私邸周辺


當る未歳 吉例顔見世興行 夜の部

去年は色々あって顔見世には行けなかったので、久しぶりの南座顔見世です。
今回は新しい桧舞台になったという事で、前の舞台の板を使ったグッズなども出ていました。

南座の様子[画像]

一、仮名手本忠臣蔵 山科閑居
顔見世らしい重厚な演目と配役で、お石の「息子は討ち入りに行くので普通の幸せな夫婦にはなれないとわかっているのでキツイ事を言って小浪の嫁入りを断る」気持ちと「許婚の所に嫁に行きたいという娘の希望を叶えたい」戸無瀬の表の言葉と本当の気持ちの間でぶつかる緊張感が秀太郎さんのお石と藤十郎さんの戸無瀬という配役で実現していました。
小浪は壱太郎さんで、ちょっと走りがちなところが小浪の一途さに合っていて小浪らしい小浪でした。

二、お祭り
もうこれは\待ってました!/というしかない仁左衛門さんのお祭りですね、男前!
こういう男伊達ものの舞踊はなぜか絡まれている事が多いのですが、もう理由は男前だからでいいです。

三、鳥辺山心中
年末に心中物はちょっと……とか、なまじ近隣の地名が出てるのがリアルで落ち込むとか思ってましたが、意外と良かったです。
孝太郎さんのお染の素直で一途だからこその悲劇や、普段は優しい半九郎が友人の弟にバカにされてキレるところのヤバイ雰囲気が登場人物の気持ちをリアルに表現していて、特に怒る場面では「うわー、それ以上この人に言ったらヤバイ!」と止めたくなる感じでした。

四、爪王
動物が主役という変わった舞踊劇で、鷹と狐は擬人化されているのに普通に鷹匠や村長(むらおさと読む)が人間の姿で出てくるので不思議な感じでした。
狂言っぽい名乗りで出てくるので人物がわかりやすい親切設計。

七之助さん演じる鷹の名前は吹雪、鳥らしさと美しさだけでなく勇壮な鷹らしい鋭さもあり美しい猛禽類らしくて良かったです。
勘九郎さんの狐は村の鶏を襲ったりしているので動物度が高いのかと思ったら、鷹匠に化けて鷹を惑わしたりと妖術も使う模様。
途中から村長の狐退治の依頼がどっか行って「お前は最強の鷹になるのだ!」みたいになってましたが、綺麗だったからいいかみたいな。

重厚なものあり、定番あり、珍しいものありと見ごたえのある顔見世でした。
[PR]
by iwanagahime | 2014-12-13 22:54 | 歌舞伎周辺

<< 第二回 常磐津都史之会      清水寺オフィシャルアカウント >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧