私邸周辺


<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧



CUTTワンマン 大阪POTATO KID 2015ラストワンマン「Thank you 2015!」

Thank you 2015![画像]
去年のライブ納めの話になりますが、12/27のCUTT氏のポテキライブに行きました。
2015はCUTT氏にとって、3ヶ月連続リリースに始まり憧れのボーカリストToshlさんとの夢の共演に兄の落語家転身と激動の一年だったそうです。
私もファンの端くれとしてそんなCUTT氏を見ていた2015でしたが、その色々な事のあった一年の締めくくりにふさわしいライブでした。
今年リリースしたアルバムの曲だけでなく、Toshlさんのライブでリハーサルで聞いていて感動したToshlさんのソロ曲「雨音」のカバー、そしてCUTT氏の新曲である「SQUARE ONE」とこれまでとこれからを感じさせる、2016が楽しみになるライブでした。

CUTT氏の兄上は各方面の記事ではあの伝説の落語家のご長男としての取り上げられ方をする事が多いのですが、私たちにとっては「CUTTさんのお兄さん」であり、バンド時代からのファンにとっては「ドラムのアニキさん」なので、一ファンとして兄弟に良い未来が訪れる事を願っています。
[PR]
by iwanagahime | 2016-01-30 23:24 | おんがく | Trackback | Comments(0)


松竹座初春大歌舞伎(幕見)枕獅子

枕獅子[画像]
松竹座の初春大歌舞伎は諸事情により枕獅子だけの幕見でしたが、扇雀さんは遊女姿での華麗な舞いも艶やかで、季節の風情や心の移り変わりの雰囲気もあり、また後半の獅子は勇壮で迫力がありました。
清涼山の石橋の風景も豪華でお正月らしい華やかさがある一幕でした。
[PR]
by iwanagahime | 2016-01-23 23:37 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


初春文楽公演 国性爺合戦

文楽公演[画像]

文楽の国性爺合戦を観ました、明国を舞台に和藤内(鄭成功)が活躍するという文楽では異色の物語ですね。
歌舞伎でも演じられます。
明ではあるのですが、どちらかというと「昔の日本人が頑張って想像した中華風」な舞台で(料理も想像なので、牛のかまぼことか台詞に出てきます)悲しい場面も多いのですがとにかく煌びやか。
そんな煌びやかな中華風セットのなかで和藤内の日本人母が一人、文楽のお婆さん衣装の中でも特に地味な格好で出ているので印象に残ります。
和藤内の父である老一官が大陸に残してきた娘の夫である甘輝に協力を頼むため交渉にあたるのですが、甘輝は「自分も明国の旧臣なので明を取り戻す手伝いをしたいが、妻の親類だから手を貸したと思われては顔が立たない」と言われ娘を斬ろうとします。
しかし、息子と自分の夫のために義理の娘を犠牲にしたとあれば義理の母である自分だけでなく日本の恥になると娘を守るという場面では国によって顔の立て方が違うために交渉が難航という今の時代も通じそうな緊迫感がありました。

結局は娘の自己犠牲と、それを見届けた母の犠牲で明の建て直しの第一歩として鄭成功と甘輝の協力が成立するのですが、日本風の地味な老女である母と中華風の華やかな娘の見た目は対照的な二人が同じ目的のために誇り高い自己犠牲をするというのが印象的でした。
[PR]
by iwanagahime | 2016-01-16 23:17 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


茂山狂言 新春川西公演

文楽公演[画像]

川西のお正月の定番となっている茂山狂言を観にいきました、今年は申年という事で猿が登場する猿聟から始まりましたが、次の盆山も猿の真似が出てきたり微妙に猿要素がありました。
そして最後の二人袴は猿聟と同じ聟入り(中世の行事で、結婚後に夫が妻の実家に挨拶に行くもの)を題材にした狂言なので内容に笑いながら猿聟の猿語の内容を類推出来るという二度美味しいプログラムでした。
猿聟は嵐山の猿と吉野山の猿の夫婦という事で、自己紹介と謡の部分以外は全て「きゃあきゃあきゃあ、きゃきゃきゃ」と猿語です。
ご挨拶や酒を勧める様子など、人間のような仕草で全て台詞が猿語なので謡や舞とのギャップがすごかったです。
それを見た後だと二人袴の夫は妻の実家に行くのを嫌がって兄に付き添いを頼んだり、駄目っぷりがすごいです。
駄目っぷりの見せ方が丁寧で、台詞の一つ一つに駄目要素が入っていて笑います。
猿の夫の方がちゃんとしています。

盆山もフルで猿語の猿聟の後だと、盗みに入ったのをごまかすために猿の真似をする「きゃあきゃあきゃあ」がより笑えますし、普通に見ても面白い狂言がさらに面白くなる組み合わせで本当に楽しい一日でした。
[PR]
by iwanagahime | 2016-01-09 23:29 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


2016ですね

去年はあちこちに出没しましたが、今年もあれやこれやと盛りだくさんに出来ればと思っています。
今年もよろしくお願いします。
というような事を書こうと去年の初更新を見たら、雪が降っていたんですね。
今年は雪もなく晴れています、晴れやかに行きましょう。
[PR]
by iwanagahime | 2016-01-02 23:15 | 自分周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧