私邸周辺


シネマ歌舞伎『蜘蛛の拍子舞/身替座禅』

今回のシネマ歌舞伎は二本立てという事でパンフも凝った作りでした、どちらも見た事のある演目ですが歌舞伎座さよなら公演で上演されたものという事と勘三郎さんの身替座禅は見た事がないので行ってきました。

建て替え前の歌舞伎座の姿を記録映画にした「わが心の歌舞伎座」というのが公開される予定のようで、そのPRでミニ歌舞伎座が映画館に飾ってあったりしました。
これも上映されたら観に行きたいです。

近くにMOVIXが出来たので、気軽に行けるようになって嬉しい限り。

そういう事で、そろそろ感想本編に行きます。
蜘蛛の拍子舞/身替座禅の予告編はこちら→Youtube松竹チャンネル



蜘蛛の拍子舞
シネマ歌舞伎なので、やはり少し冷静になってしまい「空御所に物の怪が出るから退治に行ってるんだから、そこに急に現れた謎の女って問答するまでもなく物の怪なんじゃあ」とか余計な事を考えてしまいました。しかも直前に杯に蜘蛛の影が映って「やや」といか言ってるし。
蜘蛛の精が玉さまで美しいので、問答している間にうっかり話を信じてしまう気持ちはわからなくもない。
菊之助さんの頼光は強そうではないですが、台詞がはっきりしていて説得力はある雰囲気でした。
松緑さんの渡辺綱との三人の拍子舞は見ごたえがありました。

玉さまの蜘蛛の精は、正体を見破られて糸を大量に出してから消えるまでが一番妖しく美しく怖ろしいです。
途中の中に三階さんが入っている蜘蛛の立ち回りも、シネマだと楽しい感じですね。
最後に化けてから現れる蜘蛛の精に苦戦する頼光を助けるため、押戻姿の坂田金時が駆けつけるのですが、三津五郎さんなので大和屋ネタ入ってました。
シネマ歌舞伎の細かい部分が見られるのが悪い方に作用して笑えてしまう事もありましたが、全体としては迫力があってよかったです。

身替座禅
勘三郎さんの右京に三津五郎さんの玉の井、染五郎さんの太郎冠者なのでテンポが良くて面白かったです。
三津五郎さんの嫉妬深い奥方の役は、妙に迫力があって正直なところ玉さまの蜘蛛の精(化けてから)より怖かったです。
侍女の千枝・小枝が巳之助さんと新悟さんで可愛かったですが、新悟さんかなり背が高いですね。
勘三郎さんと染五郎さんは細かい仕草とかが面白いので、シネマ歌舞伎だとそういう部分もあってよかったです。
しかし、やはり冷静になってしまって「酔っ払った上に小袖まで貰って右京はどうやってごまかすつもりだったのか」と少し考えてしまいました。
面白かったからいいですが。

気軽に観られるのがシネマ歌舞伎のよさですが、割り切りが必要なのかも知れません。
by iwanagahime | 2010-06-05 21:58 | 歌舞伎周辺

<< そりゃドラマだけど      松竹座『團菊祭五月大歌舞伎』昼の部 >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧