私邸周辺


松竹座・寿初春大歌舞伎(昼の部)

あれから一年と少し、それまでに関西で海老蔵の出演する公演はありましたが何となく避けてしまいました。
しかし、いつまでも避けている訳にも行かないので行って来ました。

昼の部なので出番は夜の部より少ないですが、やっぱり顔を見ているとあの件が少し引っかかってしまいました。
まだ私は許せていません、許していないので頑張ってください。

まあそういう複雑な事はさておき、その日は宮川町の舞妓さんや芸妓さんが揃って観に来ていてお得な感じでしたし、もちろん舞台は全体としては楽しめたので感想本編。
公演詳細とかはこの辺



一、傾城反魂香 土佐将監閑居の場
いわゆる吃又、言葉狩りが普及した後で育った人間なので観ていてギクッとする台詞多数なのですが良かったです。
翫雀さんの又平は心には色々と思っている事があるのに言葉だけが出てこない切なさや、絵師としての腕前には何の不足もないというプライドみたいなのを感じました。
秀太郎さんのおとくも又平の本当は話したい気持ちをわかっているので人一倍しゃべっている感じでした。
誰も又平を本当はぞんざいには扱いたくないという雰囲気が舞台の全面から伝わっていて、師匠も又平は追い詰められると力を発揮するタイプなのをわかって辛く当たっているような。
だから、又平が奇跡を起した後で名前も筆や衣装も用意していたっぽくすぐに出てくるのが不自然じゃないというか。
で、又平の口が治る流れも自然に見える優しい師匠に見えました。市蔵さん。
笑也さんの修理之助も切ない感じが若者っぽくてよかったです。

二、修禅寺物語
進之介が良くも悪くも普通だったのは置いといて。
最初のあたりの台詞で夜叉王は娘を姉(桂)は母親に似ていて妹(楓)は自分に似ていると言っていましたが、夜叉王と桂って度を越したこだわりを極めちゃってるあたり似たもの親子だなと思いました。
一日だけでも将軍の側室になれて悔いはない桂と、面作りのためなら娘の消え行く命も作品にしようとする夜叉王。
前半で優しそうなだけに怖い我當さんの夜叉王に、前半で嫌な人っぽいだけに父のために顔を見せる姿が真っ直ぐな扇雀さんの桂。
前半では父と話があってる感じの常識人の吉弥さんの楓との対比。
で、頼家。こういうあんまり目をカッと見開かない役だと本当に綺麗ですね、海老蔵は。
この綺麗な顔を殴れるような連中がたむろするような場で遊んでいた事にガッカリしつつ、堂々としているようで後の運命を知っているかのような儚さは良かったので許してないので頑張ってください。

三、積恋雪関扉
宗貞が海老蔵、ちょっと何か公家のマイルドさを出そうとしすぎて違和感が。
他は小野小町姫と小町桜の精が藤十郎さんで大伴黒主が團十郎さんなので歌舞伎!!!!!って感じで充実感を持って観られました。
もうこのお父さん困らせるような事しちゃ駄目だぞ!
[PR]
by iwanagahime | 2012-01-21 22:06 | 歌舞伎周辺

<< 鈴木史朗さん      iPod touch >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧