人気ブログランキング |

私邸周辺


松竹座:彦山権現誓助剱

今年になって初の歌舞伎観劇は松竹座、毛谷村が有名ですが通しでは観た事がないなと思ったら関西では67年振りの上演だそうで。
有名な場はもちろん面白いのですが、通し狂言で観る方が理解しやすい事もあるのでこういう企画はもっとやってほしいです。
相変わらず小屋の外は騒がしいですが、ただの観客としてはプライベートの事は割とどうでもいいです。

観終わってまず「こんな面白かったのに、どうして毛谷村しか上演されないんだ?」と思いましたが、番付によると今回の上演は仇討ちに話を絞ってわかりやすく再構成した台本だそうで。
ヒーローの六助が出てくるまで時間がかかりますが、話としては面白かったのでこの構成でまた上演してほしいです。

松竹座は道頓堀という場所もあって、幕間の食事には不自由しない立地ですが地下に松竹座アイルという食堂街まであります。
歌舞伎が上演されている時は幕間の食事やお弁当の受付をアピールしている店員さんが、開演前のおなじみの風景です。
一人、「マクマのお食事にいかがですか~」と呼び込みしている店員さんがいて気になりました。
“幕間”は“マクアイ”と読むので、そこんとこよろしく。

まあそんな感じでしたが本編は面白かったので、そろそろ感想に行きます。
配役とかはこの辺



通し狂言『彦山権現誓助剱』
序幕
京極内匠と吉岡家の事情、そして仇討ちの発端となる事件発生まで。
郡家の武術指南役・吉岡一味斎には二人の娘がいて、次女のお菊は衣川弥三郎と恋仲。
弥三松という子どももいるのですが、同じ家に仕える身なので正式には夫婦ではありません。
お菊は公式には独身なので、京極内匠は横恋慕しています。
弥三郎は薪車さんで爽やか系、お菊も松也さんで可愛い感じ。
愛之助さんの京極内匠はお菊に言い寄る姿が何ともいやらしい(誉めてる)

内匠は一味斎との御前試合に敗れたり、お菊の件も「麒麟の子を鼠には嫁にやれない」みたいに言われて凶行へ……
彌十郎さんの一味斎は貫禄があり、内匠を軽くあしらってしまっても仕方が無いと思いました。
内匠が普通の勝負ではなく、鉄砲で闇討ちという卑怯な手段を使うのも本気で強いのでまともに戦ったら勝てないからだろうと思わせる迫力。
内匠もいい加減に諦めたらよかったのに、と言わざるを得ない。
しかし、卑怯な手で一味斎の命を奪い、秘密を守るために弟子までバッサリやって内匠は闇に消えてしまう。

二幕目
帰ってこない一味斎を待つ妻お幸、迎えにやったはずの長女お園がなぜか酔っ払って一人で帰ってくる。
お幸は最近だとこういう役はだいたい竹三郎さん、お園が孝太郎さん。
何とか母親にショックを与えないように酔いに紛らわせて「し」の字尽くしの不吉な発言を明るく言ってみたり健気なお園。キュートな酔っ払いぶりで笑わせて、妹に家を継がせて仇討ちに出ようとする志に涙。
お幸もどうしても先妻の子のお園に家を継がせないといけないと実の親子でない事を明かす姿や、変わり果てた夫との対面など一気に緊迫する空気が良かったです。
ここでお園には毛谷村に六助という許婚がいるという話も出てきます。
悲しみの空気の中、衣川弥三左衛門が「一味斎は武術指南役なのに討たれた裏切り者、家族は家を引き払え」と告げに来て抵抗するお園を捕り手が捕まえようとしますが、お園が超強いので捕まりません。
すると、急に態度が変わって今のは仇討ちが出来るのかテストだったという事で仇討ち御免の御墨付を渡します。小太刀と長刀、そして路銀までサービス。
加えて、弥三左衛門は弥三郎の父なので仇討ちが終ったら弥三郎とお菊を正式な夫婦にするという話まででます。
「この仇討ちが終ったら祝言あげるんだ……」これが江戸時代からのフラグでした。
弥三左衛門は段四郎さん、要所要所で話を引き締める役でした。
お幸と娘二人、そして家来の左五平は仇討ちの旅に。

三幕目
仇討ちの旅に出たものの、なかなか京極内匠の行方が掴めない吉岡家。お菊は心労がたたって病に。
左五平と弥三松は薬を買いに出かけ、家にはお菊一人。
そんな中、弥三郎がお菊の元を訪れます。今日は一味斎の命日、二人で手を合わせます。
束の間の対面を喜ぶ二人の元にボロボロの旅人を車に乗せた村人が、何と旅人は京極内匠!
さっそく仇討ちしようと刀を構える弥三郎とお菊ですが、内匠は「卑怯な事の数々が我が身に返って来て重病になった、最後に一味斎を闇討ちした時に奪った一巻を返したい」とか言ってきます。
ものすごく怪しいですが、内匠がボロボロなので素直な若い二人は信じて一巻を埋めたという釜ヶ淵へ。
ゴロゴロと内匠を乗せた車を引いて一巻を埋めたという松の木の下へ、「ずいぶん深くに埋めたんだな」なんて素直な弥三郎に内匠の凶刃が!イケメンなのに!(注:イケメンなのは薪車さんです)
お菊も病の身では小太刀の腕も揮えません、なおも内匠は「ここで嫁になるなら命は奪わないけどどう?」みたいな事を言ってきますが全力で断って哀れに散ってしまいます。
元々はお菊への横恋慕から始まった内匠の凶行、すでに命の無いお菊の顔に頬擦りする姿が不気味。

四幕目
ようやく仁左さん来た!!六助は初役だそうですが、六助の善人っぽさがいい感じです。
六助は剣の腕が優れているので小倉家からスカウトされているのですが、修行中の身だからと断っています。
それで小倉家は「六助を御前試合で倒したら召抱える」というお触れをだしています。
そんな六助が母親のお墓参りをしていると、老女を連れた浪人が。
浪人は微塵弾正と名乗り、小倉家に仕官して親孝行がしたいのでわざと負けてくれと言います。
観客からは微塵弾正が京極内匠だとバレバレですが、六助はいい人なので引き受けてしまいます。
そんな中、弥三松を背負った左五平が山賊に襲われてやってきます!六助が助けようとしますが手遅れ、弥三松を託した左五平はヒントも何もなしに落命してしまいます。

御前試合で勝った後、内匠が偉そうな上にバカにした態度を取るのもバレないための演技と解釈して、親孝行の手伝いが出来たとニコニコ顔の善人六助。内匠が闇討ち狙撃にストーカー騙し討ち犯と知っていると何とも言えない場面。
そこにやたら貫禄のある謎の老女っていうかお幸がやってきて、旅の宿を求めます。
いきなり六助の親になるとか何とか言い出したりしますが、いったんは奥の部屋で休む事に。
次にやってきたのは虚無僧に化けたお園、門の前に干してある弥三松の着物を見て左五平を襲った犯人と勘違い。
弥三松は太鼓叩くようせがむし、急に襲われるしで太鼓を叩きながら事情説明。
何とか誤解も解けて、自分は毛谷村の六助だと名乗るとお園は臼をゴロゴロさせながら恥ずかしがったり女房だといってご飯の支度を失敗したり。
怪力なのにデレデレなのが面白かったですが、六助は訳がわからない。
すると先ほどの老女は一味斎の妻で、お園は許婚であると明かす。
六助も真面目にお園を待って独身だったんですね。

一方その頃、村人が泣きながら親の敵を取ってくれとやってきます。
一味斎の時とはメイクが全然違う彌十郎さん、ちょっとびっくり。
見れば、先ほど微塵弾正が自分の親だと紹介した老女!微塵弾正の嘘がわかり、しかも正体が師匠の仇である京極内匠とわかって怒りで踏んだ石がずぶずぶ沈む六助!いい人モードとの表情の差が迫力!
いよいよ吉岡家の本懐を遂げる時がやってきます。

大詰
微塵弾正として小倉家に仕える京極内匠、偉そうです。
六助の再試合も理由を付けて突っぱねます、本当は弱いから断ってるのは観客にはバレてます。
京極内匠なんて知らないとか、思いっきり嘘を付きますが弥三左衛門が仇討ちの許可と弾正が京極内匠である事は小倉家に話が通ってる事を伝えに来ます。
お幸、お園、弥三松の吉岡家の面々も白装束の仇討ちスタイルです。
六助は仇討ちの後見として参加、母親の仇を討ちたい幼い弥三松をサポートして攻撃をかわしつつ突撃。
最後は無事に仇討ちの本懐も遂げ、めでたしめでたし。

毛谷村だけではわからない京極内匠の極悪さやお園の気持、そして六助の師匠への思いなどがわかって面白かったです。
仁左さんもよかったですが、孝太郎さんの健気な娘の役はやっぱりよかったです。
また通しで観たい演目です。
by iwanagahime | 2011-02-25 23:58 | 歌舞伎周辺

<< 古田さんとスポーツ      その時その時 >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧