私邸周辺


タグ:京都 ( 47 ) タグの人気記事



琳派 京を彩る

京都国立博物館[画像]
世間のハロウィンをスルーして(といいつつ、途中で立ち寄ったお店の「今月の和菓子」はジャック・オ・ランタンの形でした)京都国立博物館で開かれている、琳派400年記念の『琳派 京を彩る』に行きました。
琳派というのは他の流派のように直接の師弟関係ではなく、自分で選び取って先の絵師の絵を模写したりしてなるものだそうで(コピバンとかカバーでスタートしてオリジナル曲を作るようになるミュージシャンみたいな)そのオリジナルと模写を同時に見られるのも今回の展示のみどころでした。
中でも俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一の風神雷神図が揃うのは75年ぶりだそうで、来場者が少ないといわれている時間に行っても40分待ちでした。

その風神雷神図を見た感想を一言で書くと、迫力が一番あるのが俵屋宗達で、画面全体をパッと見た時にカッコいいのが尾形光琳で、小さく印刷しても映えそうなのが酒井抱一でした。
今回は絵画だけでなく、陶芸や刀(某所で人気の骨喰藤四郎でした)とそのデザイン画などもあり、展示の後半で酒井抱一が下絵を書いた螺鈿細工の箱などを見ていて余計に思ったのかも知れませんが、琳派の絵はグッズ映えしそうな絵が多いですね。現在でも取り入れられてるデザインもありますし。

琳派400年記念で京都国立博物館のキャラクター「トラりん」というのが生まれていて、これは今回の展示にもある尾形光琳の竹虎図の虎がモチーフだそうです。
全体的にキャラクター体形になっているものの、顔はほぼ竹虎図そのままというのが琳派のデザイン性を表しているような気がしないでもない。

漠然と何かの箱や柄で見る「模様っぽい紅葉や菊」や「リアルな植物と模様みたいな川の絵」の実物・元ネタに出会えるというのも、日本的デザインの源流を見る感じですね。
遠いようで意外と見た事のある琳派を実感しました、まだ日のあるうちに入って出た時は日が暮れていましたが11/23までなので近くの方は是非。
[PR]
by iwanagahime | 2015-10-31 22:03 | びじゅつ | Trackback | Comments(0)


今年も都をどりへ

都をどり[画像]
今年は紗月さんが芸妓さんになって初めての都をどりという事で、どうしても行きたかったのです。
私が見た日は芸妓さんの姿で舞う紗月さんが見られる日だったので、芸妓さんとしての紗月さんの美しく舞う姿をしっかり観られました。

また、今年は歌舞伎や文楽の公演ではお馴染みのイヤホンガイドが入っていました。
キャラクターのくまどりん(イヤホンガイドのイニシャルであるeとgがクマとトリの形になっている)も舞妓さん仕様に。
四季を描いた舞台の構成も、今年は琳派四百年という事から琳派の絵師の代表的な絵を題材にしている事などがわかりやすく解説されていました。
また、つい「舞妓さん・芸妓さん」という集団として見てしまいがちな彼女達についても配役の紹介で名前があると一人一人にも注目できる感じでさらに都をどりを楽しめました。
[PR]
by iwanagahime | 2015-04-26 23:05 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


御多福珈琲

御多福珈琲[画像]
住所的には京都府 京都市下京区寺町四条下ル貞安前之町609とデータがあるのですが、いざ人に説明しようとすると角を曲がったところにある階段で地下に降りるという過程があるせいで不思議な場所にあるイメージ。
美味しいコーヒーと、終演後に軽くお茶して帰るのにいいサイズのケーキ。
[PR]
by iwanagahime | 2015-03-21 23:56 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


第二回 常磐津都史之会

友人からのお誘いで12/14に行われた常磐津都史さんの会に行きました。
歌舞伎などで常磐津はよく耳にしているはずなのですが、常磐津だけをじっくりと聞くのも面白かったです。
演目は壇浦兜軍記-琴責之段-と道行丸にいの字、壇浦兜軍記はあの阿古屋の場面ですね。
壇浦兜軍記では三種の楽器のそれぞれの特色もあり、また都史さんの三味線もじっくりと聞く事が出来ました。
またパンフレットには詞章も掲載されていたので、詞を追いながら見るというのも歌舞伎鑑賞の時にはなかなか出来ない事なので常磐津そのものの良さが体験できました。
また、道行丸にいの字も坂東流に伝わる娘道成寺の道行の一つだそうで、三津五郎さんのご令嬢である坂東奈央さんの舞踊もありました。

会場も先斗町歌舞練場だからか、会場にはちらほらと舞妓さんや芸妓さんの姿もあり華やかでした。
歌舞伎にはなくてはならないと頭ではわかっている音楽ですが、こういう会でしっかり聴いてみるとよりこの音楽の大切さ・素晴らしさの実感がありました。
[PR]
by iwanagahime | 2014-12-20 22:37 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


清水寺オフィシャルアカウント

私も登録している写真サイトのInstagramですが、京都の清水寺のオフィシャルアカウントがあるという事で見てきました。
中の人ならではの美しい写真満載で見ごたえがあります、コメント等はアカウントがないと出来ませんが見るだけなら出来るのでアカウントのない人も是非!
音羽山 清水寺|Kiyomizu-deraオフィシャルアカウント
[PR]
by iwanagahime | 2014-12-06 22:08 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


都をどりに

今年も春の風物詩、都をどりに行ってきました。
用事で日が選べなかったので、見たかった舞妓さんは舞台に出ない日でしたが、三保の松原の天女の伝説や屏風祭や建仁寺の紅葉など京都の季節を織り込んだ踊りは見応えがありました。
また、能に題材を取った班女の場面も親しみやすく、下鴨神社の風景もあり華やかな舞台でした。
当日券が二等席だけだったのですが、芸妓さん舞妓さんのお囃子が見やすい席で可愛いらしい姿をたくさん見られました。
お囃子には杏佳さんもいて、鼓や鉦を叩く姿も美しかったです。

また来年も行きたいと思いました。
[PR]
by iwanagahime | 2014-04-19 21:01 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


六波羅蜜寺の奉納舞

先週11/16に六波羅蜜寺で坂東玉三郎さんと鼓童の皆さんによる奉納舞があったので、行って来ました。
御本尊の特別開帳に合わせた行事だったので、まずは御本尊の十一面観世音様にお参り、と思ったら長蛇の列。
奉納舞に間に合うのかと心配していると、前の一団が終わり私の順番は奉納舞が終わった後になるので、本堂の目の前で待機という事に。舞台の超近くじゃないですか!
近いのはいいですが、立ったまま1時間待ち。

本堂の関係者席っぽい所に人も揃い、メガネのお坊さんの司会で奉納舞に先立ち住職のご挨拶、何でも今日の奉納舞は朝の5時から並んでいる人がいたとか!
ありがたいお経もあり、厳かに鼓童の藤本さんと石塚さんの奉納演奏が始まりました。
太鼓を叩きながら歌う曲もあり、シンプルで力強い演奏でした。

そしていよいよ奉納舞です、お寺という事でどのような舞になるのかわからなかったのですが、アマテラスの衣装でした!
まずは観音様にお参りし、アマテラス後半の岩戸が開いてからの晴れやかな曲で、鈴や太鼓の撥、そして扇の順番で持ち替えて舞っていました。

松竹座[画像]



近さゆえに柱などで姿が見えにくい時もありましたが、間近で観る玉三郎さんは美そのもので神々しささえ感じました(お寺ですが)
盛大な拍手にも厳かな表情で応えていて、観音様にお参りする姿も真摯でした。

華やかで、かつ奉納らしい厳かさを感じる舞でした。
[PR]
by iwanagahime | 2013-11-23 23:00 | 歌舞伎周辺 | Trackback | Comments(0)


都をどり

先週は歌舞伎鑑賞教室に行った話をしましたが、その中で午前のチケットが売り切れだったので午後のチケットを買ったと書きました。
その午後の開演時間まで何をしていたかというと、何となく祇園を歩いていた私は「都をどり 当日券あります」という貼り紙を目にしました。

[画像][モバイル用]

都をどりと歌舞伎鑑賞教室の時期がかぶっているのは覚えていましたが、当日券があるとは思っていなかったので上演時間を確認し、どうやら間に合いそうという事で一番安い席ですが確保。
都をどりは祇園甲部の「をどり」なので、恋舞妓に出ていた杏佳さんと紗月さんが出ているはず!
パンフレットを確認したところ、この日は杏佳さんが総をどりの中にいて紗月さんが井手玉川蟹満寺の舞妓さんで出る模様。
杏佳さんは芸妓になって初めての都をどりなので、カラーの写真も出ていました。
パンフレットを買ってよかったです!

そんなこんなで、都をどりが始まりました。
今年は『春宴四季巡昔話』と題して、小野小町と深草の少将の物語あり、蟹満寺の由来あり、道成寺あり鶴の恩返しありとストーリー性のある舞踊劇に、春は小野小町ゆかりの随心院の梅と秋は東福寺の紅葉を表した総をどりが華を添える構成で京都の四季と昔話を一度に楽しめました。

芸妓さんと舞妓さんの舞台なので、深草の少将や道成寺の安珍、鶴の恩返しの夫を演じるのも女性なのですが、白塗りの馴染んだお顔だからか無理なく見られました(普段は男しか出ていない舞台を見ている歌舞伎ファンが言うのも何ですが)
お囃子も舞妓さん達なので、鼓の「いよー!」の掛け声も可愛かったり。
それと、安珍を追って蛇体になった清姫が可愛いまま角が生えていて芸妓さん・舞妓さんは可愛くなくてはいけないんだなと妙に感慨深かったり。

蟹満寺では蟹を助けた娘がピンチになった時に蟹が助けてくれたという物語なので、舞台に動く蟹がたくさんあったり面白く、芸妓さん舞妓さんの蟹ポーズの可愛い振り付けがあったり楽しかったです。

そして、鶴の恩返しの切ないラストから華やかな総をどりの流れは見事でした。

杏佳さんは相変わらず舞の時はシリアスな芸妓さんらしいしっとりとした美しさで、紗月さんはテレビで見るように可愛らしかったです。

京都の昼しかいない近隣観光客の私には芸妓さんは舞妓さんより見かける機会が少ないのですが、こうしてをどりを見られるのはいいですね。
[PR]
by iwanagahime | 2013-04-27 20:44 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)


七味

京都のみやげ物の甘味メジャーというと八橋だと思いますが、辛味メジャーだと七味なんじゃないかなと。
最近ではハバネロを使った辛味の強さを売りにしたものもあったり(京都のみやげ物は伝統のイメージもありながら、流行を取り入れるのも早い)

七味も八橋のごとく老舗で伝統があるものから目新しいものまで、色々あります。
そんなにたくさんは試せていませんが、パッと見たり使ったりしてすぐ「いつもの七味と違う!」感があるのは原了郭の黒七味とぢんとらの柚子七味だと思います。

柚子七味はまずその名の通り柚子がパッと香ります、冬にうどんなどにかけると湯気に柚子の香りが入って高級感が出ます。

黒七味はまずルックスが黒という時点で他とは違う感が出てます、辛さより香り重視の雰囲気。
他とは違う黒歴史は見られてはいけませんが、他とは違う黒七味は良い香りです。

原了郭きょうとウエルカム内のページ。
ぢんとらホームページ七味ちゃん(ななみちゃんと読む)がお出迎え、店舗では七味ソフトという勇気の要るソフトクリームも。
[PR]
by iwanagahime | 2012-11-10 19:15 | 食べ物関連 | Trackback | Comments(0)


恋舞妓のランチミーティング

予告どおり、恋舞妓のランチミーティングのレポです。

京料理と恋舞妓のお二人のトークと舞を楽しめるという事で、京都は二条にある京都国際ホテルに行ってきました。
ランチタイムのイベントですが、ホテルの宴会場だけあって料理も本格的。
料理長によるメニューの説明もあり、湯豆腐や炊き合わせ、天ぷらなどベーシックな和食ですがさりげなく芋の素揚げがイチョウの形になっていたりと、細やかな季節感が京都を感じさせました。

さて料理を食べ終わってしばらくすると司会の女性アナウンサーの紹介で杏佳さんと紗月さんが登場!
[画像]

撮影OKと知らなかったので、ちゃんとしたカメラを持っていかなかったのが悔やまれます。
忙しいスケジュールを縫ってのイベントとの事、撮影のエピソードなどもあって(秋の放送なのにセミが鳴いていたなど)可愛いだけでなく面白い恋舞妓。

トークが一段落して舞の準備に……と、収録用のマイクが着物から外れなくて時間がかかっている模様。
無事にマイクも外れ、舞は六段くずしと祇園小唄。
舞妓さんらしい若々しく可憐な舞で、手拭を使った所作も愛らしく「やっぱり舞妓さんなんだなあ」という変な感慨が。

舞が終ったところでお知らせとクイズコーナー、クイズは5問で「花街」の正しい読み方や井上流についての問題を恋舞妓の二人が観客のリアクションも頼りにしつつ回答。
着物の笑顔の素敵なお兄さんを信じて間違ってしまうのもまた可愛い、それ以外の問題は正解で5問中4問が正解でした。

アプリはiPhone・iPod・iPad専用で600円、本人も何を答えたか覚えていないようなクイズに答えてポイントを集め、スペシャル画像をダウンロード出来るとか。
アプリダウンロード

そしてプレゼント抽選会、番組中で紹介したアイテムや会場の京都国際ホテル提供の品をプレゼントに。
残念ながら当たらなかったですが、くじを引く時に効果音を自分で歌う杏佳さんが可愛いのでOK。

楽しい時間は短く、杏佳さんから大切なお知らせが。
10月末に芸妓さんになるという事で番組も卒業とか、芸妓さんになって芸と親父ギャグにさらに磨きをかけるという事で、テレビで姿が見られなくなるのは寂しいですがおめでとうございます!

最後の撮影会では一言ですがお話も出来ました。
主題歌のCDも出口で配布され、番組とお二人のファンにはたまらないイベントでした。
[PR]
by iwanagahime | 2012-10-13 21:00 | 見たもの周辺 | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧