人気ブログランキング |

私邸周辺


細見美術館「はじまりは、伊藤若冲」

細見美術館20周年という事で開催されている伊藤若冲展に行ってきました。
20周年記念のスタートという意味と、細見美術館の日本美術のコレクションが伊藤若冲から始まったという意味がかけられているそうで。
細見美術館の3つある展示室のうち、若冲本人は1室半ぐらいですが若い頃あり晩年あり弟子の作品ありで流石の細見コレクションでした。
第1展示室は動植綵絵を描いた頃、というか動植綵絵に至る道筋ともいえる糸瓜群虫図や雪中雄鶏図などの彩色の掛軸があり、糸瓜群虫図は糸瓜の実や葉に集まる虫や蔓のくるくる具合など細かな描写とそんなに綺麗じゃない題材なのに美しさを感じる不思議さが良かったです。
雪中雄鶏図は若冲といえば的な鶏ですが、似た構図の雪梅雄鶏図(両足院蔵)の方が鶏の羽根が柔らかそうというか、梅や花がある分マイルドなのかという竹と鶏と雪というストレートさでした。
水墨の屏風もあり、花鳥図押絵貼屏風は翡翠やおしどりなど花鳥画的な鳥の中に鶏もいますが、花と鳥が水墨ながら華やかでした。

第2展示室は似たような場所にまた水墨の屏風があり、元の場所に戻ったのかと間違う人もいましたが、こちらは鶏オンリーの屏風でバリエーション豊かなポーズの鶏達が屏風を跳ね回っていました。
他にも宝珠と小槌図のような縁起物もありますが、思いっきり里芋だけ描いた掛軸もありました。
若冲の野菜の絵が結構好きなので、この堂々とした里芋はカッコ良かったです。
他にも様々な菊が描かれた屏風など、よくある題材なのにものすごく若冲なのもよかったです。

宝蔵寺でも少し見た弟子の若演の作品もあり、鶏が色々なものに乗ったりしている屏風は師匠よりちょっとキャラクター感のある鶏が愛嬌がありました。

第3展示室は若冲以外の江戸時代の京都を感じる展示で、尾形光琳の絵に尾形乾山の陶器など一通り網羅してるのが細見美術館っぽかったです。

あちこちから若冲作品を集めた展示も豪華でいいですが、個人のコレクションから発展した美術館のような所のコレクションは趣味の合う合わないをちょっと感じつつもコンパクトにいいものが集まってるのが良かったです。

# by iwanagahime | 2018-02-17 23:18 | びじゅつ


生麩と白玉のクリームあんみつ


とあるスイーツ王子の連載に載っていた和風のカフェに行きまして。
雑誌に載っていたのは本店のようですが、新宿に行った時の目的地に近かったCOTO-COTO 茶寮 新宿ミロード店にも同じメニューがあるのでそちらへ。
生麩を使った甘味メニューも珍しいですが、お茶のメニューも色々と珍しいものがあり生姜ほうじ茶をセットで注文しました。
抹茶味のアイスや生クリーム、そして白玉と生麩がありポン菓子的お米のパフがアクセントになっています。
黒蜜を生麩にしっかりかけて食べると白玉とも餅とも違う歯ごたえが黒蜜の強い甘味とあっていて、全体ともまとまりが取れていて美味しかったです。
スイーツ王子は流石でした。
生姜ほうじ茶もまだまだ寒い時期に食べたクリームあんみつをフォローするかのようにじんわりと温まる感じで、普通のほうじ茶とも生姜湯とも違うほのかな味わいのお茶でした。

神楽坂茶寮

# by iwanagahime | 2018-02-10 21:52 | 食べ物関連


ボストン美術館の至宝展

神戸市立博物館のボストン美術館の至宝展に行きました、ちなみにこの展覧会が終わると神戸市立博物館はしばらく休館なのでそういう意味でも行っておきたい展覧会でした。
ボストン美術館の幅広い所蔵品から選りすぐりの80点が展示という事ですが、ジャンルも古代エジプト美術から現代アートまでと多彩でした。
古代エジプトでは高官の墓所にあったという偽扉が面白かったです、この世とあの世を繋ぐ扉で高官の肖像や供物の内容などが書いてあり、実際には扉としての機能はないので偽扉という名だとか。
他にも大粒にもほどがある果物型ビーズの首飾りなど、独特の雰囲気でした。
中国絵画は陳容という絵師の九龍図が大迫力ながら、若い龍に師匠っぽい年老いた龍(白髪みたいなのが生えている)がアドバイスをしている場面があったりどこか人間味があるのが面白かったです。
ここまでも展示品だけでなくコレクターについても焦点が当たっていあのですが、日本美術だとモース、フェノロサ、ビゲローといった日本美術コレクターとして有名だった人の名前が出てくるので聞いた事ある感が。
有名コレクターのコレクションだけあり、尾形光琳・乾山兄弟のコラボの角皿や仁清の鳥形香合、英一蝶の屏風と涅槃図、曾我蕭白の仙人の絵など目白押し。
英一蝶は屏風が市井の年中行事を描いたもので、生き生きとした町の人々の暮らしが見える絵なので、横の涅槃図のお釈迦様の周りで嘆き悲しむ人々や動物のリアクションがよくある涅槃図より激しいのがわかりやすかったです。
曾我蕭白は修行して山から出てきたお釈迦様の絵の前で浮かれてる八仙図とか、バトル漫画並みの迫力で風が巻き起こってる中にこっそりウサギがプリティな風仙図など実物じゃなくても面白いですが、実物なのでさらに迫力ありました。
他にも河鍋暁斎が持っていた酒井抱一の花魁図とか、喜多川歌麿の美人画など。
よく日本の絵が海外に流出している事を嘆く人もいますが、四条派合作の鹿の屏風がバラバラにならないように分担して買ったり、ポスターのように上演期間終了後は撤去される歌舞伎の絵看板が残っているのを見ると感謝しかありません。

フランス絵画はボストンのコレクターがミレーの農村風景や印象派の風景画などを好んだからか、やはり風景画が多く、モネの睡蓮やルーアン大聖堂があったのが嬉しかったですね。
静物画をコレクションしている人もいたそうで、セザンヌの果物など静物画といえば的なのもあれば人物画のイメージがあるルノワールの花の絵などちょっと意外なのもあったり。
ゴッホの数少ない仲が良かった人がモデルのルーラン夫妻は作成された時期が違うからか、ご夫婦なのにタッチが違いました。
アメリカ絵画はボストンの上流家庭の家族を描いた肖像画から、現代アートっぽいのまで。
サージェントのフィスク・ウォレン夫人と娘レイチェルが顔はリアルっぽいのにドレスは筆の跡が見える感じなのが、遠くから見ると逆にドレスの光沢がリアルに見えるのが面白かったです。

現代アートでは絵画だけでなく写真や映像作品もあり、現実味のない一瞬を切り取ったような写真だともう絵との境目がわからないようなのもあったり。
画家やジャンルがテーマの統一感のある展示もいいですが、こういう美術館の様々な展示から選りすぐって持ってくる感じのも面白いと思いました。

# by iwanagahime | 2018-02-03 23:28 | びじゅつ


坂東玉三郎 初春特別舞踊公演

松竹座の坂東玉三郎初春特別舞踊公演に行きました、玉三郎さんと壱太郎さんがメインで口上、元禄花見踊と秋の色種はお二人で、そして壱太郎さんの鷺娘と玉三郎さんの傾城で締めくくる形です。
鷺娘は特に最後に倒れて終わる玉三郎さんタイプの鷺娘なので、玉三郎さんのファンが集まる舞踊公演での挑戦はどちらのファンでもある私には注目ポイントでした。

口上ではいつものあんまり滑らかではない玉三郎さんとハキハキした壱太郎さんでしたが、玉三郎さんが壱太郎さんに何を踊りたいのか聞いたらなかなか答えてもらえず、ぎりぎりで鷺娘だと言われた話もあり、また上方歌舞伎の発展を願う壱太郎さんと玉三郎さんの上方の伝統芸能への暖かい言葉がありがたかったです。
元禄花見踊はとにかく華やかで、花見のにぎやかさの中で立役も女形も美しい姿で踊っている中に不動のセンターと次世代のホープ感のある玉三郎さんと壱太郎さんが際立っていて、それぞれ違う良さがありました。
一言にまとめると、浮遊感と躍動感みたいな。
玉三郎さんの紐を使った踊りがまた、身体の一部であるかのように自然に踊りの動きの延長上で紐がくるくる回ったりしているのが幻想的でした。
秋の色種はまた違った風情で、しっとりとした雰囲気からにじみ出る華がやはり元禄花見踊の春ではなく秋の空気で、琴の演奏もただ演奏するのでなく踊りの一部という感じでした。
元禄花見踊にも秋の色種にも共通して、玉三郎さんがシックな色合いの衣装で壱太郎さんが可愛らしい色使いの衣装なのが姉妹感があって、それぞれの美しさと可愛らしさを強調しているのが衣装も舞台の一部という事を感じました。
壱太郎さんの鷺娘は玉三郎さんの幻想と違って鷺に変じた娘に起きた一部始終を見せるようなリアリティーがあり、また違った魅力がありました。
玉三郎さんの傾城は舞踊でありながら吉原の廓の四季を感じ、また傾城が待っている相手の姿も見えるような、それでいてその傾城もある種の理想化された姿というか「夢のような世界」というありふれた言葉があり得ないほどの実感を持つような舞台でした。

# by iwanagahime | 2018-01-20 23:10 | 歌舞伎周辺


京都国立博物館新春特集展示いぬづくし

京都国立博物館は新春恒例の干支ですが、通常展示扱いなので600円でおつり来るのに価格です。
名品ギャラリーはいぬづくしだけでなく、各階で仏像や陶芸、絵画や遺跡からの出土品など様々な文化財が展示されています。
金剛寺の修理完了でお堂に戻った巨大な大日如来のいた部屋には、新しく五智如来像がありました。
また、陶芸の部屋にはさりげなく尾形乾山の色絵氷裂文角皿があり、通常展示でさらっと置いてあるあたり京都国立博物館の奥深さを感じました。
特集展示のいぬづくしも日本の絵だけでなく古代中国の犬を抱く婦人の俑があったり、色々な姿で親しまれて来た犬を見られました(でも十二類絵巻と涅槃図は毎年あるような)
御所文化の展示は衣装や装身具の実物だけでなく、天明の大火で御所が焼失した時にはたまたま蟄居していた公家が記録していた御所の内部の様子が役立ったり、頻繁にあるわけではない儀式は用意するものや采女の装束や人数などあれこれ記録に残していて受け継ぐ事の難しさを実感しました。
また、時代の変化に伴い皇族の衣装の変化もあり、伝えるというのはそのままの形に残すだけではないという事も考えさせられる展示でした。

# by iwanagahime | 2018-01-13 22:45 | びじゅつ


茂山狂言 新春川西公演

今年も茂山狂言の新春公演に行ってきました。
丸石やすしさんのトークは初心者向けながら初心者以外にも面白く、太郎冠者は太郎という名前ではなく一番目の家来というような意味で英語で言うとFirst serventという意味だと良い発音で説明していたり。
みつなかホールでは初めてと言っていた京極夏彦作の狐狗狸噺が見た記憶があったので、パンフレットの上演記録を見たら2012年にやってた件についてはまあまあ。
というのはさておき、めでたい福の神に狂言らしい素袍落に新作かつ犬の登場する狐狗狸噺と新春の幕開けにふさわしいラインナップで良い初笑いになりました。
福の神は狂言らしい大らかさですが、福の神のいう当たり前がなかなか通らない世界だとあんまり笑えないかもとか思ったり。
素襖落は特に七五三さんの酔っぱらい演技が舞台を見てる側には面白く、主目線では腹立つのが納得なバランスが絶妙でした。
この「他人から見たら面白いけど、実際に自分の家来だったり家族だったり部下だったりしたらむかつく」加減というのが太郎冠者らしさなのかも知れません。
狐狗狸噺はこのままさらっと古典に紛れて、いつかは本当に古典になるんだろうなあという感じになじんでましたし、実はさりげなく戌年にあわせてる?というやまいぬでした。

# by iwanagahime | 2018-01-06 23:24 | 見たもの周辺


からふねや珈琲店 三条本店

からふねや珈琲店はパフェが何種類もあるので有名だそうですが、三条本店は夜の遅めの時間でもやっているので終演後でもよれました。
パフェというとアイスなども入っていて、冬はちょっと……というイメージがありますが、このミニサイズの抹茶パフェは生クリームと抹茶味のケーキやゼリーが主でアイスは入っていなかったのでこれと暖かいコーヒーがあればあまり冷えずに甘いものを食べて休めました。

# by iwanagahime | 2017-12-16 23:46 | 食べ物関連


當る戌歳 吉例顔見世興行 夜の部

年中行事、という事で中村芝翫さんと息子さんたちの襲名披露公演の顔見世に行って来ました。
今年は南座でも歌舞練場でもなくロームシアター京都なので、向かいの京都市勧業会館でも歌舞伎に関する展示があったりといつもと違う場所ながら顔見世の空気を盛り上げていました。



一、良弁杉由来 二月堂
二月堂の場面なので基本的にお坊さんぞろぞろな感じです。
藤十郎さんの渚の方と鴈治郎さんの良弁というリアル親子配役なので、顔を見たらわかるんじゃないか疑惑が浮上しながらも幼い頃に鷲にさらわれた子を探し続けた母親と、大僧正になりながらも親孝行の出来ない身を嘆いていた良弁の身に着けていた観音像が決め手になるまでなかなか親子の名乗りを果たせないもどかしさと、再会してからも遠慮がちな母親とお釈迦様の逸話を引き合いに出してでも親孝行がしたい良弁の心のやり取りが奥深かったです。

二、俄獅子
時蔵さん孝太郎さん梅花さんの芸者と、橋之助・福之助・歌之助の三兄弟の鳶頭による粋な踊り。
お祭りっぽい雰囲気やアクロバティックな場面、屋号が書かれた傘がパッと開いたりと華やかで襲名ムードが盛り上がる舞台でした。

三、人情話文七元結
芝翫さんの長兵衛に扇雀さんのお兼の夫婦に壱太郎さんのお久という一家です。
長兵衛の第一声がすごく不機嫌に「今けえったよ」なので、長屋の近所の住民の気分というか「あー、また長兵衛さんばくちで負けて帰ってきたなー。こりゃ大変な事になるぞ」みたいな空気があります。
色々あって角海老に行くと魁春さんが女将さんで、厳しくも優しい雰囲気。
壱太郎さんのお久がものすごく健気な雰囲気なのもあって、あくまでも「この健気な子に免じて許すんですからね」という空気がびしびしと。
そんなこんなで50両を長兵衛に渡しながらもお久を店に出すのは待ってくれるわけですが、帰りに文七が身投げしようとするのを止めるために50両を渡してしまうわけですが、七之助さんの文七は本来は真面目な感じと放って置くとマジでヤバイ事になりそうな感じとか、おかしくも可哀想な感じでよかったです。
よく考えたら、最後にどうせ石ころだろうと「こんなもの!」と言いながら布越しに叩いてる間に本物の50両だと気付くあたり普段は信頼されていて叩いてる感触でわかるぐらいには扱いなれていますし、長兵衛が一回だけ聞かせた50両の経緯を記憶していてきちんとお久の所までたどり着いているし、文七ってかなり優秀なんでしょうね。
きっと健気なお久も報われるのでしょう。
一瞬しか出てこないのに男前の鳶頭の仁左衛門さん、と思ったらここで劇中口上なんですね。
昼の部では寿曽我対面でカッコいい衣装での口上だったようですが、演目が演目なので扇雀さんは「こんな汚い格好で」と笑いを取っていました。

四、大江山酒天童子
源頼光と酒天童子の話ですが、勘九郎さんの酒天童子が童子の名の通り子供のような雰囲気なのが余計に怖いです。
頼光が七之助さんで平井保昌が橋之助さん、助け出される娘達が壱太郎さんと福之助さん歌之助さん。
頼光と四天王が酒天童子にさらわれた娘達を最初は鬼が化けてるのでは?と疑うので、自分がさらわれる前はどういう状況でどういう身分だったかを踊って聞かせる場面が娘達の見せ場で、それぞれ身分や職業の違いが出ていて面白かったです。
酒天童子は鬼が飲むとパワーダウンして人間が飲むとパワーアップするという都合のいい酒で倒されるのですが、歌舞伎らしくビシッと決まっての幕切れで一年の締めくくりにふさわしかったです。

# by iwanagahime | 2017-12-09 21:57 | 歌舞伎周辺


竹本織太夫襲名お練り

豊竹咲甫太夫改め竹本織太夫襲名のお練りがあったので、ゴールの法善寺までは行けなかったのですがなんばグランド花月前の口上まで見てきました。
奥様(歌手の増田いずみさん)とお子さんもご一緒で、お練りに参加している他の技芸員さんも家族連れだったりアットホームな雰囲気。
国立文楽劇場をスタートしてミナミの商店街を周り、黒門市場でご挨拶があったり。
黒門市場では狭くて込んでいる市場だったのでちょっと大変そうでした。
なんばグランド花月の前で襲名披露口上はにぎやかな場所でしたが、流石の美声でよく聞こえました。
文楽劇場での口上は襲名する本人ではなく、周りが紹介するスタイルなので本人の口上はこのお練りのみ。
ミナミで生まれ育った咲甫太夫さんらしい、大阪と文楽に対する愛の溢れた口上でした。
国立文楽劇場が高津小学校が移転した跡地だったという縁で高津小学校ではこども文楽があるのですが、その児童の皆さんもお練りに参加し、三番叟の披露もあって暖かい雰囲気でした。
お練りについて歩いていると何か配っていたのでもらってみると"飴ちゃん"だったり、ワッハ上方支配人からの花束贈呈など大阪カラー強めでした。

国立文楽劇場での襲名披露の初春文楽公演(2018/1/3→2018/1/25)も楽しみです!

# by iwanagahime | 2017-12-02 23:30 | 見たもの周辺


国立文楽劇場・紅葉狩(幕見)


なかなか文楽に行けない状況だったのですが、時間が少しだけ出来たので国立文楽劇場に紅葉狩だけ幕見に行きました。

歌舞伎と違って一人で山に行く維茂と、姫の舞いでのアクロバティックな扇が人形だとさらに「おお!」という感じでした。
鬼になってからも煙が吹き出したり。

そういう派手な演出や華やかな舞台はもちろん良いのですが、琴の演奏や太夫さん達の語りなど短い幕に濃縮された華やかさがあって見応えありました。
# by iwanagahime | 2017-11-25 19:31 | 見たもの周辺

    

本サイト弓戸亜朗私邸では書ききれなかった小さい事を、主:亜朗(iwanagahime)がどこまでも核心に迫らないまま書くブログ、だいたいそんな感じで。
by iwanagahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
本サイト弓戸亜朗私邸はホームページ公開代行サービス終了のため閉鎖しています、一部コンテンツは後ほど公開します。
Instagram
Intagram|a_yumito
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
『わが心の歌舞伎座』
from みゆみゆの徒然日記
「スター・トレック」これ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
「ハロウィンのアイス」
from こんにちは!にゃんころ
週刊ぬこニュース
from あおぞらのーと。
『聖☆おにいさん(1)』
from みゆみゆの徒然日記
ふるあめりかに袖はぬらさじ
from ゆめ芝居 それがしの申します..
仏像の自動販売機?
from ひらりんげんぞう日記
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧