人気ブログランキング |

私邸周辺


南座「五月花形歌舞伎」通し狂言・小笠原騒動

南座の花形歌舞伎ですが、橋之助さんに愛之助さん、そして中村屋兄弟という楽しそうな感じで、なおかつ以前に別キャストで面白かったらしい『小笠原騒動』という事で行ってまいりましたよ。

25日だったので番付が舞台写真入りでした、南座の花形歌舞伎は番付がいつも凝った作りになっていて、インタビューもいつもの今回の舞台への意気込みだけでなく、タイトルにちなんで「最近、身近に起こった騒動について」という話があったり初心者でも親しみやすい雰囲気です。

前の方の席だと水がかかるかも?という話を聞いていたので一等席にしてはラフな格好で行ったのですが、前の方でも端っこ過ぎて無事でした。
ほっとしていいのか、ガッカリしていいのかわかりませんが。

あらすじなどは運がよければ→この辺

そんなこんなで感想本編



今回は橋之助さん、愛之助さん、勘太郎さん、七之助さんに壱太郎くんと主な配役のほとんどが二役というキャスティング、萬次郎さんも。
それぞれがあまりイメージがかぶらない役で、なおかつ皆さん良かったので見ていて特に混乱はありません。

七之助さんのお大の方は初登場シーンで故郷からはるばるやって来た父親を、口封じのために命を奪いながら登場というインパクトもお大の方な役です。
橋之助さんの犬神兵部は自分の子を身ごもったお大の方を妹と偽って主君である小笠原豊前守の側室にし、お家乗っ取りを図るというスケールが大きいのか小さいのかわかりませんが、とにかく悪い人です。
橋之助さんはこういう極悪な人をすると本当に怖いですね、七之助さんも協力させられているようで悪事を楽しんでいるかのような雰囲気がよかったです。
また勘太郎さんの豊前守が、基本的に悪い主君じゃないのに騙されて藩政が乱れちゃってる感がよく出ていて何とも。
側室であるお大の方の機嫌を取ろうと狩に出て、白狐を射ようとすると愛之助さんの隼人が止めに来ます。
白狐を助けた後、兵部とお大の方の言いなりになって藩政が乱れていると意見したのに逆に罰を与えられてしまいます。隼人の正しい事を言ってるのに、という感じが無念です。
ここは愛之助さんの隼人と白狐の化身である菊平の入れ替わりや、狐の霊力で起こる現象が様々な仕掛けで表現されていて、直前の重いシーンからガラッと雰囲気が変わります。

自宅謹慎になってしまった隼人のところに、同じ藩に仕えている仲間が尋ねてきて隼人の妹の小萩がお茶を点てたりしています。壱太郎くんの小萩は可愛かったです。
もうすぐ藩主が許しをだすので、その祝いだと称してお酒を贈られた隼人。
しかし、いきなり帰ったり不審だったので酒地面に撒くと花が枯れます!これは毒!という事なんですが、この枯れる仕掛けってどうなっているんでしょう?気になります。

そこに昔、隼人に世話になった召使のお早がやってきます。隼人の危機を知ってたずねてきたいい人です、七之助さんがお大の方と全然違う雰囲気です。
隼人は主君の分家小笠原遠江守への密書をお早に預けます、夫が飛脚で遠江守の小姓頭と知り合いなので絶対に届けると約束しますが、密書を持っていたばっかりに兵部に加担している良助に命を奪われてしまいます。
良助はこれまた橋之助さんで、愛人も利用する極悪な兵部と違って、基本的に家族思いなのに貧乏なばっかりにどんどん悪事に手を染めてしまう小悪党の悲しさが出ていました。
しかも良助も兵部に騙されていて、お早の幽霊にとりつかれた末に自分の愚かさを悟るのですが、ちょっとした行き違いもあり家族を失ってしまいます。
騒動がなければお早も密書を預けられる事もなかったし、良助も貧乏なだけで家族を失う事もなかったという悲しい場面です。
一方、良助が改心した事を知らないお早の夫・小平次は妻の敵を取ろうと良助を追ってきます。
そして片袖を手がかりに良助を追い詰め、水車小屋で戦います。
真剣な戦いのはずなのに、水を使って大人げのない戦いが繰り広げられるので笑いが起きたり前の方の客席に水が飛んできて悲鳴が上がったりあまりシリアスではない雰囲気ですが、改心した事を知らずに討った事をわびる小平次と、お早の命を奪った罪をわびて連判状と密書を渡す良助の場面は流石にシリアスです。

そうしていると都合よく遠江守が通りかかり、小姓頭の数馬の取次ぎもあって連判状と密書を渡した…と思ったら銃声が!せっかくの計画が…と思ったら、これは兵部を油断させるお芝居でした。

数馬はお大の方を挑発して悪事を暴き、追い詰められたお大の方は自害します。
この数馬の壱太郎くんがすごく堂々としていてよかったです、挑発の嫌味さも爽やかです(?)
お大の方は低い身分ながら側室として振舞えたのは、野望だけでなく兵部への愛もあったのかな。

隼人は狐の霊力で助けられ、お大の方はいなくなり、いよいよラスボスの兵部です。
ここは立ち回りと隼人と菊平の早変わりなどのアクションシーン、改心した豊前守と見所満載のまま勢いを保って最後の幕切れまで。

とにかく話の筋も面白く仕掛けもアクションもあり、見応えのある舞台でした。
by iwanagahime | 2009-05-29 22:13 | 歌舞伎周辺

<< スター・トレック      ご当地キティ… >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧