私邸周辺


<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧



CUTTワンマン 大阪POTATO KID「LAST not LEAST osaka」

CUTT氏バースデー and アコースティックベストExtra LAST not LEASTリリースライブに行きました!
今回リリースされた「Last not LEAST」はこれまで3枚リリースされたアコースティックベストのExtraという事で、これまでのテーマ別のアルバムと違い色々なテーマの曲が入っています。
しかし、Last not LEASTというだけあって寄せ集め感ではなく盛りだくさん感があって、今回のライブもまたその新しいベストアルバムのように盛りだくさんでしたね。
(not LEASTについてはその通りなんですが、Lastについてはラストと言いつつExstraのExtra出たりして~みたいに言ってましたが、それは冗談という事で)
Last not LEASTの一曲目であり、またバースデーライブ的な始まりの曲でもある新しい一日も幕開け感があってよかったです。

また過去のアコースティックベストからの曲もあり、逆にカバー曲がなかったあたりに最近のCUTT氏の楽曲の充実っぷりを伺わせました(カバー曲はそのライブの流れのファンサービスもあるので、あったからといって充実していないとかそういう事ではないですし、過去のバンド・ユニットの曲のセルフカバーも広義のカバーといえばカバーなのですが再アレンジしているという事で)
そして、来月リリースのアルバムに向けてアンケートもありました。
曲は出来上がって、収録曲もほぼ決まっているそうなのですが、曲の順序を曲調重視で行くか歌詞の世界観重視で行くか迷っているそうで。
そのどちらにするかという案がA案B案ではなく甲案乙案だったり、ライブの締めも一本締めだったり微妙に和風な一面も見え隠れ。
前回のライブで収録予定といっていたAABBCCは当落線上だとか、どうなるのやら?!

とにかく「居心地がいいよね~、地球!」というぐらい乗っているCUTT氏なので、今後の活動も楽しみです。

ファンからのケーキのプレゼントもあり、CUTT愛に溢れたライブでした。

バースデイ[画像]

CUTT氏が自分が好きなバンドなどのアルバムのライナーノーツやインタビューを読むのが好きなので、「聞かれなくても書く」セルフライナーノーツも読めるLast not LEASTや今後のライブ情報の詳細はCUTT official websiteで!
[PR]
by iwanagahime | 2015-03-28 00:53 | おんがく | Trackback | Comments(0)


御多福珈琲

御多福珈琲[画像]
住所的には京都府 京都市下京区寺町四条下ル貞安前之町609とデータがあるのですが、いざ人に説明しようとすると角を曲がったところにある階段で地下に降りるという過程があるせいで不思議な場所にあるイメージ。
美味しいコーヒーと、終演後に軽くお茶して帰るのにいいサイズのケーキ。
[PR]
by iwanagahime | 2015-03-21 23:56 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


三月花形歌舞伎 南座・午後の部

午後の部に行ってきました、南座の売店では公演ごとに限定でスイーツを販売している事があるのですが、また「松也さんの好きな生クリームたっぷりの松ちゃんパフェ」とかいう謎スイーツを売ってました。
微妙に抹茶パフェと語感が似ているのが何とも。
南座あれこれ[画像]
メインの7人のうち、松也さんが一番年長というぐらいのガチ若手の公演ですが、定番の弁天小僧と珍しい闇梅百物語と楽しめて若手ならではの勢いも感じられて楽しかったです。

一、弁天娘女男白浪
おなじみの浜松屋と稲瀬川、松也さんは最近のワイドショーやCMで見る姿は「こんな顔だっけ?」と思うこともありましたが、舞台で観る姿は前に観た松也さんの成長した姿だったので一安心。
武家の娘に化けた姿と弁天小僧の正体を見せてからのバランスも良かったですが、声がちょっと調子がよくなさそうで心配でした。
声といえば、歌昇くんの日本駄右衛門はナイス低音でした。
稲瀬川勢揃いは若手の華やかさ全開!という空気で、ベテランの見応えとは違った賑やかさでした。


二、闇梅百物語
妖怪ゾロゾロな演目、予想はしていましたが台詞に妖怪ウォッチが出てきた時はやっぱり笑ってしまいました。
大名の屋敷で百物語をする事になり、百本目の蝋燭を消すはめになった小姓白梅の不幸を腰元たちが話しているのですが、自分は消さなくていいからと高見の見物モード。
そんな中、右近くん演じる小姓白梅が鏡獅子の弥生よろしく嫌がりながら広間に連れて来られます。
ところで右近くんってこんなに綺麗だっけ?と久しぶりに見て思ってしまいました、素顔は普通に右近くんなのに舞台で観たら美人になってました。
蝋燭を消すとともに白梅は気を失ってしまい、見物モードだった他の人達も様子を見に来るとのっぺらぼう!ギャー!という所で場面は源兵衛堀の場に。
隼人くんと歌昇くんの河童と狸というイケメンの無駄遣いですが、そこにDCカー…じゃなかった巳之助くんの傘一本足がやって来ます。
傘一本足を行事に河童と狸が相撲を取ったり、楽しい妖怪運動会みたいな感じですが一本足での軽快な踊りや宙吊りも使ったアクロバティックな面白さに釘付けです。
右近くんと米吉くんの雪女郎と新造は美人と可愛い子で何ともファンタジック、眼福でした。
種之助くんの軽快な骨は蛍光塗料?で浮かび上がる骨だけでは誰かわかりませんが、誰かわからなくても垢抜けたくて磨きすぎて骨になってしまった悲哀とおかしさはわかりました。
最後の庭中花盛りの場ではこれまで骸骨や河童や狸だった面々も綺麗な顔で出て来ます、そしてそれ以上に種之助くんの読売実は狐が好印象。
親孝行な狐が宝を取り戻して幕、若手メンバーだからこその勢いや今後あの役をこの人で観たいと思う期待感も持てる良い舞台でした。
[PR]
by iwanagahime | 2015-03-14 23:52 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


CUTTワンマンライブ in Potato Kid「How's it going? 2015」

もう先月の話になってしまいますが、CUTT氏の今年初の大阪ライブに行ってきました。
NSFFAリマスター版[画像]

なぜかCUTT氏の写真入りじゃがりこを受け取った後、大阪での新しい年の始まりのライブという事で長ーいオープニングから新しい一日という曲でスタート。
またこの日のライブは今年初というだけでなく、CUTT史上初?となる3ヶ月連続リリースのスタートとなるNot So Far From Anywhere (2015 remastered edition)の発売直後のライブでもあったので、Die Is Cast?や嫌い/じゃない/世界などの収録曲も多くありました。
Not So Far From Anywhere(以下NSFFA)はCUTT氏がバンドやユニットでの活動を経てソロとして活動して初のアルバムなのですが、生産した分が全て売れたので再生産するよりリマスターして出そうという事になり、またリマスターしても聞いている環境などでどこが変わったか伝わりにくい事もあるだろうと明確な違いが出したいという事でCDとしては入手が困難となっているThermalのシングルバージョンも収録されています。

Not So Far From Anywhere (2015 remastered edition)

CUTT / SOUNDSCAPE / benchmark



今後のリリースされるアルバムに収録予定の曲もあったので、全体的に曲の解説や収録アルバムの紹介なども多かったのですが、CUTT氏のトークは軽快なのでその解説を聞いているのも楽しいです。

3ヶ月連続リリースの締めくくりとなるニューアルバムに収録予定の曲の中で、とりわけ変わったエピソードを持つ曲がAABBBBCCで、この曲はCUTT氏がshameというバンドで出てすぐの頃に実家で寝ていると大好きなバンドの一つであるB-Tさんが(念のため伏せています)音楽番組に出て新曲を歌っているという夢を見て、起きて「あー、新曲カッコよかったなあ」と思って冷静になると実際にはその曲はこの世界に存在していないという事に気が付いたものの、夢で見たB-Tさんの印象が強すぎたのか、また歌詞がAABBBBCCという、真面目にやれと言われそうな部分もあったため封印されていたのですが、今度のリリースに当たって夢に出てきた歌詞のままリリースして成仏させてやろうという事になったそうです。
(夢に出てきた状態ですでにAメロ・Bメロ・サビまで出来上がっていたとか)
この曲がもう説明からは想像も付かないカッコよさで、トークの時は笑いが起きていたAABBBBCCの歌詞もメロディに乗るとこれしかないという感じで、この曲はこのまま出てくるために夢に出てきたのだと思いました。

アンコールはTime Machineで締めくくるかと思ったら、ダブルアンコールでhere.で締めくくるという充実したライブでした。
オフィシャルサイトもリニューアルして、アコースティックベストとニューアルバムのリリースも控えているCUTT氏から今年も目が離せません!
[PR]
by iwanagahime | 2015-03-07 23:45 | おんがく | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧