私邸周辺


第二十一回 南座歌舞伎鑑賞教室

いつも歌舞伎レポは練って書くのですが、今日は勢いで。
ほんの数時間前に春恒例の南座歌舞伎鑑賞教室、しかも初日に行きました。

午前の部に間に合うように行ったのですが、売り切れで午後の部に。
まあ春の京都なので空いた時間の過ごし方には事欠かないですし。
という事で、公演詳細はこの辺

今年も桂九雀さんの解説に上村吉弥さんの出演ですが、何とこの春から中学生の吉太朗さんが主役の「供奴」が!(吉弥さんは「藤娘」)
色々と期待。

さて、オープニングは九雀さんが趣味に走るコーナーなので、吉田屋のセットもありますし九雀さんが笠をかぶって……と思ったら、普通に伊左衛門が(ちなみに純弥さん)
そして、伊左衛門が吉田屋の主人を呼ぶと九雀さんでした!

伊左衛門の衣装や廓文章のあらすじなどを純弥さんとツッコミを交えて紹介、紙に見えないし実際に紙ではない紙衣など歌舞伎好きでもツッコミ所なので、ズバッとツッコミが入って笑えるという妙なスッキリ感。
敵を追ってるのに花道の七三で止まって「待~ぁて~ぇぇぇ」とか。

いつものお客さんに衣装を着てもらうコーナーも、今年は5人で女形の色々な衣装とキャラクターを紹介していました。

『藤娘』
舞台もわかりやすく華やかで、吉弥さんもわかりやすく綺麗なので盛り上がってました。
藤娘は酒に酔う場面があるのですが、お酒に慣れていない若い娘さんが酔っ払ってしまった感じが出ていて可愛かったです。

『供奴』
GOEMONで7歳ぐらいの子という11歳の少年には難しそうな役の上に、あの演目で数少ない泣かせパートを立派に務め上げた吉太朗さんなので期待していましたが凄かったです。
やや勢いで押してる部分はありましたが、ちゃんと廓で浮かれる奴さんでした。

今後に期待できる舞台で、南座の歌舞伎鑑賞教室も幅が広がりそうでした。
[PR]
by iwanagahime | 2013-04-20 21:26 | 歌舞伎周辺

<< 都をどり      銀行 >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧