人気ブログランキング |

私邸周辺


南座の顔見世

今年も南座の顔見世(昼の部)に行ってきましたー、20日です。
いつもチケット争奪戦の厳しい顔見世ですが、今年は勘三郎襲名披露の締めくくりという事もありさらに激化してましたねー。

あまりよろしくない席だったので舞台全体をきちんと見る事は出来なかったのですが、花道と舞台中央はばっちり見られたので良かったです。

無駄に客席がよく見える席だったので、何となく観察しているとやはりたくさんの人が詰め掛けているのですが、顔見世は恒例行事というかお約束的に必ず観に行っている人もいる上に、普段の歌舞伎公演より30分ほど始まりが早いので、いつもは昼の部は二番目の演目ぐらいから観に来る人というのも結構いるようなのですが、今年は最初からきっちり満席だった模様。

襲名の祝い幕は江戸時代の中村座をイメージしたのか芝居小屋外観が描かれていて、ちゃんと今回の顔見世の演目が看板に描かれています。

そういう訳で、感想本編です。



『猿若江戸の初櫓』
中村座(猿若座)の始まりをフィクションを加えて描いた演目、初代勘三郎の猿若は勘太郎さん。太夫出雲の阿国が七之助さんで、登場した瞬間から盛り上がります。

今回は何と言っても勘太郎さんがすごかったです、もちろん若いんですけどダイナミックかつ繊細で丁寧な踊り。本当に足が治ってよかったです、貴重な人材です。
七之助さんは綺麗だし声も良かったのですが、少し踊りが硬いかも、若いから仕方が無いかも。でもビジュアル担当という事で(?)
阿国の華やかさでパッと視線が引き寄せられて、猿若の演技や踊りでぐいぐい引っ張っていくような。そう考えるとナイス兄弟なのか。
何しろ昼の部一番目の演目で、しかも踊りなのに客がみんな起きてますから。
一座の若衆が芸達者メンバーなので、良さそうだけど並べるとどうかな?とも思ったのですが、勘太郎さんはリーダーっぽい雰囲気が出てたので大丈夫でした。

主役二人もさる事ながら、福富屋の主人夫婦の愛之助さんと吉弥さんも良かったです。
芝居興行を認める奉行の板倉は弥十郎さん、貫禄もあって厳しいけど芝居小屋も認めてくれそうな雰囲気が出てました。

本当に素晴らしかったので、遅刻しないでよかったです。

『寿曽我対面』
遅刻しないように一生懸命だった人が多かったのか、何だか脱力してる客も何人かいたような…(そういう私も、舞台の見えない部分で芝居が進んでいる間、客席を観察していましたが)

私は今まで見た演目の影響もあって、橋之助さんがむきみ隈をしている所を見た事がなかったのですが、今回は橋之助さんの五郎だったので初めて見ました。
結構よかったです、隈取の似合う顔なんでしょうか。
十郎は翫雀さんなので、五郎と十郎のコントラストがくっきり。
工藤は我當さんなんですけど、こういう役って大事なのにいつも同じ人がやってるような……
我當さんももちろんいいんですけど、この地平を目指す人がいないと困ります。
ところで工藤の家臣である近江が亀鶴さんで八幡が薪車さんという配役、亀鶴さんの屋号が八幡屋なので微妙にややこしいような。いや、どうでもいいんですけど。
大磯の虎が扇雀さんで、化粧坂少将は孝太郎さん、ここもキャラの違いがはっきりしてる感じ。
舞鶴の秀太郎さんは、この人だったら工藤に頼み事も出来そうという感じでした。

『義経千本桜 道行初音旅』
狐忠信が勘三郎さんで、静御前が藤十郎さん。
本日のメインイベントなんでしょうかね、襲名する本人が主役ですし。
何だかもう、さすがという感じで私が感想を書いても良いものかという。
特に戦物語の部分とか、すごかったです。

『義経千本桜 川連法眼館』
佐藤忠信は普通の真面目な人です、狐忠信との別人感がよかったです。
静御前は道行と違って勘太郎さん、何だかすごく可愛かったです。
忠信が先に到着しているのを驚いたり、狐忠信の話に涙したり静御前は若い女子(しかも、ちょっと天然)なんだなというのを再認識。
狐忠信が正体を現して、色々と仕掛けを使って急に消えたり現れたりするのですが……
席の都合上、仕掛けが見えすぎでちょっと悲しかったです。
それに「出があるよっ!」を無視して舞台を凝視する私、何に抵抗しているのでしょう。
仕掛けは別にして、勘三郎さんは妖力を持った狐であると同時に親を慕う子でもある雰囲気が出ていました。
そういえば勘太郎さんと親子共演なのですが、観ている間は親子とか特に意識しませんでした。静御前と狐忠信以外の何者でもなかったからでしょう。
義経は襲名ならではの豪華さなのか、仁左衛門さん。
出番は少ないですけど、悩める貴公子な雰囲気が最強でした。

『お染久松 浮塒鷗』
難しい字で、普通に出せなかったのでコード使いました。
もしちゃんと表示が出来てなかったらごめんなさい。
お染が七之助さんで、久松が橋之助さん。
心中を思いとどまらせようとする通りすがりの女猿曵お梅が芝翫さん、という事でものすごい血縁関係という感じです。
お梅が心のこもった感じだったので、最後に久松がそれでも心中しようとする決意の台詞を言う時に、おいおいと思ってしまいました。
七之助さんは綺麗で、お嬢様らしい雰囲気が出てました。

ちょっと話はそれますが、後見で芝のぶさんが出ていました。
ついつい目が行ってしまいました、今は反省しています。

今年の顔見世昼の部は、勘三郎ファンにはもちろん、勘太郎ファンは特に満足出来る舞台だったんじゃないでしょうか。
勘太郎さんは立役も女形も両方で出てますし、どちらも良かったです。
くれぐれも足を大事にして欲しいです、ずっと踊れるようにしていてください。
by iwanagahime | 2006-12-22 20:48 | 歌舞伎周辺

<< 相手は冗談の通じる人かどうか、が鍵。      某選手のご活躍をお祈りしております >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧