人気ブログランキング |

私邸周辺


シネマ歌舞伎『春興鏡獅子』

スケジュール的に無理かもと思いましたが、せめてシネマ歌舞伎でもという気持ちで行きました。

勘三郎さんというと、演出家の串田和美さんや野田秀樹さんと組んだり平成中村座での斬新な演出など「新しい事に挑戦」というイメージもありますが、しっかりとした古典もまた勘三郎さんの芸でした。
まだ過去形で勘三郎さんを語るのに慣れませんが、とにかく勘三郎さんのガッツリ古典の一つ『春興鏡獅子』がシネマ歌舞伎で登場です。
みどころなどはこの辺

本編に入る前に勘三郎さんの生涯を振り返る映像があって、「本当にいなくなっちゃったんだなあ」という感じがしてしまいます。
映画『わが心の歌舞伎座』での鏡獅子について語っている場面もあり、新しい歌舞伎座に鏡獅子を持っていく心意気などは叶わなかったという事実がズシッとのしかかります。
しかし、いざ舞台の映像に切り替わればそこは鏡曳きのめでたい江戸城、家老や局たちが鏡曳きの余興について話しています。老女飛鳥井の吉之丞さんがいい味です。

そこに将軍様に舞を披露するよう連れてこられる弥生、この恥らう姿が何とも愛らしいです。
恥ずかしがり過ぎて一度は引っ込んでしまう姿も、いかにも若い娘らしいです。

それでも引き出され、覚悟を決めて舞う弥生。
シネマの良さとして細かい動きまで見えるというところですね。
鏡獅子というと前半の弥生が柔らかな娘姿で後半が勇壮な獅子であるため後半の方が大変に思えますが、弥生の舞は繊細で将軍様の前で舞う娘の緊張感と同時に匠の舞を見せるという矛盾しそうな部分をギリギリで作り上げている感じが画面から伝わります。

夢中で舞ううちに手にした獅子頭に魂が宿り、弥生は倒れてしまいます。

胡蝶の精は千之助くんと玉太郎くん、歌舞伎座さよなら公演の映像なので今より幼いです。
(こういう部分に時間の流れを感じてしまう)

そして、花道には獅子が現れます。
百獣の王の花に戯れる勇壮な舞、満場の拍手で幕は降ります。

勘三郎さんが、そこにいました。
by iwanagahime | 2013-12-15 23:15 | 歌舞伎周辺

<< CUTTワンマンライブPOTA...      CUTTワンマンライブPOTA... >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧