやちょっとした笑い声など、廓の女将さんはきっとこんな感じだっただろうなという何かがありました。
忠兵衛は梅川が好きなばっかりに、お金もないのにこっそり梅川に会いに来てしまうのでだらしないと言えばだらしないのですが、鴈治郎さんの愛嬌のある姿はだらしないというよりそんなに会いたかったんだなあと思わせました。
梅川は扇雀さん、美しくて優しそうでいて、忠兵衛と運命を共にする覚悟を決めるきっぱりとした雰囲気がよかったです。
仁左衛門さんの八右衛門はイケズなのに妙な愛嬌があって、総すかんの八っつぁんと呼ばれているとおえんに言われた仕返しにお前らにモテなくても金にモテるんだと「金の方から八っつぁ~ん八っつぁ~ん言うて寄って来よんねん!ウヒャヒャヒャヒャ」と言ったり、忠兵衛に本当はお金がないのだろうと言ってあれこれさせる目を背けたくなるような場面も面白く観られました。
しかし、観客は楽しく観ても忠兵衛の実家の父まで引き合いにだしたのがよくなかったのか忠兵衛は公金を謝って封印を切ってしまい、その勢いで横領して梅川の身請けの代金を払ってしまいます。
幸せになれると思ったのに、追われる身になった忠兵衛に添う決心をする梅川。
何も知らずにめでたいめでたいと囃す周囲と、冥土へと向かう二人のコントラストが切ない幕切れでした。

『棒しばり』
大筋は狂言と同じなのですが、歌舞伎では音楽も賑やかなので縛られた状態での踊りに焦点が当てられている感じで、狂言版をストレートプレイとすると歌舞伎版はミュージカルっぽかったです。
あと、歌舞伎版だと大名に曽根松兵衛という名前があります。亀鶴さんがキャラの濃い太郎冠者と次郎冠者に負けずに雰囲気を出してました。
棒術を自慢しようとして縛られる次郎冠者は愛之助さん、次郎冠者をまんまと騙したつもりが自分も縛られてしまう太郎冠者は壱太郎さん。
二人とも身軽なので縛られてから酒蔵を開ける場面、そして縛られた状態での踊りなど見応えがありました。
壽初春大歌舞伎の一日を締めくくる、楽しい踊りでした。

演劇

続いてシネマ歌舞伎『二人藤娘/日本振袖始』
シネマ歌舞伎・二人藤娘[画像]
『二人藤娘』は玉三郎さんと七之助さんという同じ組み合わせで2014の松竹座でもありまして、それは実際の舞台を観る事が出来ましたがこれは歌舞伎座での収録です。
『日本振袖始』は初めて観ます、玉三郎さんと勘九郎さんはもちろん稲田姫の米吉さんが楽しみです。
舞台の映像の前に玉三郎さんのお話がありまして、演目の説明やシネマ歌舞伎についてなど本編をより深く観られるような内容でした。

『二人藤娘』
藤の精が二人で舞うというだけでも華やかなのですが、お酒を注ぎあう場面など男と女の見立てなのかそれとも二人の藤の精の気まぐれなのか妖しい画面が展開します。
すっきりとした七之助さんの姿と、空間を包み込むような玉三郎さんの存在感が美しいです。
間に舞台裏の場面などが入るのですが、藤の精の衣装なのに普通に歩いている姿が舞台と違ってやはり男性に見えて、逆にこの二人の舞台でのすごさというものを感じました。

『日本振袖始』
素盞嗚尊の八岐大蛇退治の話ですが、ここに岩長姫が娶られなかった神話を加えて脚色したのがこの演目です。
岩長姫は自分が娶られなかった悲しみから八岐大蛇に変じ、美しい女を根絶やしにしようと生贄に要求ます。
今年の生贄は稲田姫ですが、素盞嗚尊の助言で一振りの剣を袖に隠しています。
無駄にイケメンな村人の功一さんを先頭に生贄の台に稲田姫を連れてくる村人達、八岐大蛇は男にも女にも化けられるとか酒を好むので毒酒を用意したとか説明していますが恐ろしい風が来て稲田姫を残して去ってしまいます。

さて、そこに岩長姫がおどろおどろしくやってきます。玉三郎さんの姿に化けられるなら別にいいじゃないかと思いますが、過去の出来事からの恨みがあるのでしょうがない。
稲田姫を飲み込もうとしますが酒に気がついて甕にしがみついて飲んでいます。
姿は美しい姫のような姿ですが、それゆえに不気味さが増すというか藤娘のお酒を飲む場面と風情が違いすぎます。

そんな不気味な場面が終わり、稲田姫が飲み込まれてしまったと思った矢先に素盞嗚尊がやってきます。
遅い!と思いますが、いよいよ蛇体の本性を表した八岐大蛇との決戦です。
玉三郎さんプラス7人で8つの頭を表現しています、時には全員で素盞嗚尊に襲い掛かり、また順番にポーズを決めたりと8つの頭を持つ大蛇という独特な動きです。
勘九郎さんの素盞嗚尊はいかにもヒーローという感じで好感が持てます。
戦いの末、恐ろしくも悲しい八岐大蛇は空しく倒されてしまいます。
八岐大蛇の体内から助け出される稲田姫、米吉さんの可愛らしい姫姿が際立ちます。

玉三郎さんも見事でしたが、中村屋兄弟に米吉さんという若手も楽しめるシネマ歌舞伎でした。
[PR]
by iwanagahime | 2015-01-31 14:21 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


大蔵流 茂山狂言 新春川西公演

川西市での公演は10回目となり、もはや恒例行事の感じもある茂山狂言です。
記念すべき10回目という事で、普通ならおめでたい演目というところですが一ひねりして今回は太郎冠者が主役のものだけを集めたとか。

この日は茂山家の新しい本「和伝書」が発売という事で、宗彦・逸平・茂の三人が客席まで売り歩いていました。
「工場から直送!手に取ってください、ちょっと暖かい!」と無茶を言いながら売った成果で、持ってきた分は完売したそうです。
書店にはまだまだありますし、面白かったので是非。

和伝書: 狂言・茂山千五郎家の和らい

茂山千五郎家 / 淡交社



そして本編。

『千鳥』
付けで酒を買ってくるように主人に命じられたものの、支払いが滞っているので酒屋の亭主が酒を売ってくれないという話。
太郎冠者は主人と行った津島祭の様子を語って酒樽を山鉾に見立てて曳いてみたり、何とか酒を持って帰ろうとします。
あきらさんの太郎冠者は酒屋の亭主と親しそうなのですが、酒屋の亭主もいくら親しくても金がない時に限ってウチで買おうとするのでもう無理!みたいになっていて売ってくれそうにないです(七五三さんの無理!という顔が本当に無理そう)
何度も酒樽を千鳥や山鉾に見立ててはドサクサに紛れて酒樽を持っていこうとする太郎冠者と、それに気付く亭主というやり取りが面白いです。
最後は流鏑馬の真似でスピーディに酒樽を持っていきます、太郎冠者のドヤ顔が印象的でした。

『棒縛』
みんな大好き夜の棒、というのはさておき留守番を頼むと太郎冠者と次郎冠者が酒を盗み飲みするので縛って出かけるという話。
次郎冠者が正邦さんで太郎冠者が茂さん。
悪戦苦闘しながら縛られたまま酒を飲み、歌って踊って宴会になってしまうという。
狂言での棒縛は縛られたままのアクロバティックな動きもですが、すっかり上機嫌になってる愛嬌とか帰ってきた主人が杯を覗き込んで映っている顔を見てもいつまでもリアル主と気付かずに「きっと酒が気になって執念が表れたのじゃ!」とか言ってる暢気さが面白いですね。

『空腕』
日頃は腕自慢の太郎冠者、でも実は弱くて臆病者という意味で空腕。
腕自慢だから断れずに待ち伏せが出るという状況で遠くへのお使いを引き受けて、しかも主の大事な太刀まで借りています。
童司さんの太郎冠者は日頃の腕自慢が伺える感じで、だからこそ何もない空間に命乞いをしてる姿が面白いです。
不安になって見に来た主が太刀を回収した後、もうあの世にいるものだと思って嘆き悲しんだり、生きてると気付いて主の元に戻った後、太刀を盗られた話を盛りに盛りまくった武勇伝で話す時に矢という言葉が思い浮かばず飛び金と言ってる武勇の内容のあやふやさとか最高です。

『呼声』
無断で旅に出た太郎冠者がこっそり帰宅していると知った主が、次郎冠者を連れて太郎冠者の様子を見に来る話。
主はあきらさん、太郎冠者が宗彦さんで次郎冠者が逸平さん。
太郎冠者が主が来たと察して居留守を使い、何とか引っ張り出そうとする次郎冠者と主ですが、最初は普通に太郎冠者はいるかとか言うのが声色を使って居留守を使えば主たちも声色を使って呼び出したりと割とノリのいい主従。
さらに平安節、小歌節とエスカレート。太郎冠者なんて「今度は小歌節か、難しくなってきた」とか当初の居留守という目的からそれてる感が面白い。
最後はみんなで踊って居留守がばれるという、何とも大らかな狂言らしい演目でした。

一口に太郎冠者が主役と言っても、色々な太郎冠者がいて面白かったです。

演劇
[PR]
by iwanagahime | 2015-01-24 22:50 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


20年目

今日も空は青い[画像]
家は大した被害には遭わなかったのですが、入った高校が3年間仮設で卒業間際に新校舎になったり隣町の妙に綺麗な町並みが複雑だったり色々ありました。
これからも色々なものが新しくなったり、変わってしまったり、変わらずにいたり、相変わらずだったり色々あるのでしょう。
少しでも良い方向である事を祈る1月17日、そんな日の空の画像でした。
[PR]
by iwanagahime | 2015-01-17 22:38 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTTワンマンライブ in Potato Kid「Right After Xmas!」

話をちょっと去年に戻して、2014のライブ納めはCUTT氏のポテキライブでした。
この日はクリスマス“逆イブ”ライブという事で、CUTT氏いわく「イブイブがありなら逆イブの方が日にち的には近い」という事で少し遅いクリスマスライブだったのでした。
ちなみに逆イブという概念が定着した暁には、WikiなどにCUTT氏が提唱したという事を記載してほしいそうです。

ところでこの日のライブではギターがいつものエレアコではなく、木目のエレキギターを持っていたので「?」と思っていたら大変な事があったそうで。
前日のクリスマスは名古屋でライブだったのですが、調子よく新幹線で名古屋から大阪に移動して新大阪駅に到着し、愛について考えていると背中にいつも背負っているはずのものがない!時すでに遅くギターは広島に向かった後(博多行きでなくて良かったとCUTT氏は語る)
いつものエレアコを追うのは無理なので、いつも大阪ライブを手伝ってもらっているShin-Gくんに貸して貰おうと電話をかけたましたがすでに家は出発した後。
さてどうしようかと思っていたら、何とShin-Gくんはギターをメンテナンスに出していたのでそれを取りに行ってからライブの会場に行こうとしていたという事が発覚。
Shin-Gくんは「でも僕のギター、エレキですよ?」と言ったそうですが、CUTT氏は「弦が6本ついていたらいい、何なら5本でもいい!」と言って貸してもらったそうです。
まさにMiracle。

ライブはクリスマスソングもありーの、クリスマスはヨシュアくんの誕生日(前の日、クリスマスらしい漫画を読もうと聖☆兄を読んでいたらしい)という事でBirthdayありーの。
リクエストにもたくさん応えていて、陽だまりの猫や年末に聞くと染み入るP.F.Pもありましたねえ。
そしてCUTT氏もINAさんに頼まれて参加したhideさんの「幻の新曲」子ギャルもアコギでカバーしたりして、逆イブそして一年の締めくくりにふさわしい盛り上がりでした。
ラストはThe Future Calling Meで未来が、2015年が呼んでるという展開でした。

2013のスタンプカードの引き換えもあり、色々あった2014を締めくくり良い2015が迎えられそうなライブでした。
スタンプカードの賞品[画像]
[PR]
by iwanagahime | 2015-01-10 00:03 | おんがく | Trackback | Comments(0)


2015になりました

今年もよろしくお願いします。
新年から関西でも雪が降っていたり何かと珍しげな今日この頃ですね、色々ありますが今年も色々な事を書けたらいいなと思っています。

雪[画像]
[PR]
by iwanagahime | 2015-01-03 22:32 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧