人気ブログランキング |

私邸周辺


松竹座七月大歌舞伎(夜の部)

先月の松竹座は毎年おなじみの七月大歌舞伎という事で、日曜日に夜の部を観に行きました。
場所が大阪なので、番付に昔「能狂言が好きな人は○○○」とヒドイ事を言った人が白々しいコメントを寄せていますが、そういうのはほっといて面白かったです。
夜の部だと「羽衣」が能取り物ですかね。
全体的に昼の部の方が人気だったようで、幕見席はかなり早い段階で売り切れだった模様。
夜の部も面白かったですがね。

かなり後半だったので、番付にも舞台写真が入っていました。
その中に不審な写真が…何なんだ、この虎柄の着ぐるみを着た菊五郎さんは…

そんな疑問を持ちながら、幕は開いていくのでした。

あらすじ・配役なんかは→この辺

そんなわけで、感想は



一、一谷嫩軍記『熊谷陣屋』
だいたい昼の部の場合ちょっと軽めの演目から入るのですが、夜の部だからか身代わり首関係の中でもとりわけ重いものです。
仁左さんの熊谷は流石の風格でした。
もうすでに我が子を身代わりにした後なのですが、それでもなお敦盛の母である藤の方と妻の相模の訪問という計算外の出来事に直面して葛藤しながらも堂々としていないといけない熊谷の苦しみが伝わってきました。
本当は夢で済ませられないような出来事ながら、出家して夢だったと言わざるを得ない一人花道を去っていく姿が印象的でした。
藤の方の孝太郎さんは高貴さゆえの無神経というか、息子の敵を討とうと陣屋に乗り込んだり相模に自分に対する恩義があるはずだから敵討ちのサポート(つまり、夫に攻撃)しろと言いますが、首実検で相模の気持ちを察するかのように静かにしている姿がやはり高貴な人なんだと思いました。
秀太郎さんの相模は夫と息子が心配で陣屋にやってきてしまうその辺のおばちゃん感と、藤の方への恩義と夫への愛情に揺れる姿、そして首が息子のものとわかりながらも身代わりが台無しにならないよう敦盛の首であると説明する武士の妻としての悲しい覚悟のコントラストがよかったです。
藤十郎さんの義経は大将の風格はありましたが、ちょっと丸かったです。
我當さんの弥陀六は複雑でした。あと、軍次の愛之助さんが密かに目立ってました。

二、『黒手組曲輪達引』
前からどういうものか興味があったのですが、通常版の助六を何度か先に観ているので、これは通常版を観ていたからより一層楽しめたなと思いました。
通常版では癒し系っぽい白玉ですが、スリの牛若伝次と駆け落ちするために客の権九郎(菊五郎さんが助六と二役で頑張ってました)を騙したりします。
菊之助さんの嫌がりっぷりと菊五郎さんの気付いてないっぷりが笑えました。
松緑さんはいかにも悪っぽい感じで牛若伝次してました、容赦なく権九郎を池に落としますし。
しかし、駆け落ちが未遂に終って舞台から誰もいなくなると…なぜかものすごい効果とともに虎柄の鴨が池から出てきます!
権九郎が虎鴨に飲み込まれたおかげで陸に上がって来られたと説明しますが、無理がありすぎます。
しかも、なぜか田之助さんがトラッキーになってカーネルサンダースらしき人とともにやってきます!
何も優勝するとまた川に放り込まれる、と泣くカーネルを連れて江戸に逃げてきたとか。
しかし、風船を持った人達に回収されて上方に連れ戻されます…六甲おろしの大合唱とともに…会場は手拍子とかして盛り上がっていましたが、私は傘を振る人なので加われませんでした。

この一件は後のストーリーと全く関係がないので、さくっと菊五郎さんは助六になります。
この話では助六は親分で悪い浪人者に絡まれている白酒売(実は揚巻の父)を助けたり、大人な感じです。しかも大富豪の紀伊国屋文左衛門がスポンサーなので遊郭に出入りしていても、悪い浪人者の親玉が嫌がらせで揚巻を身受けしようとするのを先に身受けして阻止しても納得の展開。
田之助さんもトラッキーとはうって変わって大富豪らしい余裕というか、貫禄たっぷり。
魁春さんの揚巻も、大人な親分につりあう大人の女な雰囲気。

朝顔仙平が浪人者で、かなりチンピラです。亀三郎さん怪演。
しかも親玉の鳥居新左衛門(左團次さん)に言いつけに行く小物さ。
通常版では助六がする嫌がらせの数々を新左衛門がやりますが、助六はじっと耐えます。
嫌がらせする方がワル!普通のはずなのになぜか新鮮です。

嫌がらせに耐えるうちに親の敵の目印である刀を見つけ、新左衛門が親の敵とわかり最後は大立ち回り。
最後は(権九郎と同じ人とは思えないほど)カッコよく終りました。

三、上『羽衣』 下『団子売』
『羽衣』は菊之助さんの天女がとにかく美しかったです!輝いてました!
松緑さんの漁師もさっきとはうって変わって真面目そうで、羽衣を返してくれそうでした。

『団子売』愛之助さんの軽快な旦那と、孝太郎さんの旦那思いな奥さんのコンビネーションが最高でした。
楽しい踊りだったので、最後は楽しい気分で帰る事が出来ました。

夜の部は久しぶりでしたが、かなり楽しめました。
by iwanagahime | 2008-08-01 22:12 | 歌舞伎周辺

<< あの裁判?      ケータイが向いていないのか私が... >>

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧