私邸周辺


タグ:野球 ( 19 ) タグの人気記事



某若人

某チームに入るか入らないかとか言ってる若人の話です。
おじさんと仲がいいのは結構ですが、おじさんだって来年は監督かどうかわかりません。
それに、自分の希望するチーム以外でもプロ野球選手は出来ます。
プロ野球選手になりたいのか、あのチームに入りたいだけなのかって事ですね。

それ以前に、一番の問題は「君の力が欲しい!」と希望されたのにブチキレ会見しちゃったことですね。
もし考え方が変わって、やっぱりプロ野球選手になりたい!と自分をほしがってくれたチームに入っても「あの会見がなあ…」というマイナスイメージを引きずってしまう人もいるんじゃないでしょうか。
印象が改まるような爽やか会見でのどんでん返しを、ちょっとだけ期待しています。
[PR]
by iwanagahime | 2011-11-12 23:35 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


どうなんでしょう?

今、プロ野球のセ・リーグが3月25日に開幕するかどうかで色々な意見が飛び交っています。
mixiなどでザッと見た所では、反対の人は節電や被災者の心境を思いやる気持ちから、賛成の人は選手の気分で開幕を遅らせるのは仕事として野球をしている人間としてどうなのか?という意見が多いようです。

どちらの意見も最もですが、3月11日に地震が起こり2週間後ではまだセ・リーグの複数の球団の本拠地である関東・東海のファンが余震の不安が消えていないと思います。

私は阪神大震災で最大震度5の地域でしたが、それでもしばらくは余震に過剰反応していました。
劇場などは大きくても客席数は数千ですが(新橋演舞場は約1500人です)、プロ野球の球場は収容人数が数万人クラスです、たとえ満員でなくても広く出入り口も複雑な場所で余震に反応した観客をスタッフは静められるのでしょうか。

また、首都圏では節電で電車が少なくなったり交通の面の不安から観戦を見送るファンも多いでしょう。

それに、東北地方に球団のあるパ・リーグがすでに4月12日に開幕を順延しています。
セ・リーグが順延を見送るとセ・パ交流戦などで両リーグの交流があるのに、パ・リーグのファンから足並みが揃っていないようなイメージを与えないでしょうか。

完全に落ち着くのを待つ事は現実には不可能ですが、もう少し考えて欲しいです。
[PR]
by iwanagahime | 2011-03-18 16:50 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


「優柔決断」のすすめ

古田さんの本という事でカテゴリ迷いましたが、一応こっちで。
「優柔決断」のすすめ (PHP新書) | 古田敦也

優柔不断ではなく、優柔決断。
野球だけでなく、生活していく上での考え方として役に立つ本です。

しかし、優柔決断という考え方もさる事ながら話の進め方が上手いなと。
自分の経験とそこから結論へ持っていく流れとか、選手生活であった事や他の選手の実例の出し方が絶妙です。

実例を出しても他人の話ばっかりという感じにならず、納得させるあたりに頭脳派キャッチャーの配球の妙を見ました。
色んな意味で面白い本でした。
[PR]
by iwanagahime | 2010-06-26 21:24 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


もうすぐクライマックスシリーズですが

セ・パ両リーグでプレーオフをする事に決まり、そのタイトルが発表された時の様子は鮮明に憶えています。
明らかに苦笑する若手選手、笑いを堪えていたのかうつむく選手。
その次のシーズンからは海外でプレーする事に決まっていた選手は、仲のいい(そして、その次の年も日本で野球を続ける)選手に
「お前、がんばれよ!クライマックスシリーズ(笑)」
と言わんばかりの顔をしていた事。

名前はともかく、盛り上がって欲しいですね!
[PR]
by iwanagahime | 2009-10-09 23:40 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


WBCはまたしも漫画展開だった

第一回などは、メンバー召集の時点ですでにいちいちサブタイを付けたくなるような漫画展開だったが、今回もまたイチローを主人公とした漫画展開だった。
不調あり、国内外からのバッシング(特に例の国からは……)あり、それでも敬意を払ってくれる後輩達の活躍あり。

そしてラストシーンでの大活躍、あの瞬間に「神は実在すると思うか?」というアンケートを取ったら、90%の人が「さっき野球してた」と答えるでしょう。

しかしながら、実際にこれを漫画でやったとすると「イチローの主人公補正がヒドイ」や「展開が強引すぎて共感しきれなかった」などと非難されていたでしょう。
「事実は小説より奇なり」と言われますが、事実はどんな無さそうな事でも起こってしまっているがゆえに創作物ではありえない事も平気でやってしまえるのが強みなんでしょう。
そんな事をより一層感じたWBCでした。

プロ野球もこの盛り上がりにノっていけるといいですね。
[PR]
by iwanagahime | 2009-04-03 21:52 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


に~し~お~か~剛だよっ!

千葉ロッテマリーンズに西岡 剛(にしおか・つよし)選手という外野手がいるのですが
彼の名を見聞きするたびに

西尾 勝義(にしお・かつよし)
という聞いただけだと同じ名前の人を想像してしまいます。

だから何だって話ですが。
[PR]
by iwanagahime | 2009-03-06 18:50 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


他球団ファンですが

他球団のファンですが、広島カープ公式サイトは面白くてつい見てしまいます。

3月12日時点で見にいったら、ダヴィンチの“最後の晩餐”のようになっていました(キリストの位置にブラウン監督)
思いつくのはもちろん、採用して本当にやってしまう公式サイトのセンスがうらやましいです。

ベース投げTシャツを作ったり、オフィシャルグッズの赤いふんどしを発売したりと面白い企画に積極的なのでしょう。

こういう面白い企画がきっかけでも、野球に興味を持つ人が増えれば発展に繋がると思うので、マスコミももっと取り上げてもよさそうなものですが。

私の応援しているチームも大変ですが、いい試合をして今度は上位で競い合ってほしいです。
[PR]
by iwanagahime | 2008-03-14 21:32 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


単に自分が知らなかっただけの話なのだが

最近、なぜ現オリックスバファローズの清原和博選手を「キヨマー」と呼ぶ人がいるのか、ようやくわかった。

PL学園時代に付いたニックネームで、当時阪急ブレーブスにいたブーマーという外国人選手が由来らしい、という事を今頃になって知った。

自分を含め、周囲に特に清原選手を応援している人がいなかったからかも知れないが、それにしても随分と時間が掛かったものだ。

それと同時に、逆に古すぎてわからないのかも知れないとも思った。
実際、データ的な意味合いでブーマー・ウェルズ選手が日本で野球をしていたという事実は知っていても、顔などは思い出せない。

私よりさらに年下になると、もっと知らないと思う。
そのためかキヨマーという呼び方も、今はあまりされていないようだ。

偶然清原選手の事をキヨマーと言っている人をネットで見かけなければ、なぜキヨマーと呼ばれているか疑問に思った事すら忘れていたかもしれない。

しかしネットは便利だ、見かけた瞬間に再燃した疑問を検索により一瞬で解決できたのだから。
[PR]
by iwanagahime | 2008-02-08 22:15 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


何となくアジアシリーズ

代表チームではなく、シーズンを通じて戦ったチームでの国際試合を見ていると「そういえば、日本にはベアーズってないなあ(マスコットがクマのチームはあるけど)」という風に色々と気が付く事があります。

動物の場合、国によって動物のイメージが違ったりもするのでそういう事情も考えられたりと面白いです。
鯉や燕の縁起物系は、アメリカではあまりチーム名になりそうではありません。

ドラゴンは東洋っぽいイメージがあるので日本以外のアジア地域にも全部あるかな?と思ったら、韓国にはサッカーのチームはあっても野球のドラゴンズはないようです。
ワイバーンズはありますが、日本の(主にゲーム好きの)イメージからするとドラゴンズのいる日本ではちょっと付けにくいチーム名かと。

他の名前を調べると、アジアシリーズ参加の日本、韓国、台湾、中国に共通するチーム名はライオンズみたいです。

西武ライオンズ - 日本
三星ライオンズ - 韓国
統一ライオンズ - 台湾
天津ライオンズ - 中国

大リーグにはライオンズがありません、他のスポーツのチームならアメリカにもライオンズはいるみたいですが。

ところで台湾の統一ライオンズのマスコットは『萊恩』というみたいです、読みは“ライオン”に近い発音らしい。
こういうネーミングは結構好きです。
公式サイトではグッズも売っているみたいですが、海外通販する勇気はちょっとないです、残念ながら。

あ、そういえば日本でも『ライオンちゃん』というそのままな名前のマスコットがサイコロを振っていました。
野球のマスコットではありませんが…
[PR]
by iwanagahime | 2007-11-16 22:16 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)


女房

野球の話をする時、バッテリーを夫婦になぞらえてキャッチャーの事を“女房役”とか“女房”と言う事がある。

そしてふと思う、じゃあキャッチャー出身監督は“姑”なのかと。

しかし、試しに「キャッチャー出身監督 姑」で検索をかけても同じ事を考えている人はいないようだった。
自分のバカさ加減を思い知った。
(関係ないが、一度「レッサーパンダ グレーターパンダ」で検索をかけたら思ったような結果が出たので、考える事は同じだなと思ったものだった)

そういえば、ピッチャーの事を旦那という人もあまりいない。
ついでに若いキャッチャーを正捕手にするべく教育する事を、花嫁修業とも言わない。

言ってみると、意外と楽しそうなんですが。
[PR]
by iwanagahime | 2007-05-18 21:51 | すぽーつ小ネタ | Trackback | Comments(0)

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト
弓戸亜朗私邸
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のコメント
> みゆみゆさん  弾..
by 亜朗 at 22:22
たしか、弾丸ジャッキーの..
by みゆみゆ at 22:44
>マイコーさん 関の扉..
by 亜朗(iwanagahime) at 23:10
関の扉、歌舞伎の元素みた..
by マイコー at 01:26
>みゆみゆさん  コメ..
by 亜朗(iwanagahime) at 22:41
私もようやく見に行ってき..
by みゆみゆ at 21:04
>みゆみゆさん  こち..
by 亜朗(iwanagahime) at 19:59
こんにちは! 記事はす..
by みゆみゆ at 23:38
>みゆみゆさん  そち..
by 亜朗(iwanagahime) at 21:12
こんばんは! 私も二月..
by みゆみゆ at 22:38
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧